漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

漢方ではイライラは、治せる症状です

理由もなくイライラする。

男性では、そう感じる人は、少ないかもしれません。

通常は、イライラさせられたり、腹が立ったりする「何か」があって、イライラします。

ところが、特に何も理由がないのに、イライラすることがあります。

これは、女性に特に多いです。

どんな時に起こりやすいかというと、月経と連動して起こりやすいのです。

漢方では精神(ストレス)と内臓が関係している

西洋医学では、精神(ストレス)やイライラは、全部、脳の問題だと考えます。

確かに、体の内部のしくみから考えれば、間違っていないのですが、一方で、西洋医学の世界でも心臓移植した人が、性格が、まるっきり変わってしまい、以前の心臓の持ち主の性格に変わっているのではないかという説もあったりします。

漢方では、内臓と精神が結びついていると考えています。

これは、「解剖学的にどうなのか?」という方向から考えているわけではないので、漢方では、当たっているとか間違っているという問題ではなく、体の内部ではなく、感情と体の反応を観察し続けてきたら、どうも、内臓と感情が結びついているという結論になったようです。

内臓とストレスのつながり

この考え方というのは、非常に便利で、内臓の不調から、感情的にどんな風な影響が出てくるのかがわかるし、逆にストレスから、どこの感情が問題なのかがわかります。

漢方は、西洋医学とは違うので、内臓も西洋医学と同じようには考えません。

漢方では、五臓六腑という臓器が体の中にあると考えます。

(ちなみに腑は内臓が主人で腑は、それに隷属するもののように考えますので、例えば、肝臓は胆嚢という腑とセットで考えます)

人間の体のそれぞれの臓器と精神の関係は以下の通りです。

【肝臓】 怒り、焦り、イライラの感情と結びついています。気と熱が滞りやすくなります。

【心臓】 嬉しい、喜びの感情と関係しています。気の状態が緩みすぎると心臓によくありません。

【脾の臓】 脾の臓というのは、漢方では、胃や小腸を含めた臓器のことです。広い意味では、膵臓なども含まれます。

悩み事がぐるぐる回るような憂慮する精神状態と関係します。

クヨクヨ悩みやすい人が、胃潰瘍になりやすかったりしますね。

【肺】 悲しみ、慟哭などの感情と関係します。

いきなり、あまりにショックなことで絶望的な気分だったり、悲観的な感情に満たされると肺がやられます。

大きなストレスが、かかると過呼吸になることがあるは、肺とストレスが、結びついていたりします。

【腎の臓】 驚きや恐怖などの感情と関係します。何かにビクビクしている感じですね。

イライラが関係している内臓

イライラが関係しているのは、肝臓です。

肝の臓は、漢方では血の蔵といって、全身で血が必要な場所に配ってくれるコントロールセンターのような役割があります。

女性の場合は、男性よりも肝の臓が、よく働きます。

なぜなら、血の巡りのコントロールは、毎月の生理(月経)とか変わるからです。

肝の臓は、もともと、常に血が集まってこないといけない臓器ですが、月経とホルモンの関係で、余計に働かないといけないので、調子が狂いやすくなり、肝の臓の調子が狂うと、特に理由もなくイライラ感が出てきたりするのですね。

更年期になると腎の臓も関係する

そして、今度は、閉経になると肝の臓だけの問題ではなく、腎の臓も関係してきます。

腎の臓は、心臓を動かすこととも関係し、年齢が高くなってくると、誰でも衰えてくる臓器です。

腎臓は、血圧や睡眠などとも関係し、自律神経系との関連が深いので、イライラとともに不眠などの症状もでてきたりします。

漢方治療では、ストレスと体の状態を結びつけて体質を分析し、体も心も治します。

イライラとその他の症状である不眠や胃の不調など、全身の状態をみながら、例えば、肝臓を中心に熱をとる治療を行ったり、肝臓と腎臓の両方の治療を行ったりします。

ちなみに「漢方薬の効果にイライラという症状が書いてある」なんて選び方はしません。

漢方では、全身の状態から、どの臓器とイライラが関係しているのかを分析し、それを調整できる漢方薬を選びます。

体の分析、診断ありきなのです。

内臓の状態がよくなってくると、体と心はつながっているので、体の調子がよくなってくるとともにイライラも治ってくるのですね。

★当店では、全身の状態をしっかりとみて、あなただけの体質を判断して、あなたに最適な漢方薬をお選びします。
大阪在住でない遠方の方でもネット漢方相談、電話漢方相談を行なっています。お店に来れない方もぜひ、ご相談ください。

●ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」からご相談ください。

●「お問い合わせ及びご来店、電話相談のご予約などはこちらまで。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ 図説東洋医学(基礎編):学研
◯ 漢方概論:創元社
◯ 漢方臨床ノート(論考編):創元社
◯ やさしい中医学入門:東洋学術出版社
◯ 中医診断学ノート:東洋学術出版社
◯ 中医処方解説:神戸中医学研究会
◯ まんが漢方入門:医道の日本社

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter