漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

漢方の名医は古い書物から新しい知恵を得る

漢方治療は現在もなお、2千年前の理屈を守って治療します。

西洋医学は年々、新しい薬や治療方法が研究されて進歩していますが、漢方は、未来のまだ見ぬ研究というよりは、より古典を深く深く研究するといった感じです。

西洋医学とは逆ですね。

漢方をよくわかっていない医者や研究者の中には、漢方を非科学的で古臭いと医学という人もいますが、その科学の結晶を集めた西洋医学が結局、その場しのぎの対症療法しかなく、慢性病に対しては、その場の症状をただ、しのいでいるだけというお粗末な状況です。

漢方の治療理論は2千年前から変わらない

漢方は2千年前からの古典の考えが続いて、今に至ります。

その時代、その時代で新たに書き加えられたりしていますが、診断方法や漢方薬自体は2千年間、ほとんど変わっていません。

2千年前の古典でほぼ完成されていたのですね。

なぜ、2千年前の治療法が現在でも通用するかというと、人間の身体の構造や営みは変わっていませんので2千年前だからって古くはないのですね。

むしろ、漢方を勉強し始めたらわかるのですが、原典に近いものほど、『真理じゃないか』と思うような、的を射たことが書いてあります。

漢方は、今も治療方法が研究中

昔からある古い医学だからって西洋医学のように研究されないわけじゃありません。

むしろ、常に研究を積み重ねないといけない医学とも言えます。

漢方の場合は、その時々の人それぞれの体質に合わせますので、昔の本にいろいろな治った人の例がのっているからといって、その通りにしても治せません。

病院のマニュアル処方で治らないのは、人それぞれの体質が関係しているのですね。

病院の薬の場合は、〇〇病という、ざっくりとした病名グループにわけて薬を処方します。

どの病気にどんな薬を処方するのか?

その薬は、どんな効果があるのか?

これらは医者が決めることではなく、製薬会社が薬をつくるさいに設定します。

だから、医者によって薬の使い方が変わることはありません。

ある意味、製薬会社の言う通りに使わないといけないのが病院の薬です。

漢方薬には製薬会社はない

しかし、漢方薬は違います。

漢方薬は製薬会社が効果を設定するわけではなく、漢方薬のレシピは、2千年前からあるものです。

ツムラやクラシエなど、いろいろな漢方の製薬会社が漢方薬を販売していますが、漢方薬のレシピは、どこも同じで、2千年前から変わりありません。

漢方医が自分で、患者さんの体質を考えて、それに合うと思われる漢方薬を自分で考えるのです。

古典にはいろいろな治った例はあっても「この通りにしなさい」なんて病院の薬のような製薬会社が設定するようなマニュアルはありません。

漢方の古典には治療の考え方の一端が書いてあるだけです。

僕たちは、それを参考にするだけで、その通りに従って、漢方薬を選ぼうとするのは、漢方的にはマヌケな先生になってしまいます。

漢方は2千年の歴史がありますので、いろいろな古典や書物がありますが、それらは全て、自分的な治療方法を考えるために参考にするだけです。

最近は漢方の医学理論を理解せずに漢方薬を処方する先生が増えたので「この病気にはこの漢方薬」というようなマニュアル本が売られるようになりましたが、そんなのは実践の治療書ではなく、漢方の勉強のお試しみたいなものですね。

漢方の名医は古い書物をたくさん読んで、それをマニュアルとして使うのではなく、自分の治療スタイルをつくるための肥やしにするのです。

漢方では化学的研究は無意味ですが、古典を更に研究していくことは、未来の治療の役に立ちます。

まさに温故知新ですね。

僕も全国とはいいませんが、関西の漢方の名医くらいにはなりたいものです。

★当店では、全身の状態や症状をしっかりとみて、あなただけの体質を判断して、あなたに最適な漢方薬をお選びします。
大阪在住でない遠方の方でもネット漢方相談、電話漢方相談を行なっています。お店に来れない方もぜひ、ご相談ください。

●ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」からご相談ください。

●「お問い合わせ及びご来店、電話相談のご予約などはこちらまで。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ 漢方の歴史:大修館書店
◯ 図説東洋医学:学研
◯ 中国医学の秘密:講談社
◯ 陰陽五行説:薬業時報社
◯ まんが漢方入門:医道の日本社

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter