漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

ピル(ヤーズ)などのホルモン治療はかえって生理がおかしくなったりする

ヤーズなどのピルは生理痛を止めるためや月経日のコントロールのためにと安易に使っていたら体は、とんでもないダメージを受けることがあります。

最近、病院は生理痛にも簡単にピルを処方するようです。

実際、ピルを飲むと初期は生理痛などがなくなって楽になったりします。

そうなると「やっぱり効くんだ」と思うからもしれないですが、早い人で生理2周期目か3周期目辺りから生理周期自体が、おかしくなったり、生理の時の血の量がおかしくなったりと徐々にほころびが出てきます。

月経困難症、PMSによく処方されるのがヤーズというホルモン剤です。

詳しい作用のメカニズムはネットを調べれば出てくるので、ポイントだけを説明すると、生理周期は約28日間あり、期間の半分ずつで2つのステージがあります。

前半が低温期で後半が高温期です。

低温期にはエストロゲンというホルモンが中心になって働き、高温期にはプロゲステロンというホルモンが中心になって働いています。

ヤーズなどのピルは、この2つのホルモンが人工的に一緒になっている薬です。

エストロゲンとプロゲステロンの合わさったホルモン剤が体内に入ると『卵包が成熟したと脳を勘違いさせる』ことができます。

つまり実際の生理周期がどこであろうと卵巣や子宮を騙すわけです。

実際は卵包が成熟していなくても「卵包が成熟した」と脳が勘違いするので、脳は卵包を成熟させようとしたり、子宮内膜を厚くしようとしたりといった通常だったら必要なことをやめてしまいます。

すでに月経リズムで必要な作業は終了したようなになり、本来の生理をなかったことにするのですね。

西洋医学が考える生理痛の要因は子宮内膜が剥がれる時や剥がすために子宮が収縮する時に起こることや子宮周辺の血の巡りが悪くなることなので、通常の生理の活動がなければ、血も少なく子宮収縮も抑えられるので、痛みはありません。

一見、めでたし、めだたしです。

ヤーズなどピルの問題 その1

ヤーズなどピルを使って生理痛やPMSを抑える方法には2つの大きな問題があります。

1つは脳を騙して通常の生理を無くしたことにしているにも関わらず、病院では、まるで『本当の原因を解決したかのように説明している』ということ。

生理は健全な妊娠の準備のためにあるリズムです。

たまに心がブっ壊れている医者が「現在、妊娠が関係なかったら、通常の月経を止めたり狂ったりしても問題ない」と言いますが、生理は妊娠するためだけにあるのではありません。

月経リズムやホルモンバランスは女性の健康を保つことそのものに大いに関係しています。

西洋医学は不妊治療でもそうですが月経に関わる病気や症状は全部、脳内のホルモンを騙せばよくなると勘違いしてますが、月経リズムというのは、脳とホルモンの関係だけで行われているのではありません。

生理で子宮にためるための血は食べたもので作られ、食べたものを効率よく血に変えるためには胃腸機能が良い状態なのかどうかが重要です。

つくられた血は子宮に運ぶ必要があり、新たな血を運ぶには使われた血が心臓に戻ってこないといけませんが、この時の血の巡りに下半身の筋肉や運動性なども関わってきます。

新たな血は子宮だけに向かうわけではないので、全身で使われる血のバランスも重要です。

下腹部の血の巡りだけでなく、体のどこかの部分で血が使われすぎたりすると全身での血の巡りの偏りが生まれ、子宮に流れる血の巡りも偏りが生まれます。

安定した月経リズムをつくるための女性ホルモンの原料も食べ物から得る栄養素が必要でホルモンの合成は肝臓の能力も関わってきます。

そして安定した月経リズムには脳の視床下部が関わっていて、視床下部と自律神経は互いに影響しやすく、ストレスや睡眠リズム、食事の時間なども関わってきます。

病院が行なっている治療は数々の月経困難症の原因のうちの1つである視床下部を騙すという部分だけです。

ヤーズなどピルの問題 その2

2つめの問題はヤーズなどピルの作用自体に関わってきます。

外部からヤーズなどの人工ホルモンを体に入れて、人工のホルモン剤で無理やり、通常ならないようなホルモンバランスやリズムに変えた時に元のあなたの自然のホルモンリズムはどうなっているのでしょうか?

月経リズムというのは正にリズムで成り立っています。

エストロゲンのホルモン量がどうとか、プロゲステロンのホルモン量がどうとかではなく、いろいろなホルモンとのバランスが良いかどうかです。

なんとなくホルモン量が少ないと痛みが出てきて、ホルモン量が多くなると活性化して痛みがなくなるなんて、ホルモンはそんな雑な構造ではありません。

ホルモンはフィードバック機構といって、多くなったら減らし、少なくなったら増やすという機能が常に働くようになっています。

ホルモン量が多くなれば良いのではなく『あなたにとって丁度良い量』が良い状態なのです。

外部から薬(ホルモン剤)とう形でホルモン量が増えたりすると体内の天然のホルモンは必然的にサボることになります。

つまり、常に外部からホルモン剤のホルモンが入ってくる状態が当たり前になると体は本来の自然のリズムがわからなくなります。

人間の健康は月経リズムに限らず正にリズムによって成り立っています。

食べる時間や寝る時間、食べる時間も寝る時間も毎日、バラバラにされたら寝つけなくなったり、胃もたれしたり、便に行く時間がつかめなくなったり、徐々に体は本来の自然なリズムを忘れておかしくなっていきます。

ホルモン剤はヤーズに限らず、治療経験上、3周期くらいから月経周期や状態を狂わせてきます。

リズムを乱されても、その影であなた自身の生理周期はなんとか平常を保とうとしていますが、3周期も異常なリズム(人工ホルモン)が重なると我慢の限界がきて、いろいろ壊れ始め、それまでなかった新たな症状が現れ始めます。

ヤーズで体を騙すのではなく本当の原因を考えよう

生理痛を止める1つの目的のために『自分自身の月経がおかしくなるかもしれない。妊娠できないかもしれない』という2つのリスクを背負います。

こういうと医者は「他のホルモン剤を組み合わせて前のような月経周期は取り戻せますよ」と言いますが、薬(ホルモン剤)を飲んで通常のような月経リズムを作るということは。

嘘(ホルモン剤がつくる月経周期)から、さらに嘘(ホルモン剤)を重ねて、どんどん嘘でつくられた体になっていきます。

嘘でなんとか保っている体なので、当然、嘘(薬)をやめたら、とんでもないことになります。

本来の原因を考えてみましょう。

生理の周期や痛みなど、いろいろな症状が出てくるのはホルモン分泌の視床下部だけがおかしくなったからではありません。

また視床下部のホルモン分泌が遺伝的だったり機能的におかしくなったわけではありません。

睡眠や食事のリズム、食べ物の内容、運動、ストレスなどいろいろなことが重なって消化機能、血の量と質、巡り、筋肉、肝臓などの機能が悪くなり互いの機能の歯車が合わなくなって月経周期がおかしくなったり、痛みが強かったりします。

本当の原因は人それぞれで、本来はたくさんある人それぞれの原因を時間をかけて分析する必要があります。

漢方治療で体質を診る場合は、全身の症状だけでなく生活や精神状態なども全部含めてみます。

でないと体内の調整をするあなたに合った漢方薬を選べないからです。

病院の治療はピルに限らず、例えば床がホコリや食べかすだらけ、カビだらけになっている床を「キレイにしたい」と相談したら、ぶわっと床の上にキレイなフローリングマットで覆うようなものです。

そのフローリングマットもやがて汚れてくるとさらに新しいフローリングマットで覆います。

そのうちに見えなくなった元の床にあった食べかすは腐り、カビはどんどん広がっていきます。

本来の問題を解決しようと思ったら「なぜ掃除できないのか?」「忙しいからなのか?」「掃除の道具がないのか?」など、その人の問題を洗い出し、実行可能な方法をその人と一緒に考えていくしかありまん。

漢方は根本的な原因の調整を目指す

漢方治療では、体内の問題は漢方薬が調整してくれます。

しかし医者はその漢方も西洋医学の病名マニュアルで処方し体質やその人の生活環境やリズムを考えないで体質を知るための問診をしないで当帰芍薬散とか加味逍遙散をベルトコンベア的に処方します。

本来、漢方薬の処方と両輪であるはずの『その人の体質に合わせた生活養生』のアドバイスもしません。

なぜなら体質自体が分析できないからです。

どこまでいっても手軽に適当にしか対応しないのですね。

病院の薬やホルモン剤は効果があります。
効果はあるのですが、根本の考え方が本来の原因から逃げいて薬で体を騙すということに終始しています。

手術も原因に対する治療にならないこともあります。
命に影響があれば、根本治療自体を諦めて手術もやむ得ないですが、患者さんの体質など全部を調べて治療した上での手術でなければ、根本治療にならないかもしれません。

根本治療とは、その人の体質に合わせて元の何も問題のなかった状態に戻すことなのです。

効果ばかりでなくホルモン剤にはリスクもありますので、飲まないといけいない場合はリスクと効果を天秤にかけた必要性と、どこまで続けるか、期間を考えてみてください。

→ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」に現在の体の状態を入力し送信してください。

→お問い合わせこちらこちらまで。

【引用先及び参考図書、Webサイト】
◯ツムラ医療用漢方製剤 マニュアル
ヤーズ配合錠に関する資料

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

ホルモン剤は体に良くないのか?(その理由)
女性ホルモンはホルモン剤で足せばバランスが整うわけではありません。ホルモンは絶妙なバランスの世界で成り立っているので、ホルモンの関連する婦人科系の病気を治すのは、「ホルモンのバランスを整えること」が治療になります。
卵巣嚢腫・チョコレート嚢胞を治す方法(病院の実際の検査・診察・治療)
卵巣嚢腫やチョコレート嚢胞の西洋医学的な理論上の説明を交えながら、病院での実際の検査や医者の診察、診断、治療の説明をしています。病院の治療を考えている方や、現在、治療している方は確認や参考にしてみてください。