漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

更年期障害の本当の原因ってなんだろう?

うちの患者さんから『更年期障害』って何なのか?という質問がありました。

一般的には更年期障害とは、45歳〜55歳の間で、女性ホルモンの1つであるエストロゲンが急激に減ることによって、ホットフラッシュ(のぼせ、冷えのぼせ)寝汗不眠症頭痛めまい微熱が続くなど、人によっていろいろな症状が現れている状態のことを指します。

もっとも、多いのはホットフラッシュ!

ひどい人になると入院しなといけないほどの精神疾患も併発したりします。

最終的に閉経は女性であれば、誰にでも訪れますが、不思議なのは『症状が全くない人もいる』ということです。

閉経するということは、エストロゲンなどのホルモンも女性であれば誰でも最終的にはなくなるとういことですよね。

でも、ホットフラッシュだけの人症状がない人、これらの差って何でしょうか?

病院のエストロゲン補充療法は的外れ?

日本の医者は自分自身で考えずにマニュアル鵜呑みタイプが多いので、45歳〜55歳で、ホットフラッシュや異常な汗などがあると、即!『更年期障害→エストロゲンの減少→ホルモン補充』みたいなマニュアル頼みの簡単で短絡的な診断と治療が大好きですが、世界中の医師から参考にされている医学書を読んで見ると以下の文があります

メルクマニュアル「閉経」より引用:
気分の変動、抑うつ、易怒性(いらだち)、不安、神経質、睡眠障害(不眠など)、集中力低下、頭痛、疲労などがあります。多くの女性が閉経期にこういった症状を経験し、閉経が原因と考えています。しかし、閉経とこれらの症状との関連を支持する科学的根拠は様々です。これらの症状に、閉経とともに起きるエストロゲン濃度の低下との直接的な関連は認められません。

世界中で読まれている医学書では、『エストロゲンの減少といろいろ発生している症状に関係はみられない』と言っています。

そのあとに、『他の多くの要因(加齢そのものや病気など)も症状の原因になることがあります。』と締めくくっています。

実際にエストロゲンの補充療法をしたところで、何も良くならない人も結構います。

また、病院で補充される人工ホルモンであるエストロゲンやエストロゲンの自然バージョンとされているイソフラボンを摂ることによって、『子宮ガン』などになる方もいらっしゃいます。

よく考えてみたら、エストロゲンが減っていくのは、自然の成り行き

急激に減るとは言っても、個人差があり、誰がどれくらいの量、減れば、どんな症状が出てくるのかわかっていません。

個人差があるため、検査したところで、実際の減り具合なんて、誰にもわかりません。

何よりも的外れなのは、減り具合には個人差があり、個人の減っている量と症状の関係性がわかっていないにも関わらず、治療は一律、一緒です。

しかもエストロゲンなどのホルモンは、『多けりゃいい!』というものではありません。

エストロゲンなどは多すぎたら、乳ガン子宮ガンにもなりかねないのです。

更年期障害の本当の原因

確かにエストロゲンやプロゲステロンという月経に関わる女性ホルモンが減っていくことが、ホットフラッシュなどの引き金にはなっていますが、メルクマニュアルにも書いてある通り、他の人によって違ってきます。

なんでもかんでも、どんな症状もエストロゲンの減少が原因ではありません。

エストロゲン、えらい濡れ衣です。

では、更年期障害の正体って何でしょうか?

僕自身の経験からすると、多分、この時期って老化が強く始まる時期なのですよ。

僕自身も43歳までは、「体力が減ってきているよな〜」なんてことは感じていましたが、体自体の不調は、それほど、ありませんでした。

でも、44歳辺りから、明らかに体のあちこちにガタがきてると実感するようになりました。

幸若の舞で「人間50年」とうたわれていますが、東洋医学の知識を通して、自分の体をみたり、患者さんの治療をしてきて、物質的な肉体の寿命は50年なんじゃないかと強く感じるようになりました。

なので、エストロゲンやプロゲステロンが減少するというもの『老化』ですが、ホルモンの減少によって、他の老化による損傷が、より強く現れる時期と重なることが更年期障害の正体なのではないかと考えています。

更年期障害の漢方治療の方法

マニュアル大好き!な医者や不勉強な漢方薬局の先生などが、よく勘違いしていることがありますが、漢方薬で更年期障害を治す場合、ホルモン補充という謎効果を期待して、当帰芍薬散温経湯を処方したり、うつっぽさがあるから加味逍遥散を処方したり、のぼせがあるからと五積散を処方しますが、漢方薬はホルモンを補充するものではないし、病名に合わせて選ぶものでもないし、ましてや症状を抑えるものでもありません。

更年期障害や閉経の正体は『ホルモンの減少をきっかけとした本格的な老化のはじまり』だと思うので、当然、全身の状態や体質をみて、体全体を整え、老化に抗うことのできる漢方薬を選ばなければいけません。

エストロゲンなどに惑わされずに『真の原因に対して、その原因を調整できる漢方薬』が唯一、治療となるのですね。

なので、更年期障害に効く漢方薬なんてものはありませんが、『あなたの体質に効く漢方薬』はきっとあります。

●更年期障害、PMS(月経前症候群)などで、お悩みの方は、こちらの「漢方無料相談」から送信してください。

●お問い合わせは、こちらから送信してください。

●店頭相談のご予約は、こちらから、ご予約ください。(店頭も初回の相談は無料です)

【引用先及び参考図書・Webサイト】
閉経 メルクマニュアル(家庭版)閉経 メルクマニュアル(プロフェッショナル版)
ホルモン補充療法ガイドライン
日本産婦人科学会
◯ 今日の治療指針:医学書院
◯ 治療薬マニュアル:医学書院
◯ 今日の治療指針:医学書院
◯ 治療薬マニュアル:医学書院
◯ツムラ医療用漢方製剤マニュアル
◯オースギ医療用漢方製剤マニュアル
◯漢方方意辞典:緑書房
◯漢方診療医典:南山堂
◯漢薬の臨床応用:神戸中医学研究会
◯中医処方解説::神戸中医学研究会
◯平成薬証論:メディカルユーコン

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

更年期障害を漢方薬で治す方法
更年期障害を漢方薬で治療する場合、「女性ホルモン値を検査して、柴胡桂枝乾姜湯を処方する」なんて、意味不明なことはしません。更年期障害の場合は、特に月経があった頃の状態を調べて、全身の状態を分析して漢方薬を選びます。
ホルモン剤は本当に体に良くないのか?(その理由)
女性ホルモンはホルモン剤で足せばバランスが整うわけではありません。ホルモンは絶妙なバランスの世界で成り立っているので、ホルモンの関連する婦人科系の病気を治すのは、「ホルモンのバランスを整えること」が治療になります。