漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

たくさんの漢方薬を一度に飲むと効果がなくなるの?

無駄の多い病院の処方箋薬

漢方薬は体質にピッタリと合わせないと効果がありません。

これを自分の都合の良い方に解釈して、症状に漢方薬を合わせる人がいますが、これは漢方のルールから外れていますので、漢方薬が効果を発揮してくれるかどうか、運次第。

西洋医学は、よく余分なお薬を処方しています。

体質どころか、症状に対しても過剰な位、薬を処方します。

僕が昔、胃痛で悩んでいた時も病院でみてもらった後、3種類の薬の処方箋が出ていました。

1つは胃散で痛みを生じている人に使う胃散を抑える薬。

もう一つは胃散の分泌を促進する消化不良なんかに使う薬。後、1つは忘れましたが、なんか胃のトラブルでよく出すやつだったと思います。(おぼえてません)

どれも毎食後に一度に飲む事になっていたので「胃散を抑えるのか?胃散を止めるのか?どっちなんだよ!」って一人でツッコんでました。

この時に不思議だったのは胃痛の悩みで病院に行って、胃カメラを飲んだのですが、胃はめっちゃキレイで特に問題なかったことでした。

医者に聞いたら「特に問題ない」です。とのこと。

「いや、問題あるからココに来てるんですが・・・」って本末転倒な話になってました。

そして、とどめが「問題ない」って言ったクセに胃散を分泌する薬と胃散を抑える薬と後、なんかの薬。

「問題あるのか? ないのか? どっちなんだーーーーー」と思いました。

「原因わからんけど、全部出しときゃいいや。どれか効くでしょ!」って感じでしょうか。

薬の作用機序を考えると、治りそうになかったので、結局、薬局に薬を貰いにいくのはやめました。

風邪で薬を出しまくり!

この手のことは病院はよくやってるように思います。

例えば、風邪なんかだと薬の好きな病院なんかは、特に症状を訴えてなくても、去痰剤とか、咳止めなんかを処方しています。

抗菌剤なんか、2種類位、一度に出しているところなんかもあります。

医者に直接、聞いたわけじゃないからわかりませんが、薬は「大は小を兼ねる」と思っている節があるように思います。

薬がないよりは、たくさんの薬が、いろいろとあったほうが、治してくれると思うのでしょうか?

困った事に、これを漢方薬でやっちゃう人がいます。

漢方薬は体質に合わせないといけないと言われていますが、それを簡単に例えると鍵と鍵穴みたいなものです。

鍵穴が体質。病気を体内にためています。

それを鍵(漢方薬)で開けてあげると病気が出ていくみたいなイメージです。

ひとり、ひとりの鍵穴(体質)は違います。

それに鍵だったら、なんでも適当に使えば開くということはありません。

それこそ、その鍵穴にピッタリと合ったものでないとダメです。

漢方治療の大原則はニュートラル

漢方では身体を治してくための大原則があります。

それは先程の鍵(漢方薬)と鍵穴(あなたん体質)を合わせるのと同じで、治療の原則は人間の身体を真ん中のニュートラルの位置にもってくることです。

元気にする漢方薬は気や血を補い、ドンドン身体を元気にしてくれます。

でも、元気になった状態で同じ漢方薬を飲み続けたら、ドンドンと元気に・・・なりません!

体力を補い強くするものは、熱性のものが多いので、今度は身体が余分な熱を持ちはじめ、熱による病気になってしまいます。

だから、良いものだからといってたくさんの種類を飲む事も意味がありません。

その人の丁度があるのです。

漢方では、いろいろな病気や症状があるからといって、漢方薬の種類が増えていくわけではありません。

また逆もしかりで、たくさんの種類を飲んだからといって治りやすくなるわけじゃないのですね。

それどころか、かえって悪くなることもあります。

漢方薬では大は小を兼ねないのです。

とことん、その人に最適な1つを選ぶ必要があります。

全ての症状を分析して1つの体質にしぼり、それに見合う1つの漢方薬を考える。

1種類の漢方薬でダメそうでも1つの最適な漢方薬を考え抜く

それでも、2つや3つの体質が重なり合っていることがあります。

漢方薬は1つの漢方薬に1つの体質条件が設定されていますので、2つ、3つの体質が重なっているということは2つ、3つの漢方薬が必要だということです。

でも、この場合も簡単に複数の漢方薬での対応を考えてはいけません。

1つの漢方薬でも症状や病態など、その漢方薬が合う体質の設定条件がありますので、「漢方薬を複数にしてしまう」ということは、漢方薬の種類を増やすほど、ややこしくなるということです。

なぜ、ややこしくなるかというと、漢方は飲んだ後の結果を観察して「効いていたか、効いていないか」がわかるからです。

たくさんの種類の漢方薬になると、それぞれ違う効果をもたらすはずですから、どれがどう効いたかわからなくなるのです。

だから、基本は、あなたに合った、たった1つの漢方薬を考え抜かないといけなのですね。

漢方では大は小を兼ねません。

なんとなく、効果がいろいろあるほうが効くんじゃないかって感覚は処方する側が安心できるだけで、現実は、漢方薬の種類が、増えれば増えるほど、ややこしくなる可能性が上がります。

最初から、いろいろな種類の漢方薬を飲まれている人は、

『本当に1つの体質と漢方薬を考え抜いた結果、複数の漢方薬にせざる得なかったのか?』

『西洋薬のノリでたくさんの効果があったほうがいいんじゃない!って考えてのことなのか?』

担当の先生に聞いてみてください。

★当店では、全身の状態をしっかりとみて、あなただけの体質を判断して、あなたに最適な漢方薬をお選びします。
遠方の方の遠隔治療や相談も行なっています。お店に来れない方もぜひ、ご相談ください。

→ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」からご相談ください。

→「お問い合わせ及びご来店、電話相談のご予約などはこちらまで。

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

病院の検査で何も原因がわからなかった胃痛
原因不明の胃痛に悩まされ、心配になって消化器内科で胃カメラ検査やエコー検査などを受けたりしました。その結果、わかったことは…
病院は胃痛、胃もたれを深刻な症状だと考えていない
西洋医学では胃痛や胃もたれ、胸焼けなどを軽い症状だとみますが、漢方では胃の症状は体質全体から見たときにとても、重要な症状だと考えます。