漢方薬相談ブログ

漢方の診断、治療方法、効果

漢方の診断、治療、治療の考え方などに関連した記事をまとめたカテゴリーです。

漢方は漢方薬を使用するだけの治療ではありません。西洋医学とは全く違う治療方法です。
こちらのページでは漢方の治療に必要な知識、考え方に関連する記事を紹介しています。

漢方薬と体質が合っているかどうかってどういうこと?
2021-07-16漢方薬で病気を治すためには、とにかく体質と漢方薬が合っていないと話になりませんが、体質と漢方薬があっているかどうかって、具体的にどうやって確認すればいいのでしょうか?
漢方治療で最も難しいのは悪くなっていることが実は良い兆候の時
2021-06-04漢方薬に対する最も大きな誤解が、「特定の症状を治してくれる」というもの。漢方薬は症状を治すのではなく根本的な原因を治すから症状がなくなるのです。
漢方の専門家に聞いた漢方薬を自分で買って飲んでも 無意味な理由
2021-04-21漢方薬は東洋医学に基づいて体質診断、処方されるもので、症状を抑えたりするものではありません。症状を抑えるわけではないので、専門家のフォローがないと治療が進んでいることすら確認できないこともあります。
漢方薬が効かないタイプと効くタイプ
2021-04-09漢方薬は何かの成分が症状を抑えたりするわけじゃなく、効かせるためにはいろいろな条件が必要です。その条件から外れると漢方薬はちっとも効かなかったりするのですね。
だから治らない!漢方薬の効果に対するとんでもない誤解
2021-03-27漢方薬の効能効果をネットで調べても無意味な理由を解説します。
「痛み」はみんなが一緒のレベルではない(漢方薬を選ぶ方法)
2021-02-24
病院の漢方薬の選び方はどう間違っているのか(例:大建中湯)
2021-01-28病院の漢方薬は選び方が間違いだらけ!大建中湯の処方の方法をみれば医者がいかに勘違いした間違った方法で漢方薬を選んでいるかがわかります。
複数の種類の漢方薬を飲む場合の注意点。複数の種類の漢方薬を飲む場合の注意点。それって効果がなくなるかも!?
2021-01-141種類の漢方薬には8種類ほど(多いと20種類)の生薬が含まれますので、基本的に漢方薬は症状に合わせるのではなく、全身を分析して1種類の漢方薬に絞り込んで選びます。
以前に効かなかった漢方薬でも再び飲んで良くなる理由
2020-08-21以前に飲んだ漢方薬が効かなかったとしても、今、再度、飲んでみるとその効かなかった同じ漢方薬で治ることがあります。なぜ、そんなことが起こるのか?それは漢方薬独特の理屈があります。
漢方薬が効いているかどうかの確認は素人の方(医者含む)にはできない理由
2020-08-12「漢方薬の飲んだけれど効果がよくわからない」それ、漢方薬が効いてないのではなく効果の確認方法がおかしいのかもしれません。漢方薬は効いているかの確認が特殊なんです。