漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

病院の薬と漢方薬を併用すると効果はなくなるのか?

病院で漢方薬を処方されると、病院のお薬である薬も漏れなくついてくると思います。

あれってアリなんでしょうか?

大半の医者は漢方医学自体をわかっていないので、マニュアルで漢方薬を処方しています。

おそらく『漢方薬が西洋医学の薬の補助ででも、働いてくれたらラッキーッ!』くらいの感じで処方しているように思います。

実際に西洋医学的に問診や検査をしても『漢方薬を処方するための問診をとらないこと』がその証拠だと思います。

なので、病院自体は漢方薬と新薬を同時に処方しても、「良いことなのか?悪いことなのか?」の判断すら、つかないかもしれません。

漢方薬は病院の薬の補助薬ではない

漢方薬は病院の薬よりも、効果の弱い補助的な薬ではありません。

漢方薬は急性病に1服で効かせることができることもあるし、(漢方薬を速攻で効かそうと思ったら、「医者」というライセンスは役に立ちません。その先生個人の技量が問われます)

体質と合っていない漢方薬を飲めば、時には取り返しのつかない副作用をおこします。

漢方薬と病院の薬は治療の考え方も、効果の考え方も全く違うのですね。

病院の薬は対症療法といって大半の薬が、その場を一時的に、ごまかすものです。

お薬の説明書にも『このお薬は根本的に治療するものではありません』という但し書きが、ハッキリと書いてあります。

体のどんな部分に、どんな効果があって、どれくらいの時間で効いて、どれくらいの時間で効果が切れるか

薬として世に出る時点で、これらが全て製薬会社によって決められています。

個人の体質の差などは一切、関係なく、特殊な病気でない人間であれば誰でも同じように効くはずです。

誰にでも同じような効果があるわけではありません。

同じ種類の漢方薬を使っても体質によって薬の効果などが変わります。

また漢方薬は1つの症状に対して1つの漢方薬を処方するのではなく、全身の症状や状態を分析して総合的に効いていく1つの処方を選びます。

病院の薬の場合は、1つの症状、例えば頭痛を抑える薬は頭痛がなくなるはずなので、効いたかどうかは単純に判断できますね。

しかし漢方薬は頭痛を抑えるという1つの症状に対して処方しません。

漢方薬は体質によって効果が変わる

気の滞りが影響している頭痛なら気の滞りに関連する症状を発散させながら頭痛を取り除いていきます。

水の巡りが影響している頭痛なら水の巡りの悪さに関連する症状をとりながら頭痛もとっていくのです。

つまり漢方薬の場合は病院の薬と違って、『頭痛がとれたかどうか?』 だけで、『その漢方薬が合っていたかどうか』を判断できないことがあるのです。

治ってくる期間も決まっていません。

病院の薬は、飲んでからどれくらいの時間で効いてくるかがあらかじめ設定されています。

だからその時間を大幅にすぎたり、何回か飲んでもダメなら、それ以降も効かない可能性が高いです。

しかし漢方薬は効いてくるまでの時間は、その人の体質と選んだ漢方薬によって変わってくるのです。

葛根湯が1日で効いた感じになる人もいれば、葛根湯が体質に合っていなくて1週間飲んでも効いたかどうかわからないこともあるのです。

なんかいろいろとお話しましたがここからやっと本題。

漢方薬がちゃんと効いているかどうかがわかるのは飲んだ後

漢方薬は、どれだけベテランの先生が選んでも、飲み終わるまで、合っているかどうかはわかりません。

また、かならずしもあなたが気にしている症状から効いてくるとも限りません。

頭痛だって頭の痛みからとれるのではなく、オシッコの量が多くなるという変化から始まることもあるのです。

そして、どの辺で効いてくるかが、体質によって変わりますので、その期間もわかりません。

漢方薬は飲んだ後の症状や状態の変化をみて漢方薬が合っているか(効いているか)を判断します。

病院の薬は効いてくる症状も効いてくる時間もわかっています。

そして漢方薬よりも効きが早く効果も強いのです。

となると病院の薬と漢方薬を一緒に処方してしまうと…

『漢方薬がどんな風に効いているのか、分からなくなってしまう』のですね。

どんな風に効いているかわからないと、体質に合っていなくても、なんとなく、そのまま続けるしかありません。

例え、体質に合っていなくても。

この先、飲み続けて治らない漢方薬でも。

というような理由で漢方薬を根本治療のために効かせたければ、なるべく病院の薬と併用せずに漢方薬の成績を観察したほうがよいです。

病院の薬を飲むとしても、『一時的に病院の薬で症状を抑えている』ということを意識して、漢方薬の変化と分けて考えないと、漢方薬で治療する意味がなくなってしまいます。

もちろん、病態や体質によって変わってきますが。

★当店では、全身の状態をしっかりとみて、あなただけの体質を判断して、あなたに最適な漢方薬をお選びします。
遠方の方の遠隔治療や相談も行なっています。お店に来れない方もぜひ、ご相談ください。

●ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」からご相談ください。

●「お問い合わせ及びご来店、電話相談のご予約などはこちらまで。

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter