漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

サプリメントや漢方薬もどきのサプリメントを飲むのは無意味です。

漢方専門薬局の中には専門家のフリをしてサプリメントとか、生薬の寄せ集めた、ただのサプリメントを漢方薬だと偽って売っているところがあります。

漢方専門家として、難病治療もしている僕からすると、そんなサプリメント生薬の寄せ集めの漢方薬もどきも飲んでも無意味だと思います。

サプリメントは本当に体にいいの?

サプリメントが体に良いという証拠は、いろいろと体に良い成分をとることができることですね。

でも、これって根本的に間違っています。

確かに人によれば、食生活が乱れすぎて、普段から栄養が不足しすぎて、サプリメントででも摂った方がマシな人もいるかもしれません。

でも、アメリカの近年の研究では、例えば『人工的につくったビタミンは、所詮、人工のもの』で、自然のビタミンとは似て非なるものという研究結果も出てきています。

つまり、忙しいから、普通の食事から栄養をとれない人は、サプリメントで、いろいろな栄養素をとりたいところですが、人工ビタミンなんかとっても、「ビタミンを摂っていることにはならない」ということです。

要は、忙しくても、野菜などをちゃんと摂らないと、結局、ちゃんと食べてるフリしかできないのですね。

もっと問題なのは、サプリメントって、何かの体に良さそうな成分が、大量に含まれていることですよね。

でも残念ながら、人間の体は、バランスで成り立っています。

その証拠に砂糖や炭水化物だけを摂りすぎたら、糖尿病になるのです。

つまり、偏った栄養素は、病気になります。

偏っちゃいけない栄養素は、砂糖だけでしょうか?

違います!人間の体はどんな成分も基本的には偏っちゃいけないのです。

現に、食事はバリエーション豊かにいろいろと食べられるようになっていますよね。

サプリメントも砂糖と同じ、本当に今の自分の体に必要なものだったら、体に良いですが、その成分が自分に本当に必要かどうかは、実は飲んでいる人もわかってないですよね。

だいたい、その成分だけが、自分にとって、本当に不足しているのか調べようがないです。

なぜなら、体内の成分は無数にあり、成分が多いから効果があるのではなく、少ない成分のものと多い成分もの、いろいろな成分が組み合わさったり、減ったり、増えたりをリアルタイムで行なっているからです。

宣伝で「飲まないと病気になるかも」と脅されたり、宣伝で良さそうだと思い込まされただけで、自分にとって必要なのかどうかはわからないのです。

なんだったら、サプリを売っている先生や業者もわかっていません。

本当に必要か、どうかもわからずに飲んでいたら、それは、糖尿病の人の砂糖や炭水化物と同じなのです。

漢方薬もどきのサプリメント

生薬をいくつか組み合わせて、漢方薬だと偽って売っていることがよくあります。

漢方専門薬局でも、実は漢方の医学理論のことがわかっていなくて、そんなものを販売している先生もいます。

これは漢方ではありません!!

確かに漢方薬は、生薬が組み合わさって、作られていますが、この組み合わせは、何千年前からのレシピがあり、そのレシピは変わりありません。

漢方薬での重要なポイントは、昔からの漢方薬には、『どんな体質の人に使うべきかの厳格なルール』があることです。

ところが、勝手に自分たちで作った漢方薬もどきのサプリメントは、その東洋医学のルールがありません。

当たり前です。

だって、どこかの会社か、漢方薬局が勝手につくったものですから。

東洋医学的なルールなんて関係ないのです。

漢方治療で、最も重要なのは、自然の生薬を飲むことではなく、『自分の体質を分析して、体質に合わせて用意されている漢方薬を選ぶこと』が重要なのです。

でも、一般の人には、正規の漢方薬か、生薬を使った漢方薬もどきかを見分けられませんよね。

見分ける方法を書いておきます。

漢方薬もどきのサプリメントの見分け方

正規の漢方薬の名前は、〇〇湯とか〇〇散とか、〇〇丸となっています。

例えば、葛根湯とか、当帰芍薬散とか、桂枝茯苓丸ですね。

ただ、漢方薬もどきは、名前も誤魔化していることがあります。

そこでネットを使ってみましょう。

その商品の名前をいれれば、漢方薬なら、東洋医学的なルールの書かれたページが、かならずあります。

てっとり早いのは、ツムラのページで漢方薬として出てこないのであれば、どこかの会社や漢方薬局が勝手につくったものの可能性が高いです。

もう一つ特徴的なには、そういった漢方薬もどきは、効果の説明が、生薬1つ1つにどんな効果があるかを説明しています。

漢方薬は、生薬1つ1つの効果は、もちろんあるのですが、漢方薬の効果で書かれているのは、どんな体質の人が飲むべきかというものであって、最初に生薬ごとの効果の説明がある場合は、だいたい、漢方薬もどきだったりします。

漢方薬の治療目的

漢方薬は、かゆみや痛みを止める成分が入っているわけでもなく、生薬がバラバラに効果を発揮するものでもありません。

漢方薬の目的な、体内の機能のバランスをとることです。

体内に熱がこもりすぎていたら、熱を発散させ、気が停滞していたら、気を巡らせます。

人間の体は、確かに細かく見れば、何かの成分が足りなかったりして、機能が悪くなったりしますが、それには個人差があり、あなたの体のどの成分が、どれくらい足りないかは、医者にも薬の研究者にも誰にもわからないのです。

だったら、漢方の体質分析の法則にしたがって、体質を分析し、その体質のバランスを整える漢方薬を選べばいいのです。

自分の何が足りないのかもわからないのに、良さそうとうだけで体質と合ってもないサプリメントを飲み続けるのも無意味だし、東洋医学のルールから外れた、漢方薬もどきのサプリメントも医学根拠のない治療になりますので、これもサプリメントと同じで、無意味だと思います。

あなたの漢方薬は、もしかして漢方薬もどきではないですか?

★当店では、全身の状態をしっかりとみて、あなただけの体質を判断して、あなたに最適な漢方薬をお選びします。
大阪在住でない遠方の方でもネット漢方相談、電話漢方相談を行なっています。お店に来れない方もぜひ、ご相談ください。

●ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」からご相談ください。

●「お問い合わせ及びご来店、電話相談のご予約などはこちらまで。

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter