漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

勘違いしていた癌(がん)の予防方法

以前は、癌は、発がん物質を避け、ちゃんとした食事をとって、適度に運動をして。と健康っぽい生活を送っていれば、予防できると思っていました。

逆に食生活が悪かったり、運動をしないなど不摂生を貯めに貯めた人が、50歳過ぎた頃に、不健康の貯金を降ろすように癌になるのだと考えていました。

ところが、嫁さんの病気で、この考えが一気に崩れました。

突然、正体不明のアトピーになる

今、うちの嫁さんは、ヒドいアトピー状態です。

ただ、アトピーといっても、医者が診断するような『湿疹があるからアトピー』というような手軽で適当な感じで診断されるようなアトピーではありません。

なぜなら、湿疹だけの問題ではなく、夕方になると足が異常にむくんで、湿疹から汁が出てくるのです。

汁が出てくるといっても、膿んでいるわけでもありません。

そして、この湿疹ができてからは、体力も半減といってもよいくらいになりました。

なぜ、この経験で、今までの癌に対する考えが変わったかと言いますと、嫁さんも、当然、それなりに健康的な生活をしてきたのです。

ところが、突然と言ってもいいような感じでヒドくなりました。

なので、不摂生でアトピーになったというものではないのです。

こんな状態になった原因は『老化と遺伝』です。

なぜなら、お母さんが自分の今の歳の頃に同じような状態になっていたからです。

人間50年というのは的を得ている

今まで、老化と遺伝というものは、あまり考えてきませんでした。

遺伝といえば、特別な病気。

老化も60歳位からジワジワ出てくるもの。位にしか考えていませんでした。

でも、漢方相談をしていて、気付いたことが、遺伝って何も特別な病気だけのことではないのです。

背が高い遺伝、背が低い遺伝。

お母さんに似ている顔。

運動神経の良いお父さんに似ている運動神経の良い息子。

外見は、遺伝するということは、みんな、よく理解していますが、実は、体内の機能も遺伝しています。

臓器や血の巡り方、神経など。

消化機能が、下手な親から生まれた子供も消化機能が下手だったり。

アレルギー反応のコントロールが下手な親から生まれた子供も、アレルギー反応のコントロールが下手だったり。

が似ているのと同じです。

西洋医学は『病気か、そうでないか』でしか、体を見ませんが、漢方は体質をみますので、体質を深くみていくと、決して、完全に健康な人はいません。

病気とは言わないが、子宮関連の血の巡らせ方がうまくない。

鼻が炎症しやすいなど、全身を細かくみていたら、何かしら弱点があります。

こういった体内の弱点は、若い時には気づきません。

それなりに元気にこなせるからです。

でも、40歳をすぎ、老化してくると、だんだんと遺伝の悪い部分が強くなり、体内がうまく働かなくなってきます。

癌の本当の原因は発癌物質ではない

老化、遺伝は、外見だけではありません。

体内もまた、衰えていきます。

『若い頃にできていた運動や動きができない』というのは、同時に、『体内の活動も何かできなくなっていっている』のです。

発癌物質だけが癌を作るわけではありません。

日々、体内では普通に癌ができています。

でも、免疫系がしっかりと働いて、癌を殲滅しています。

免疫は非常に複雑な働きを持っています。

外的にいえば、高度な運動の技をしないといけない。みたいな。

その免疫は歳をとってくると、コントロールが下手になってくるのです。

若い頃だったら、『なんなく癌とそうでない健康な細胞』を見分けて、癌細胞だけをやってつけていた免疫も、高度な技を発揮できなくなり、癌細胞が野放しになります。

癌を予防する方法

発癌物質は、癌細胞をより多く作り出すきっかけになりますが、『免疫』がしっかりとコントロールされていれば、問題はないのです。

しかし、免疫のコントロールが下手になってくるので、癌細胞が体中に広がっていくのです。

こういった話になると単純に「じゃあ、免疫を強化すればいい」という話になりますが、免疫は強い弱いではなく、バランスで成り立っています。

また、免疫は免疫細胞だけの問題ではなく、免疫が正しく働くためには、腸の環境や、免疫を運ぶ、血の巡りやリンパの巡り、自律神経も関わってきます。

腸の環境は、その前に消化をしてくれる胃の働きに関わり、血の巡りは、心臓や肺、女性なら月経に関わる子宮や卵巣も関係してきます。

精神的なストレスはステロイドとも関わり、それは免疫のシステムに関わります。

血の巡りやリンパの巡りは、体の水の巡りとも関わるので、腎臓も関わってきます。

つまり、免疫がしっかりと癌をやっつけるためには、『体内の全部の臓器とその連携』が関わってくるということです。

西洋医学の利点は、手術などで部分的に治したりできることですが、逆に欠点は一部分しか見ずに体内は臓器全体のバランスで健康を保っているということを考えないことです。

免疫は強化するのではなく、『うまく働けるようにしてあげる』ことが必要なのです。

そして、そのためには全身が関わっています。

癌を予防するために癌に効きそうだったり、免疫を強化するとか言ってるサプリや生薬を飲んでいたって無駄なんです。

癌がどうこうではなく、全身を老化と遺伝から守らないと意味がないのです。

だって、そのサプリが自分の本当の体の弱点を補うものかどうかはわかりませんよね。

『何かに効果があるもの』ではなく『全身の臓器などが、うまく連携してバランスを取れるように調整する』ことが本当に必要なことです。

『自分の体質の弱点』を知り、歳をとって衰え、手遅れになる前に、その弱点を補うように漢方薬などで全身を『調整』しておくこと。

それが本当の癌の予防方法なのだと気づきました。

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter