漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

お米はすばらしい健康食品

    食べ物の栄養は現在は栄養学というものを元に説明されています。

    いわゆる最大栄養素などです。
    タンパク質、炭水化物、脂質ですね。
    それにミネラルとビタミンを足したものが五大栄養素。

    ダイエットなどで気にされているカロリーなども栄養の考え方の一つですね。
    どんな食品がどれくらいのエネルギーをもっているか。

    ダイエットや糖尿病の人などが病院で食事指導を受けるときはこういった栄養学を元にメニューなどが考えられたりします。

    そこからいくと僕らが普段、食べているお米や小麦はどっちも同じ栄養素ということになりますね。

    ダイエットや糖尿病などで「炭水化物を控えましょう」となると、お米も小麦も同じ仲間なので控えないといけないみたいな感じになってしまいます。

    栄養学の炭水化物は太りやすい。という理論からすれば、炭水化物である米ばっかり食べてる日本人は肥満が多そうに思いますが、世界をグルーッと眺めてみると肥満の多い国はお米をたーーーくさん食べているアジアの人ではなさそうですね。

    ではどこでしょうか?
    そう、アメリカです。

    アメリカはダントツの肥満国。

    これは同じ炭水化物である小麦であるパンを食べているからでしょうか?
    それだったらヨーロッパの人々もヤバそうですね。

    アメリカは肉や油のものが多いから太るのでしょう。
    となると三大栄養素は全て太る原因なのか?となりますね。

    漢方では食べ物の栄養を三大栄養素とか五大栄養素とかにわけません。
    そんなざっくりとした分け方でもないし、ビタミンやミネラルがどれくらい入っているかといった分け方でもありません。

    食品1つ1つに身体に及ぼす作用がありそれを1つずつ説明しています。
    漢方には薬膳があるように食べ物に何の成分が含まれているかよりも漢方では食べ物もどんな効果があるのかを解明しています。

    お米は栄養学的な分析をしてみると主な成分はでんぷん、つまり炭水化物ですね。でんぷんがお米の中の主成分で多く、それが特徴的なのであれば、お米と小麦やジャガイモはどれを食べても同じものとも言えそうです。
    そんなわけないですが・・・。

    その他に亜鉛やマグネシウム、カルシウムやナイアシン、ビタミンB2やナイアシンを含んでいます。
    繊維なども含まれていますが、このあたりのビタミン、ミネラルはお米に限ったことではないのでどんな食品にも含まれていますね。

    さて漢方的にはお米はどんな効果があるのでしょう。

    漢方的には寒熱は平です。
    これは温めも冷やしもしないので、冷え性の人でも熱がこもっている人でもどちらのタイプの体質でも食べてもOKということです。

    昇降、収散、潤燥は特にありません。
    昇降は体内の要素をを体内で昇らせたり降ろしたりする効果があるか。
    収散は収で体内の要素を集めて留まらせたり逆に散で外側に発散、分散させたりする効果があるか。
    潤燥は身体を潤したり乾燥させたりする効果があるか。という作用です。

    お米が効く臓腑は脾胃といって消化器に効きます。

    五味という味の配当は甘いと苦いに分類されます。

    東洋医学的な効能は補中益気といって胃腸のエネルギーを高めます。
    健脾和胃といって消化機能を調整します。
    除煩渇といって喉の渇きなどを解消します。
    止痢といって下痢を止めます。

    ただしここでの効果は分類すればこういた効果があるというもので、漢方薬で考えられるような効果ではありません。

    漢方薬の治療などと一緒にこういった効果を考えて食すれば、助けになるといったものです。

    ここで1つおもりろいのは同じお米のなのにそのとぎ汁は性質が「寒性」つまり冷やす性質となることです。

    体内の余分な熱を抑え、利水といって水を巡らせて尿で出しやすくしたりするのですね。

    漢方の師匠が悪い酔いし、のぼせたものに居酒屋で米のとぎ汁とショウガの擦ったものをもらって、たちどころに治したのを今でもおぼえています。

    そういった風に漢方では炭水化物とかタンパク質とかそんなざっくりとしたもので、分けるのではなく1つ1つ細かくわけてみているのです。
    漢方は食べ物1つとっても深いですね〜

    ブログの著者 国際中医師 松村直哉

    ブログの著者 国際中医師 松村直哉

    著者の詳細情報はこちら

    FacebookTwitter