漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

インフルエンザに麻黄湯という素人すぎる医者の処方

元旦からインフルエンザになってしまったという患者さんから相談の電話がかかってきました。

うちにすぐに相談に来たかったみたいですが、うちも正月休みだったので検査だけしてもらおうと先に病院に行ったらしいのです。

しかし、病院では検査だけで済まずに麻黄湯を出されました。

出ましたね。医者お得意のマニュアル処方。

インフルエンザに麻黄湯です。

うちの患者さんは保険適応の漢方薬はド素人同然のマニュアル処方であること知っているし、以前の僕の話を覚えていてくれて、麻黄湯は使い方を間違えると副作用も強く、風邪が余計にこじれることを知っているので、当然、医者の漢方薬を飲む前に電話をくれた訳です。

はい、患者さんが覚えていた通り、インフルエンザが4日も経過して発熱の峠を過ぎてるタイミングで麻黄湯なんて飲むことはありません。

医者は『インフルエンザ=麻黄湯』と西洋医学の薬のようにマニュアルで処方したと思うのですが、具体的に麻黄湯がどう効いてインフルエンザを治すと思ったのでしょう。

いくら、マニュアル処方だって言ったって、医者が処方するからには「なぜ効くのでしょうか?」と聞かれた時にその根拠が必要なわけです。
医療の専門家ですから。

でも麻黄湯に直接、インフルエンザをどうこうする成分なんかはありません。

おそらく、医者の根拠は「ツムラから貰った資料やマニュアルにインフルエンザに効くと書いてあった」という『誰かの受け売り』が根拠なのかもしれません。

インフルエンザや風邪で使う漢方薬

麻黄湯にインフルエンザというのはツムラかどこか知らないですが、どこかの漢方薬の販売メーカーが決めた事です。

漢方は西洋医学とは関係ないので、漢方の医学理論の中に、そもそもインフルエンザなんて病名は出てこないし、風邪とインフルエンザを違う病気と分けて考えません。

そもそも、風邪という病名に合わせて処方するのではなく「発熱、頭痛、鼻水、咳、喉痛」という状態に合わせる漢方薬が何種類かあるといった感じです。

風邪の状態によく使う漢方薬は以下のものです。

風邪によく使われる漢方薬:
麻黄湯、葛根湯、桂枝湯、麻黄二桂枝一湯、桂枝二麻黄一湯、桂麻各半湯、人参湯、柴胡桂枝湯、香蘇散、半夏厚朴湯など

細かくみていけば、もっと候補になる漢方薬はありますが、これらは風邪の状態の時に治してくれると考えられる処方です。

まさか、この中で「麻黄湯だけインフルエンザに使って、後は諸々の風邪に使うもの」なんて適当な分け方はしません。

漢方薬の風邪を治す治療原則

まともに漢方を勉強していたら、インフルエンザから4日経って、麻黄湯を処方する時点で、この医者は漢方のことを理論的には何もわかっていないとわかります。

それは漢方薬で風邪を治す場合の目的を考えればわかります。

漢方薬の風邪の治療目的は汗やオシッコ、便からウィルスを追い出すことが目的です。

漢方薬はこの目的を達成できるものを選ぶのですが、その人の体力や体質に合わせて漢方薬を選ぶ必要があります。

麻黄湯は体力があって、抵抗力が高い状態の人に合うもので、漢方薬の構成が非常に単純です。

構成は麻黄、杏仁、桂枝、甘草の4つの生薬でつくられています。

漢方薬は構成されている生薬が少なくなるほど効果が強く尖る感じになります。

平均的には8つくらいの生薬で構成されていることが多いので、4つが少なく強いことがわかります。

漢方の場合、効果が強いというのは『体に変化を与える力が強い』ことになるので、誤った診断をした場合は、余計にひどくなります。

風邪を治す場合に守らなければいけない臓器があります。

それは胃腸を壊さないことと体力を消耗しない事。

食べられなくなったら、途端に風邪のウィルスの勢力が勝って、体の状態はひどくなっていきます。

体力も消耗すると免疫など風邪のウィルスに対抗する力が失われるので、無駄に体力を消耗させてもいけません。

漢方の風邪の治療原則:
目的:汗やオシッコ、便からウィルスを追い出す。
守らなければいけいない条件:胃腸を壊さないこと。体力を消耗しないこと。

こうやって書くと簡単にみえますが、風邪といっても詳しく診ていくと人それぞれ、食べられない状態だったり、体力がなかったりするので、その人の状況とタミングに合わせて漢方薬を選ぶ必要があります。

麻黄湯の目的

麻黄湯の作用は温めて、体の表面の水の巡りを促し、気の上衝を鎮め、咳を鎮めることです。

ちなみに麻黄湯だけが、この作用ではなく葛根湯、桂枝湯、麻黄二桂枝一湯、桂枝二麻黄一湯、桂麻各半湯も似たような作用です。

では似ているから、この中のどれを使ってもいいのかというと、そんないい加減な使い方はしません。

同じ風邪の人でも微妙な体質の違いを診て使い分けるのです。

この時に麻黄湯は別格になります。

これらの候補になる漢方薬のグループの中でダントツに作用が強いのです。

作用が強い漢方薬は、受け取る人の体力も必要となります。

そして、麻黄は胃腸を壊しやすい副作用があります。

風邪治療の際に守らなければいけない胃腸や体力が壊される危険性を孕んでいるのです。

でも、強い作用だからこそ必要な時があります。

インフルエンザのような強い抵抗反応を示している時です。

インフルエンザの1日、2日目までは麻黄湯が有効なことが多いのです。

しかし、これはインフルエンザだったら無条件に麻黄湯が良いというような単細胞な処方はしません。

そこにはちゃんとして根拠が必要です。

インフルエンザの1日目、2日目であってもすでに高熱が出ている場合や体力がなくなっている場合は、麻黄湯を使うと、いたずらに高熱が続いて、より体力が奪われるだけなので、この場合は、漢方薬の強さランクを落として麻黄湯より下のランクの漢方薬を使います。

麻黄湯を使うのは、インフルエンザ初期で熱が徐々に上がってきて、体力がまだ消耗していない状態で胃腸がやられていなくて、やたら関節が痛む場合です。

当然、胃腸がやられている場合は麻黄湯は使いません。

しつこく言いますが『インフルエンザ=麻黄湯ではない』からです。

インフルエンザに麻黄湯の不思議成分が効くのではなく、初期には強い発表という作用が効果的な場合ば多いというだけです。

麻黄湯は体が強い病気に対して抵抗を示している時は麻黄湯の作用が耐えられる状態です。

しかし、発熱は体力を奪いますので、何日も麻黄湯を飲むと余計に体力が奪われます。

なので、使うとすれば、せいぜい、インフルエンザ3日目までで、ほぼ最初の1日、2日で次の漢方薬をどれにするかを考える必要があります。

となるとインフルエンザから4日経って、熱も下がっている人に麻黄湯なんて、こんな間の抜けた処方はありません。

患者さんの問診をとると、案の定、今は熱は下がり、関節の痛みはなくなっています。

しかし、今は強烈な咳が現れてきたとのこと。

この場合、初期の熱が気管支や肺に熱をこもらせ、その熱を発散させようとして咳が出ているので麻黄湯は合いません。

一体、何のために4日経過してからの麻黄湯なのでしょうか?

風邪の漢方治療はタイミングが命

風邪を漢方薬で治す場合は、その人の状態が今どのステージにいるのかの確認が重要です。

  • 風邪から何日経っているのか?
  • 発熱、鼻水、咳、喉痛、頭痛などの症状が何から始まって、どんな感じの流れで今の状態になっているのか?
  • 胃と食欲の状態は?
  • オシッコの出具合と便の状態は?

最低でもこれらを調べて漢方薬を選ぶ必要があります。

麻黄湯はメーカーの営業が持ってきたやマニュアルや資料に『インフルエンザに麻黄湯って書いてあった』というようなあやふやな根拠で処方しません。

インフルエンザの場合は治すまでに3回は漢方薬を飲み変えていくと考えたほうがいいです。

麻黄湯だけを1度に1週間とか10日間とか処方する医者は要注意だと思います。

漢方薬で風邪を治す理論をわかっていない可能性が高いです。

【引用先及び参考図書、Webサイト】
◯ツムラの漢方薬 添付文書
◯漢方概論 創元社

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter