漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

漢方の名医になるための方法

漢方の名医になるためには、どんな能力が必要なのでしょうか?

日本人が大好きな、ただ、ただ一生懸命、勉強するだけでは、漢方の名医には絶対になれません。

僕はいろいろな趣味があります。

料理やピアノ、ギター、サーフィン、スノーボード、スケートなどもやります。

スノーボードは一時期、インストラクターもやっていました。

「趣味が多いのです」ってことが言いたいのではありません。

実は漢方自体もこういった趣味と同じくらい好きです。

漢方は仕事だけでなくライフワークでもあります。

勉強も音楽やスポーツと同じ

日本では医学とか、難しい学問とかって文化系みたいなイメージがあると思うのです。

机にかじりつく勉強は文科系、スポーツは体育会系みたいな。

医学のような理論的な学問って厚底メガネ(今はないか)をかけたガリ勉がいろいろ知ってるみたいな。

スポーツや遊びみたいなことを何もせずに、ひたすら勉強してきた人のほうが優秀だと思われるような風潮があるように思います。

でも僕自身は勉強に文科系も体育会系もないんじゃないかと思うのです。

勉強も何かの目的があって、それをマスターするためにするもの。

スポーツや音楽や料理も何かをマスターするためにするもの。

どっちも基礎的なマニュアルや方法はありますが、達人になろうと思ったら『マニュアルはあくまでマニュアル』として習得して、その先の自分としてのオリジナルな考えやテクニックを自らつくりだしていくことが必要なんじゃないかと思います。

プロの音楽家とか、プロのスポーツ選手で習った基礎的なことしか知らないなんて人いませんよね。

プロまでなる人は、その人独自のスタイルがあるのです。

机に向かう勉強って大体のパターンが、参考書があって、それをおぼえて、試験してって感じじゃないですか。

論文やレポートはちょっとオリジナルっぽいですが、それも対策されているので、「またマニュアルで作成する」みたいな。

どれも、『すでに分かりきった事をおぼえるか、テストしてるだけ。』

なんか結局、自分のオリジナルをつくることじゃなくて、学んだことをどれだけ忠実におぼえているか。

わかりやすくいえば、どれだけマニュアル人間になれたかが、優秀かどうかと勘違いしている感じがあります。

知識やデータだけを覚えている人間はこれから必要ない

ただ本の内容を再現するだけ。これって今のネットで、どんなデータでも調べられる時代に、『人間がやらなきゃならないことなのかな?』と思います。

だって検査のことや薬のことなんてGoogleで調べりゃ0.3秒位で出てくるじゃないですか。

それよりも必要なのは、その人独自の経験その人独自の考えに基づいた治療方法やアドバイスですよね。

漢方薬は体質に会わせる治療なので、本などに書いてあることは参考にはなりますが、それだけで治療することはできません。

むしろ漢方で、そんなマニュアル治療をやっちゃったら、人それぞれの体質に合わせていないので医療者としては終わってます

漢方治療に必須なのはマニュアル思考ではなく想像力

漢方医学は治療方法をその人の体質に会わせて毎回、毎回、その人のために考えないといけない治療です。

医者がやっているような漢方薬メーカーから貰ったマニュアルやどこかの漢方の本を見たことを忠実に再現したところで話しになりません

プロの料理人がマニュアル通りに料理をしているでしょうか?

料理教室だったら、そうするかもしれないですが、レストランで、教科書通り、作ったって、流行りません。

プロのギタリストが、誰かのつくった楽譜をみながら弾くでしょうか?

クラシックのピアノは楽譜に忠実に弾きますが、それでもニュアンスは、自分なりに感じた弾きかたをいれていきます。

自分のモノになっていないものは、例えどれだけ勉強していたって、要するに、ただの猿真似素人の域を出ていないのです。

漢方医学独特の想像力を必要とされる部分は、机にかじりつく勉強よりも、僕は料理やギター、スポーツを習得する過程から学びました。

むしろ、そっちの経験の方が大事だと思います。

繰り返しますが、机にかじりついて得る事のできる知識は、どこまでいっても基礎だけで、それは、これからは、インターネットにまかせましょう。

人間が、やることではないし、それが賢いことでもないです。

むしろ、教科書やインターネットと同じ答えを持ってくるなら、これからの時代は、ただの素人です。

それはプロではありません。

もちろん、僕も落ち着いて本を読む事もありますが『あえて体質と反対の漢方薬を飲んだらどうなるんだろう?』とか『自分でいろいろ試してみた結果』とか実際に実行して確かめることによって、漢方の腕が上がっていくのでは。と僕は思います。

よく勉強できる人ほど、理論が大好き。理論だけよりも実行した結果から理論を検証したほうがいいです。

漢方薬の処方を本を見たりしながら処方している先生は、そんな素人のような行為は今すぐやめましょう。

みっともないし、漢方医学が軽く見られます。

漢方は、『毎回、その人にあったオリジナルの治療方法を考えだす、想像力の必要な医学なんだ』ということを行動を見せて、患者さんに知ってもらいましょう!

実は漢方を知らないのに、医者だからという権威だけで、患者さんに知っているフリをするのはやめましょう。

よくわかっていない人から処方される漢方薬ほど、悲しいものはないです。

★当店では、全身の状態をしっかりとみて、あなただけの体質を判断して、あなたに最適な漢方薬をお選びします。
遠方の方の遠隔治療や相談も行なっています。お店に来れない方もぜひ、ご相談ください。

●ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」からご相談ください。

●「お問い合わせ及びご来店、電話相談のご予約などはこちらまで。

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

漢方の名医の条件
漢方の名医って、どんな人のことを言うのでしょうか? そうやって,調べる前に、そもそも漢方の名医ってどんな先生のことを言うのか、ご存知ですか?