漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

漢方薬の種類は人の体質の数だけあります

漢方薬は保険適応が認められているものだけで200種類ほどあります。

保険適応で使われている漢方薬は漢方薬全体からみると一部ですので、本来は、これの倍以上の処方があります。

保険適応の漢方薬が200種類ほどに限定されているのは、治療上のことではなく、あくまで薬の法律上の問題だけで認可されている数となります。

病院の薬は、ややこしいカタカナの名前のものが、たくさんありますが、薬理、つまり効果の系統からみると、それほど、実はそれほどの種類はありません。

効果の強さや作用時間の違い、同じ薬でも製造する製薬メーカーの違いなど、ちょっとした違いで、薬の名前が変わっていくので、ものすごくたくさんの種類があるように思います。

漢方薬は、なぜ、こんなにも薬の種類があるのでしょうか?

それは、漢方薬は体質に合わせるものだからです。

漢方薬の効果は病院の薬の効果とは違う

漢方薬には、病院の薬と違って、直接的な「効果」というものが存在しません。

その人のその時点の体質があり、漢方薬の効果は、すなわち、その体質を調整するものです。

病院は「頭痛を止める漢方薬」とか、「かゆみを止める漢方薬」とか、そんな処方の方法なんて漢方には存在しないのに、勝手『まるで西洋医学の病名や症状に直接的に効果があるか』のように漢方薬を処方します。

しかし、漢方薬は『温める効果があるから、冷えの人に良い』のではなく、冷えの人にもいろいろな体質があり(例えば上半身は暑いが、足はすごく冷える冷えとか、手も足も冷え、体力がない人の冷えなど)

全身の状態をみていくと、人それぞれの複雑な冷えがあり、その複雑な冷えを単純に温めるというよりは、体が冷えている原因を考えて、全身のバランスを整えて、冷えないように調整するのが漢方薬です。

漢方薬の効果は『漢方薬=体質』であり『体質=漢方薬』なのです。

東洋医学的な体質である「証」

全身の症状や現在の生活環境などから漢方で「証」とよばれる体質を分析します。

証とはすなわち、体の中の病的な要素で、バランスを崩している悪い部分です。

この証は、1つではなく複数にまたがりますが、この複数の「証」を全部一度に治してくれるのが漢方薬なので、漢方薬の効果は『体質=漢方薬』となります。

「証」は東洋医学の基礎理論がわかっていないと、なかなか理解するのが難しいですが、要するに単純に当帰芍薬散に、何か良さそうな成分がったり、わかりやすい効果があるわけじゃないということです。

漢方薬は曖昧な医学ではないので、冷えだけに注目せず、「のぼせが、あって手はほてって、腰と足は冷える」みたいな全身の症状の組み合わせでみます。

例え、気になっている症状が「冷え」であっても、治療する場合は、その人独自の体質全体をみます。

体内の臓器の働きにも個人差がある

人間は見た目で、判断してしまいがちですが、顔や背丈、体格が人それぞれ違うように、体内の働きにも個人差はあるのです。

だから西洋医学の薬は、個人差を完全に排除して、平均的な観点からしか人体を診ないので、その場しのぎの対処療法となってしまうのです。

漢方薬は『体質=漢方薬』なので、その人、それぞれの体質の分だけ漢方薬があるのですね。

そして、漢方薬は2千年以上の歴史があり、2千年前から、ものすごく人が多い中国で治療をされて、治ったり、治らなかったりの失敗と成功を繰り返して、どんな体質に人にどんな漢方薬が合うのか経験し、それを医学理論にかえてきたものです。

そういった膨大な数の『人間』を治療してきたので、漢方薬にはいろいろな種類があるのですね。

漢方薬を使って治療するにはコツが必要です。

それは、とても単純で難しいことです。

をれは、その人のその時点の体質に合わせた漢方薬を選ぶということですね。

★当店では、全身の状態をしっかりとみて、あなただけの体質を判断して、あなたに最適な漢方薬をお選びします。
大阪在住でない遠方の方でもネット漢方相談、電話漢方相談を行なっています。お店に来れない方もぜひ、ご相談ください。

●ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」からご相談ください。

●「お問い合わせ及びご来店、電話相談のご予約などはこちらまで。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ 図説東洋医学(基礎編):学研
◯ 漢方の歴史:大修館書店
◯ 中国医学の秘密:講談社
◯ 漢方概論:創元社
◯ まんが漢方入門:医道の日本社

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

漢方薬で治したい人は「証」(体質)を知らなければ治らない
日本で漢方薬を処方しているほとんどの先生が、実は体質なんて診断していません。これでは漢方薬は効果を発揮しません。
病院の漢方薬は、なぜ効果がないのか!? (病名漢方とは)
病名漢方とは漢方の医学理論を理解できない、もしくは、勉強したてか勉強すらしてない素人の方が西洋医学の病名だけで漢方薬を選ぶ、本来の漢方治療には存在しない方法のことです。
自分の症状を当てはめて漢方薬を選んでも治らない(症状漢方)
病名漢方と同じで「証」という体質を診断せずに、症状だけをあてはめて漢方薬を選ぶ人がいますが、こんな選び方では漢方薬は効きません。