漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

西洋医学と漢方(東洋医学)の違い

漢方薬は東洋医学で使用するお薬です。
当たり前の話しですが。

しかし、この当たり前のことが、わからずに漢方薬を使用している人もいます。

漢方(東洋医学)と西洋医学の違い。

これは大きな違いです。

ぶっちゃけ、ほとんどの病院は漢方薬を処方する際に西洋医学の考え方のままで処方する薬だけを病院の薬でなく漢方薬にしています。

こういった病院の漢方薬の処方の方法って、西洋医学も東洋医学も「医学」って、言葉が一緒だから、西洋医学の考え方で漢方薬を処方しても、「漢方薬を処方しても問題ないよね」って、適当な考えでやっているのでしょうか?

僕にはわかりません。

東洋医学と西洋医学は、別物の医学

東洋医学と西洋医学は全くの別物です。

東洋医学とは約2000年前に中国を中心に確立された医学です。

化学とは関係のない発達をした医学です。

東洋医学ができた頃、西洋医学は、この世には、まだ存在していません。

西洋医学の今の形って200年くらいだから、東洋医学ができてから1800年後にできた感じですね。

たまに、ここも勘違いしている先生がいます。

漢方は、古い医学だから、化学で分析しないと治療で通用しないと思っている先生がいます。

これって、西洋医学の奢り、傲慢、一人よがり全開の考え方です。

そもそも、その化学の力の治療で、手術などは年々、治癒率が高くなっていますが、アトピーなどの慢性病はぜーーーんぜんッ、昔から、変わらず、治せていないのです。

さっきの話しからいけば、漢方が古臭いも何も元々、発生した土地や歴史など何のつながりもないのです。

いわば、宗教はキリスト教が正しいから仏教は間違っているみたいに言ってるのと一緒。

どっちが正しいとかではなく、もともと別ものの治療方法なのです。

漢方薬は東洋医学の理屈で処方する

だから、漢方治療は西洋医学の理屈で診断したり、処方したりしません。

漢方薬は東洋医学の理論にのっとって処方されるのです。

これは2千年間、ほとんど変わっていないのです。

むしろ、東洋医学を勉強しないで、自分が知ってる西洋医学だけで漢方薬を処方しようってことが乱暴なんですね。

ちょっと話しが飛びましたが、漢方は自然治療という考え方が根底にあります。

西洋学のように無理矢理外部から強制的に薬で身体の働きを変えるのではなく、その人の体質のバランスをとることを治療としています。

だから、使うお薬も化学品ではなく自然のものですね。

漢方は漢方薬だけでなくお灸や針でも治療します。

またその人の体質に合わせた養生も治療です。

生活に根ざした自然療法ですから。

西洋医学は科学的な医学

西洋医学は、欧米で確立された科学的医学です。

元々のルーツを調べれば感染症やケガを治すことから始まっていると思われます。

だから、今でも抗菌剤や手術は西洋医学でも優れた治療方法ですね。

しかし、その性質を受け継いだ、内服薬のその場しのぎの対症療法は慢性病には、冷静にみたら、未だに全く太刀打ちできていないように思います。

一般的に医者は偉い先生なんだからちゃんと治療をやっているはずという根拠のない信頼があるので、病院では「西洋医学の考え方で漢方薬を処方する」というわけのわからない治療が横行していますが、本来、東洋医学と西洋医学は全く違うものなのです。

西洋医学は西洋医学の理屈で、東洋医学は東洋医学の理屈で治療しないといけません。

願わくば、医者もちゃんと東洋医学を勉強して、正しい方法で漢方薬を処方するようになれば、もっと治る人が増えるんじゃないかと思います。

★当店では、全身の状態をしっかりとみて、あなただけの体質を判断して、あなたに最適な漢方薬をお選びします。
大阪在住でない遠方の方でもネット漢方相談、電話漢方相談を行なっています。お店に来れない方もぜひ、ご相談ください。

●ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」からご相談ください。

●「お問い合わせ及びご来店、電話相談のご予約などはこちらまで。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ 漢方の歴史:大修館書店
◯ 図説東洋医学:学研
◯ 中国医学の秘密:講談社
◯ 陰陽五行説:薬業時報社
◯ まんが漢方入門:医道の日本社

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter