漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

発癌物質よりも便利で手軽で安い食べ物が癌を引き起こす

世の中、すごく便利になりました。

僕は、パソコンオタクなので、iPhone、iPadには、これでもかと便利アプリを入れていて、有能な秘書顔負けの仕事をアプリにさせています。

ただ、便利にはなったのですが、この便利が害になっているものもあります。

それは食べ物です。

コンビニやチェーン店の外食は便利だけど…

通常、便利なものは、単純に便利で役に立つものです。

しかし、食べ物の場合は、トレードオフの関係になります。

単純に便利だけではないのです。

例えば、添加物満載のコンビニのおにぎりやお菓子、外食のチェーン店の食べ物。

料理の手間がなく、片付ける必要もありません。

忙しい方にとったら、とても便利ですが、食べ物の場合は、便利と引き換えに自分の健康を支払っています。

わかりやすくいえば、便利な食べ物を利用するほど、癌(がん)などの病気に近づいているということです。

こういう話をすると、添加物などは、ちゃんと試験されていて「健康被害がない」なんて話が出てきますが、あれって、見る方向性を変えれば、商品業界の騙しなんですよ。

そもそも食べ物に添加物は必要ない

添加物が体に良いか、悪いか、以前に、「そもそも」を考えてみましょう。

昔は、食べ物に添加物なんて混入させていませんでした。

では、なぜ、添加物が混ぜられるようになったのか?

答えはハッキリしています。

流通の問題です。つまり、経営、お金儲けが食べ物に添加物を入れる目的です。

食べ物は基本、すぐに腐ります。

すぐに腐ってしまうので、食べ物を何日もお店に陳列しておくわけにはいきません。

スーパーでも外食チェーンでも経営のポイントとなるのは、食べ物の在庫。

仕入れたものが、その日で、キレイに売れるわけがないので、在庫の食べ物が、どんどん、腐っていくと、お店はすぐに潰れてしまうのです。

でも、いつまで経っても腐らない食べ物なら、経営は安定します。

コンビニなんて最たるものですよね。

普通の食べものの感覚から考えたら、腐らない異常な食べ物を扱っている、いわば薬品づけの食べ物屋みたいなものです。

そして外食チェーンは、冷凍食品のお店ですね。

冷凍食品をレンジで戻したり、油で揚げたりしたものを、ちょっと、こマシな皿に盛ってるだけです。

外食チェーン店で、並んでいる人を見ると、なんで、休みに日に、わざわざ待ってまで、冷凍食品をありがたがって食べているのか、不思議に思います。

どうせ、冷凍食品を食べるなら、スーパーで買えば、パスタなんて、150円くらいで売ってますよ。

話が、逸れましたが、要は、添加物は体的に必要かどうかというと、全く必要ないわけです。

体に必要ないものを食べても良いとごまかしているだけ

なのに、添加物は、体に悪くないデータがあるとか、必死で添加物擁護している人をみると、おかしく思います。

論議のポイントが、添加物ありきで「添加物が、体に良いかどうか」のみの論議になっちゃっているのですよね。

そんな問題ではなく、そもそも、食べものに添加物は必要ないのですよ。食べ物の会社のお金儲けしたおことと、料理が手間だと考える人の利益がたまたま一致しているだけで、健康とは無関係。良いか悪いかでいえば、絶対に体に良くないのですよ。

さて、添加物という薬品を混ぜてまで、食べ物を提供する会社が、食材にこだわりを持つでしょうか?

外食チェーンは、冷凍食品を戻しているだけですが、個人のお店のように良い食材にこだわっているでしょうか?

こだわっているわけないですよね。

そもそも、おいしいかどうかよりも、腐らないかどうかを一番に考えているわけですから。

ですので、自ずと、コンビニや外食チェーンの食材が元々、新鮮で良いものを選んでいないことお察しがつきます。

つまり、コンビニや外食チェーンの食べ物は添加物だけでなく、栄養価の少ない古い食べものなんですよ。

安くて、古い食べ物を冷凍したり、添加物をぶち込んだりして、死んだ食べ物を扱っているのです。

要するに、「買いやすい」「安い」食べ物は、食べものランクでいえば、下の下です。

癌を食事で克服した人の本を読んでいると、みんな、同じようなことが書いてあります。

『人間の体は食べ物によって病気になり、食べ物によって癒される』

要するに薬品で持たせているような栄養スッカスカのコンビニや外食チェーンの下の下の食べ物では、病気になって当たり前だし、癌になった時も最後に助けてくれるのは、薬やサプリメントではなく、『新鮮で生きている食べ物』なのです。

「忙しいから、しょうがない」という意見もあるかもしれないですが、忙しいことと、食べものを疎かにする問題は別問題です。

添加物自体が、どうのこうのではなく、経営のために添加物を使わないといけない流通経路やら、売り方が問題で、食べ物をただのモノか、ゴミ扱いしている、その考え方がダメなのです。

それが便利だと思うのはいいのですが、便利の代わりに健康を犠牲にしていることを忘れてはいけません。

良い食べ物を使った料理をさぼったら、キッチリと何かの病気で代償は支払わなければいけません。

食べ物においては、便利は、得ではなく、でしかありません。

●ご相談ご希望の方は、こちらの「漢方無料相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter