漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

いちご(苺)の漢方的効能効果

タイトルに苺(いちご)の効能効果と書きましたが、ひと昔前のテレビに良くあるような「苺にはビタミンCが多くて…」などの体に良さそうな成分の話ではありません。

漢方医学的には『中の成分が体に良いのかどうか』では考えません。

漢方では漢方独特の食べ物の効能効果の考え方があります。

食べ物の漢方的効果ってどういうこと?

漢方では、その食べ物は「体を冷やす性質なのか?」「体を温める性質なのか?」「血や水や気を下げる性質なのか?」と体にどんな影響があるのか?を考えます。

「◯◯の効果がある」というような、どんな人の体質にも良い効果というのもは漢方にはありません。

例えば、その食べ物が「寒」という性質を持っているなら、体が冷えやすい『寒証』の人にとっては、冷えている体にさらに食べ物の冷やす効果で冷やすので、当然、食べ過ぎると体調は悪くなります。

食べ物が「寒」の食性の場合は、体に余分な熱を持っている『熱証』の人は、いちごが体を冷やしてくれるので、こういった体質の人にとっては薬になります。

自分の今の体質食べ物の食性によって、『毒にも薬』にもなるということです。

それでは、漢方的な効果を説明します。

いちごの漢方的効果

いちごの持っている性質(効果)です。

【寒熱】
寒熱というのは、体を温めるか、冷やすかという働きですが、いちごは『寒』の性質ですので、寒証とよばれる体が冷えやすい体質の人は、食べ過ぎると毒になります。

体に余分な熱がこもりやすい『熱証』の人は、いちごが体を冷やしてくれるので、薬になります。

【昇降】
昇降とは、「気」や「血」、「水」、「熱」などを体の上へと昇らせるのか、降ろすのかといった性質です。

いちごは、『降』といって、気や血、水、熱を下げる性質があります。

「気」が下半身に落ちて、体調がおかしくなる『気陥の証』という体質の人や、水が下半身にたまる『下焦の水滞の証』の人にとっては、毒になります。

逆に気や熱が、肩から上に上がってしまっている『気の上衝』『上衝の熱証』の体質の人は、良い薬となります。

【潤燥】
体を潤すか、乾燥させるかといった性質のことです。

潤すというと、女性などは「肌が潤う」と思うかもしれないですが、肌だけに対する効果ではないので、例えば、花粉症だと、より水鼻がひどくなります。

いちごは『潤』といって、皮膚や体内の水を補充してくれます。

水の巡りが滞る、『水滞証』の人は潤の効果によって、より水がたまることになり、水の巡りも悪くなります。

体がカサカサで乾燥する『燥』の人は潤され、水が補充されるので良い薬となります。

【臓腑】
臓腑とは、内臓のどこに効くのか?といったもので、いちごは、『肺』『胃』『肝』の臓器に働きかけます。

【五味】
「味がどんなものか?」です。

いちごは『甘、酸』です。

おいしいか、まずいかといった話ではなく、甘い味は、気や筋肉を緩める効果があります。

酸は、『肝の臓』に良い薬となります。

特に周りの気が強くなる春の肝の臓の助けになります。

【毒性】
毒性があるかどうかです。

例えば、にんにくは『小毒』というカテゴリーになります。

ちなみに漢方的には、『自分の体質と合っていない毒性(冷え性の人に冷やす食べ物など)』『食べ物自体が最初から持っている毒性』2つの毒性を考える必要があります。

いちごの漢方的な応用効果

食性が効果となりますが、その食べ物独自の応用的な効果もあります。

  • 喉の渇きなどを潤す

『生津止渇』という効果があります。

  • 肝の臓にこもった余分な熱をとる

『清肝熱除煩』という効果があります。

  • 余分な水をオシッコとして出す

『利尿』の効果があります。

西洋医学的な成分の効果

いちごにはビタミンCが多く含まれ、血管と粘膜を丈夫にしたりします。

そのほか、カリウムが多く含まれ、余分な塩分を出して、血圧を下げます。

葉酸が含まれ、血を作り出すことに関わります。

これらの効果は。良い効果というよりは、体の活動に必要な成分で、「摂ればいい」というものではなく、他の成分とのバランスをとりながら働くものなので、本来は、不足してもよくないし、多すぎてもダメです。

漢方では「食べ物の効果」と「漢方薬の効果」は同じ

いちごの食性からいくと、風邪で熱っぽく喉が痛いときは、いちごは冷やす性質で余分な熱を鎮めますので、役立ちます。

この時に下痢になっていると、いちごは、水を溜める性質もあるので、食べたほうがよいのかを考える必要があります。

実は『漢方薬の効果』は、食べ物とがありません。

基本的な効能効果の考え方は、同じです。

ちなみに薬膳は、『生薬を使っていたら薬膳っぽいっ!』というようなものではなく、季節と、その人の今の体質分析して、『食べ物の性質と体質が合う食材を選んで料理したもの』のことを言います。

漢方薬は、何種類かの生薬(例えば葛根湯なら7種類の生薬)でつくられていますが、その生薬の1つ1つには、今回のいちごのように【寒熱】【昇降】【収散】【潤燥】【臓腑】
【五味】【毒性】とうい性質(効果)に加えて【気・血・水】に働きかける性質(効果)があります。

それに加えて【応用効果】があります。

生薬1つで9つの性質(効果)があり、葛根湯なら、生薬が8種類、組み合わさるので、いろいろな性質(効果)が72種類あることになりますので、漢方薬は食べ物と同じ効果の考え方ではありますが、より複雑になります。

そして、その72種類が、組み合わさって、病気になっている体質調整します。

72人の個性を持った選手(生薬の効果)がいて、それぞれのポジションの役割(生薬と生薬の組み合わせ)があって、チーム全体の特色(漢方薬)があるといった感じですね。

ですので、まともに漢方のことを勉強していれば、『アトピーに十味敗毒湯』とか、『月経痛に当帰芍薬散』なんて体質を分析しないマニュアル的に選ぶ方法なんて、漢方の医学理論的にありえないわけです。

それが、「いちご」からでもわかります。

→ご相談ご希望の方はこちらの 『漢方無料相談』 に現在の体の状態を入力し送信してください。

→「お問い合わせ」はこちら まで。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯平成薬証論:メディカルユーコン
◯東方栄養新書:メディカルユーコン
◯漢薬の臨床応用:神戸中医学研究会
◯中医処方解説:神戸中医学研究会
◯漢方方意辞典:緑書房

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter