漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

調合された漢方薬と市販の漢方薬の違い

漢方薬は、一人一人の体質に合わせるので、いちから調合するものと思われていたりします。

そんな漢方薬のイメージから、病院などで処方されるようなパッケージの漢方薬は、『調合していないもの=体質に合わせていない既製品』みたいに思われていたりします。

うちにも、よく質問があり「いちから、私の体質に合わせて漢方薬を調合してくれるのですか?」と質問があります。

「いちから調合するのであれば、自分だけのオリジナルのものだから、すごく体質に合ってそう!」という感覚があるのだと思います。

言葉遊びみたいになってしまうかもしれませんが、これって、ちょっと誤解されています。

調合した漢方薬も既製品も一緒のもの

既製品の漢方薬は体質に合わせていないものではありません。

そして大半の漢方薬を処方している先生は一から調合することなんてあり得ません。

例えば、煎じ薬を処方する際は何種類かの生薬を組み合わせます。

これって、いかにも調合した感じですよね。

しかし、これは、既製品だと思われている漢方薬のレシピ通りに組み合わせているだけです。

オリジナルな調合っぽいですが、処方内容は、その先生のオリジナルでもなんでもありません。

医薬品の法律的にも基本的にも、煎じ薬であっても、ほぼ、既製品と同じように作らないといけないようになっています。

オリジナルな漢方薬とは?

この基本処方に、いつくかの生薬を加えたりすることを加減というのですが、これはその人の体質に合わせて調合していると言えるかもしれません。

しかしこれだって、8割から9割は既製品の基本の漢方薬がベースなのです。

基本の漢方薬と漢方薬を組み合わせる、合方という方法もあります。

これも調合的ですね。

これも全くのオリジナルではありません。

基本的な処方と基本的な処方を組み合わせるのですね。

つまり、ベースは基本的な漢方薬なんですね。

中国本土だと中医学といって日本とはちょっと違う漢方理論なので、ツワモノになると一から調合します。しかし日本でいちから作る人なんてまずいないです。

「な〜んだ、体質に合わせるといっても既製品なのか・・・」とちょっとガッカリしました?

規制の漢方薬だけで数百種類を越える

そんなことはないのですよ。
実は基本的処方の漢方薬の方が治療には断然いいのです。

むしろ、いちから調合してもらった漢方薬なんてリスクだらけです。

漢方薬は西洋医学と違って、効能効果が決まっていません。

同じ種類の漢方薬でも、合わせる体質によって効能効果が変わっちゃったりするのです。

例えば、風邪に使う葛根湯の風邪の時の作用と急性の下痢に使うとき、同じ葛根湯なのに、効果の考え方が違うのです。

これは西洋医学にはあり得えないルールです。

『基本的な処方の漢方薬は効果が決まっている』ということではないのですね。

基本的な処方の漢方薬といっても、さっきの合方などを含めれば500種類以上あります。

漢方薬は体質に合わせるものなので、体質=漢方薬ですから、500種類以上の体質のパターンに対応するようにできているということですね。

基本処方群だけでこれだけのパターンです。

それに漢方薬は1ヶ月飲んだら効果が現れるとは限りません。

漢方薬の効果が表れる日数は、人それぞれ。

ある漢方薬は4ヶ月飲まないといけないのかもしれないし、初めから体質に合っていなければ、何年飲んだって効かないのかもしれない。

となると、500種類を試していくだけで膨大な年数が必要ですね。

基本的な処方の漢方薬だけでも手に負えないくらいの種類があるのです。

オーダーメイドの漢方薬は危険!?

そして、ここからが肝心。

漢方治療は経験医学です。効能効果は決まっていないのです。

体質と漢方薬の組み合わせによって、効果が変わります。

また、ある漢方薬が体質と合っているかどうかは、飲み終わった後の体の変化で、はじめて確認できます。

漢方の世界では、「この効果のはずだから効くはずなのに・・・」は通用しません。

効果がなければ体質と合っていないのです。

体質と合っていなければ、違う種類の漢方薬に変更しないといけません。

まだ何百種類とありますから。

せっかく、オーダーメイドでいちから調合しても、効かなければ、あっさり、その漢方薬をやめて、次の漢方薬を検討する必要があります。

この時にどうやって体質と効果を考えてゆけばよいのでしょうか?

昔からある漢方薬は治療データが豊富。オリジナルに治療データはないに等しい

基本的な処方の漢方薬には2千年間の治療データがあるのです。

2千年間、いろいろな先生がうまく使って治したり、とんでもない副作用で逆に漢方薬で病気にしちゃったりしてきたのです。

うまくいかなくっても、その理由が、『うまくいかなかったなりのデータ』が、その2千年の治療データの中に眠っているのです。

僕ら漢方家はそんな2千年間のデータを掘り起し、漢方薬と体質をどんな風に合わせていけばよいのかを検討していくことができるのですね。

逆にいちから調合したものはそういった何千年の経験がありません。

たかだか、調合した先生の乏しい何年かの経験だけ。

本当によい処方なのかどうかも未知数。危険度も未知数。

だって、そんないちから調合された処方を何百年、何千年と検証してきたのが、基本的な処方の漢方薬なんですから。

全くオリジナルの創作料理だと、おいしくなるとは限りません。

でも昔から、レシピにある料理の味を研ぎ澄ませていくことの方が、うまくいくのです。

背景にある医療データが段違いです。

普通に考えれば、どっちを使う方がいいのか一目瞭然。

いちからの調合は僕も憧れますが、一方で、漢方の先生のただの奢りや傲慢さ自己満足なような気もします。

まずは何百種類ある漢方薬を本当に使いこなせるように研究することが必要です。

それを全部、体得してから、次の段階にいくべきです。

漢方の名医ほど、そうしています。

料理のできない人が、食べたことのない創作料理に手を出しても、マズイものしかできません。

あなたの体質に合わせて調合するオーダーメイドの薬

響はいいですが、漢方の勉強を放棄した先生の逃げでしかないし、患者さんも損しかありません。

なので、漢方薬は調合するというよりも、体質を分析し、その体質に合った漢方薬を探しだすという感じの方が治療効果は遥かに高いです。

★当店では、しっかり全身の状態をみて、あなただけの体質を判断して、最適な漢方薬をお選びします。
遠方の方でもネット漢方相談、電話漢方相談を行なっています。お店に来れない方もぜひ、ご相談ください。

●ご相談ご希望の方はこちらの 『漢方無料相談』 に現在の体の状態を入力し送信してください。

「お問い合わせ及び、ご来店、電話相談のご予約など」はこちら から送信してください。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ 図説東洋医学(基礎編):学研
◯ 図説東洋医学(湯液編Ⅰ):学研
◯ 図説東洋医学(湯液編Ⅱ):学研
◯ 漢方概論:創元社
◯ 漢方臨床ノート(論考編):創元社
◯ 漢方方意ノート:丸善
◯ やさしい中医学入門:東洋学術出版社
◯ 中医診断学ノート:東洋学術出版社
◯ 中医処方解説:神戸中医学研究会
◯ まんが漢方入門:医道の日本社

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter