漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

無菌性の髄膜炎の漢方治療

うちに通ってくれている患者さんから連絡がありました。

同じ職場の人が、脳神経外科で無菌性の髄膜炎と診断されましたが、2週間以上、経っているのに全く熱も下がらないし、良くもならないと。

「先生は髄膜炎を治療できますか?」と聞かれたので、「自分が髄膜炎的な症状だった時に漢方薬で治しました」とお答えしました。

ちなみに僕の時は、担当医が「原因不明で治療方法もわからない」と言い切ったので、漢方薬に頼るしか道がありませんでした。

それでは早速ということで、相談していただきました。

患者さんは、普段、大病をしたことがなく、体格も良く、筋肉質の若い男性です。

最初は、『とにかく体がだるくなった』とのこと。

2日目には、肩こりと頭痛。

4日目に39℃近い高熱が出始めました。

体が不調になってから7日後に脳神経外科を受診。

診断は無菌性の髄膜炎。

処方された薬は、解熱鎮痛のためのカロナールと五苓散。

なぜ五苓散なのか、医者なので、当然、お得意の『体質分析オールスルーの漢方薬処方』だと思うのですが、髄膜炎だから、水の巡りを良くしたら、治るとでも思ったのでしょうか?

医者から、体質診断も説明もないので謎です。

そして、なぜか、漢方薬(五苓散)とカロナール同時服用!

この辺りの『漢方治療で絶対にやってはいけない同時服用』をなんなくやってのけるところが医者の頭のスゴイ!ところですね。

「漢方薬の意味ねー」という感じ。

3日間はおそらく、カロナールのおかげで熱は、4時間限定で37.2℃に下がり、カロナールの効果が切れたら、また高熱になるの繰り返していました。

発症から10日後、現状維持で良くならないので再度、病院を受診したら、ロキソニンが追加で処方されましが、ロキソニンを飲むと歯茎が腫れるので自己判断で中止。

発症から12日後、熱は39.5とちっとも良くならず

発症から15日後、医者からは『無菌性の髄膜炎だから、時間を待つしかない』とのこと。

つまり、表現がわかりにくいですが、医者は『私には治せません』の公式宣言!

ちなに僕の時は、最初から、専門的な質問を浴びせかけたので、最初から『私には治せません』と宣言してくださいました。

この時点で、うちに相談がありました。

髄膜炎の漢方的診断

うちでは急性だろうと、全身のチェックから始めます。

全身の状態を調べた結果、特徴的な症状は、

『頭痛。首の痛み。歯茎が腫れる。太ももの赤い湿疹。風邪は普段は滅多にかからない。便は出しづらい(今回の病気でな時でも2、3日に1回で出し辛い)。オシッコは回数も量も普通。』

以前に血液検査で、何かひっかかることがあるのかを聞いたところ、花粉症のためか、いつも好酸球がひっかかる。

僕が気になったのは、血縁に膠原病の人が何人かいるとのこと。

ちなみに医者に、このことを伝えた時、『男性は膠原病にはならないから関係ない』で終了。

これ、男性は膠原病にならないのではなく、なりにくく、逆になると、女性よりひどい経過を辿りやすいというのが、本来の答えです。

この話や好酸球のこと、全身の体の状態から、「肝臓の数値が、ひっかかったことがないか?」を尋ねましたが、「なかったと思う」とのこと。

これで僕の治療方針は決まりました。

肝の臓の疲労により、肝熱の証、肝熱からの上焦熱の証、水の巡りが悪く、余分な水がたまる水毒の証の3つの証で構成された体質です。

治療は2段階にわけました。

第一段階は、熱を下げて、水を排出させる。

第二段階は元の原因になっている肝熱の証の肝の臓の熱を鎮める。

どちらも4日ずつ。

漢方薬の治療結果

漢方薬を2回飲むと、それまでカロナールを飲んでも、解熱できて37.5℃だったのが、36.8℃と37℃を割るようになりました。

漢方薬は、『症状がなくなったかどうか』ではなく『治療の方向性がうまく進んでいるか?』をみるので、これは非常に良い兆候。

2日分飲んで、3日目は朝からカロナールも中止しましたが、熱は36.7℃など普段の平熱に近くなりました。

この時に、患者さんから、「肝臓の数値が悪くなかったか?と聞かれた時に特にないと答えましたが、次の日に血液検査の結果がわかり、肝臓関連数値のΓGTPやGPTなどは、高くて異常値だったようです。」とのこと。

僕的には、治療方針を考えた後でしてたが、狙い通りだったことが確認できました。

体調は2段階治療の最初の4日分で良くなりましたが、体の深い部分では、まだ完全に治りきっていない可能性があるので、肝臓の熱を鎮める漢方薬を飲みたいとのことなので、お渡ししました。

脳神経外科では8日間で解熱剤を渡して治せない宣言。

漢方では2日で熱が下がり、よくなりました。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
無菌性髄膜炎とは
◯今日の治療指針:医学書院
◯治療薬マニュアル:医学書院
◯各種薬の添付文書

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter