漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

漢方薬治療の本当の効果や目的(うちの患者さんは知っている)

僕とうちの家族は、常に漢方薬を飲んでいて、よく自分や自分の家族の漢方治療のことを書いています。

常に漢方薬を飲んでいるので、ひょっとすると、病弱なんじゃないかと思われているかもしれないですが、特に何かの病気はないし、どちらかというと、サーフィンに行ったり、スケートしたり、月水金は、バーベルを上げてたりと体育会系的に元気です!

そもそも、一般的に漢方は誤解されていると思います。

漢方薬は『病気になったから飲む』と思われているのではないでしょうか?

漢方の医学理論を全く理解できていない医者が、まるで漢方のことをわかっているかのように漢方薬を処方しているので、多分、おかしな漢方の非常識が、常識になってしまっているのではないかと思います。

漢方の世界では病気という考えがあいまい

漢方と西洋医学の病名、病気は、何の関係もありません。

西洋医学の世界では、「健康か?」「 病気か?」の2つに1つに分けようとしますが、漢方の世界では、「健康か?」「 病気か?」という2つに1つではありません。

逆に、漢方では、体の状態が、全部完璧な健康な人なんて存在しないのです。

そんな人は、いても25歳位までじゃないでしょうか。

漢方がみているのは、病的な体質です。

病的な体質というのは、何かの病気になる手前などではなく、日々の中でも常に不調が起こっているという考え方です。

病気になるというのは、壊れてしまっているかもしれない状態なので、漢方では、壊れる前に治すのです。

例えば、鼻水が止まらないと鼻炎という症候病名にして、病院では、一時的に鼻の炎症を止めて、症状をなかったように誤魔化しますが、漢方では、「鼻水が異常に出てしまう」、という異常自体に対して、体全体の状態を分析します。

たとえ、「鼻水」という症状でも、体のシステムのどこかがおかしい!と考えて、メンテナンスするのですね。

そもそも、病院で病気を診断されるというのは、実は体内機能が壊れてしまって手遅れに近い状態で、それまでに、体は細かな症状で、いろいろと知らせてくれているのですが、感覚が鈍い人は、体の部品が壊れるまで、わからないのです。

体が壊れるまえに治す漢方薬

病院で治療するというのは、壊れたか壊れかけた状態薬で誤魔化し続けているということをしているだけです。

漢方の古典では、このことをすでに3千年前に書いてあり、『喉が乾いてから井戸を掘ったり、戦いが始まってから兵器を製造するようなもので、遅きにすぎる』と書かれています。

ちなみに、この時代、すでに悪くなったことが発覚してから治す医者を『一番、位の低い下医』とよんでいました。

『症状が出てから、症状を止める』まさに今の医者のやっていることですね。

もう一つ、すごいのは、この時代にすでに『病ありて治さざれば、中医を得』と「病気になって医者にかからなければ、それだけで中レベルの医者にかかったものと同じ効果がある」という皮肉があったのです。

いつの時代も病気になってからしか治せない程度の低い医者がいたのですね。

病院の治療では、根本的に治ることがありません。

アトピーとか、糖尿病なんて、典型的な、ごまかし治療ですよね。

体質を常に良い状態にしておく漢方薬

うちで漢方薬を続けてくれている患者さんは、このことを知っているのか、病院で病気だといわれなくとも、日々の自分の体の様子に耳を傾けて、僕に報告してくれます。

うちでは、病院みたいに、すでに起こってしまった、症状を後追いで止めようとするような下品な治療はしません。

報告してもらった症状から、体のシステムがどうなっているのかを推測して、正しくシステム運行がされるような効果のある漢方薬を選びます。

それが、漢方薬と体質を合わせるということですね。

うちの患者さんたちは、医者よりも一歩先を行って、体が壊れないように日々、メンテナンスしているのです。

病気にならないようにというよりも、ある程度の年になってくれば、体のあちこちが悪くなってくるので、『壊れて取り返しがつかなくなる前に細かく治している』といった感じです。

人間の体だって、物理的消耗品なのです。

体のあちこちに問題が起こり、それが、多くなると、そんな簡単に修理はきかないのです。

なんとなくの疲れはいろいろな問題が関わっている

それに、日々の疲れは、実は、体のあちこちの小さな問題で起こっています。

ロボットじゃないんだから、栄養ドリンクを飲めば、元気!なんてわけがありません。

あれは、エネルギーの原料で活性化させているだけで、いわば、元気と寿命の前借りなんです。

本来は、あちこちの小さな問題を調整すれば、すごく元気になるのです。

車で言えば、全部のネジを締め直すとか、タイヤの空気をちゃんと入れ直すとか、部品全部に油を差し直すみたいな。

ハイオクいれて、ガンガン、アクセル踏めば、元気に走ります!は、やっぱり、品がない元気のなり方ですね。

漢方上級者の目指すところは若返り

なので、漢方薬を飲み始めるきっかけは、病気の治療かもしれないですが、上級者になってくると、『生まれつきの弱点や日々の生活疲れや老化で悪くなってくる体を漢方薬で若返らせる』という目的で飲み続けることも可能です。

うちの患者さんは、すでに、そのステージで飲まれている上級者が多いです。

ちなみに実際に漢方治療の目的は、少しファンタジックに聞こえますが、不老不死の仙人を目指すことです。

最初、「嘘くさ!」と思っていましたが、自分が漢方薬を飲み続けて、いろいろな患者さんを治していると、本当に目的が不老不死の仙人なんだと思うようになりました。

実際に僕は現在、20年前よりも体調がいいことを体感しています。

(心臓はどんどん衰える消耗品なので、体力はなくなりましたが)

漢方薬がなければ、こんなにいろいろと活動できてないんじゃないかと思っています。

ただし、ここで話しているのは、体質を分析して、漢方薬を選んだ場合です。

病院のようなマニュアルで選んだ漢方薬だと無意味どころか、かえって悪くなることもありますよ。

★当店では、全身の状態をしっかりとみて、あなただけの体質を判断して、あなたに最適な漢方薬をお選びします。
遠方の方でもネット漢方相談、電話漢方相談を行なっています。お店に来れない方もぜひ、ご相談ください。

●ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」からご相談ください。

●「お問い合わせ及びご来店、電話相談のご予約などはこちらまで。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ 漢方の歴史:大修館書店
◯ 図説東洋医学:学研
◯ 中国医学の秘密:講談社
◯ 陰陽五行説:薬業時報社
◯ まんが漢方入門:医道の日本社

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter