漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

漢方の先生紹介

漢方相談をしている国際中医師の松村です。

僕は漢方相談を仕事としていますが、東洋医学(漢方)を生涯の研究対象として捉えています。

漢方薬を処方するためには、病的体質である『証』を分析する必要がありますが、これが、非常に奥深く、おそらく一生かかっても解明できないものだと考え、日々、研究しています。

ちなみに証が分析できていないと、あなたに合った漢方薬は選べません。

仕事以外では、サーフィンやスノボに行ったり、ピアノやギターを弾いたり、ゲームをしたり、アニメや映画を見たり、料理、家庭菜園を楽しんでいます。(もちろん!漢方は日々、勉強していますよ)

いろいろな事をやっていますが、20年以上、漢方などのお店をして来られた先生方の前で漢方の講演の講師などもさせてもらっています。

医学は難しい分野ですから、医学の勉強にだけ時間を費やしているほうがエキスパートに感じるかもしれません。

しかし僕はそれは、ただの頭の固い、実力に欠けた口ばっかりの先生になってしまうと考えています。

病気の原因は、あなたの生活の中に潜んでいます。

食べ物、睡眠、仕事、人間関係、精神状態、運動、遊び、住んでいる環境など、いろいろなことが、今の病気をつくりだす要因になり、病気の原因が、どこに潜んでいるのか、単純にはわかりません。

体だけを見て、体の悪いところを探して漢方薬をお渡しすれば、『根本的に治る』なんて、甘い考えはもっていません。(それで治れば楽でいいのですが・・・)

実際は、あなたの生活や精神の中に存在している問題も解決しないと病気は再発したり、あなたに一生つきまといます。

だから、僕はいろいろな話をして、あなたと一緒にその問題を探します。

いろいろな趣味を持っているのは、1つには自分が人生を楽しみたいからということもありますが、もっと見聞を広げて医学だけでなく、『あなたと一緒に問題解決ができるヒントにできたら』という思いもあります。

医学だけに偏った人間に臨機応変な問題解決は無理ですから。

また、あなたの治療の最終的な目的は『病気を治して元気になって人生を楽しむこと』にしてもらいたいのです。

「病気を治すことだけ」を目的にすると、どうしても暗くなってしまいます。

治療一辺倒の生活をおくるばかりでは本当の問題や原因を見つけることができません。

漢方は一方的に薬を渡して「はい、治しました!」というものではないです。

一緒に考えていくことが病気を早く克服していくことにつながっています。

下記のリンクは、僕の漢方を始めたきっかけやなぜ僕は漢方なのか?をお話したものです。

僕の漢方の思いを理解してもらえるのではないかと思います。

ぜひ、続けて読まれてみてください。

また、僕は昔は西洋医学で理論的に考えていけば、病気は治せると考えていましたが、家族の実際の病気によって西洋医学は慢性病には全く通用しないことを思い知らされました。

西洋医学は所詮、『一時しのぎの対症療法』なのです。

その頃の漢方治療の実体験も書いておりますので、現在、病院の治療で不安や疑問を抱えている方は読まれてみてください。

国際中医師について
漢方と一口に言っても、治療の考え方の違いで、いろいろな流派があります。
大きく分けると「古方」「日本漢方」「中医学」と3つの治療流派があります。
『大人ニキビ』を漢方薬で完治させる。
アダルトにきびというか、アトピーというのか、当時つきあっていた彼女は、こめかみから下の顔のライン全てに、にきび、アトピーのような湿疹がたくさんありました。
『不妊症』漢方治療で子供を授かる。
はじめ、僕たち夫婦は自分達が不妊症とは考えもしませんでした。でも、まったく子どもを授かる気配がない・・・。そこから、漢方だけでなく、ありとあらゆることを考えて、実践し妊娠することができました。
『リウマチ』を漢方薬で完治させる。
母は若い頃から身体の調子がよくありませんでした。またある事故から右手に痛みが走り、動かせないようになりました。病院で調べてもらった結果、どうもリウマチ因子の反応が高い。関節性リウマチではないかと言う診断です。
修業時代は難病治療を担当
近くに腕のよい漢方家のお店があれば便利ですよね。しかし、どんな業界でもそうですが、本当にレベルの高い技術をもっている人がたまたま近くにいるとは限りません。
僕はなぜ漢方家になろうと思ったのか?
当時、西洋医学であれば理論的にじっくり考えれば、どんな病気だって治せるはず。そんな風に考えていた僕の考えは実際の家族の病気で脆くも崩れ去りました。
漢方で絶対に必要なこと
漢方治療で最も大事なことは「自分が治してあげる先生」というプライドをもたないこと。