漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

病名が診断されず、体調が悪い場合はあきらめるしかないのか?

『病院で何かの病気だと診断されたわけじゃない…』

『病院の検査で特に悪いところはない…』

でも、『日々の生活は、辛い』ということがあると思います。

体の不調があると、病院は『病気か、そうでないか?』に分けようとしますが、そもそも、どこかのラインがあって「ここから病気」とか「ここからは健康」といったように明確にわけることなんてできないのです。

それが、できるのは、ウィルスや菌、怪我などの場合だけです。

病気か健康か、2つに1つに分けて考えることが、実は無駄なことで、特別、何かの病気であろうとなかろうと、体の調子は、いろいろな原因で悪くなるのです。

まず、病院で診断される『病気』の正体を考えてみましょう。

医者が診断する病気とは何か?

血液の検査数値で何も問題がなく、医者から病名を診断されなければ、体は何も問題ないのでしょうか?

医者の診断的に問題なくても、実際、眠れなかったり、食べられなかったり、ずっと頭痛が続いていたりします。

病名の診断がなく、検査も問題がないのに、いろいろな症状を訴えていると、老化やストレスと言われ、『老化はあきらめるしかない』『ストレスは心療内科に行ってくれ』なんて言われますよね。

でもね、そもそも、体調が悪い原因のほとんどは、その老化やストレスだったり、それに加えて生活リズムが悪かったり、何か疲れる要因が多かったりといった、普段生活している中の何かの原因で起こっています。

病院で病名診断と呼んでいるものは、いくつかの条件があてはまったものを言います。

例えば、血圧が基準値よりも高ければ、高血圧症という病気。

血糖値が基準値よりも高ければ、糖尿病という病気。

でも、毎日の頭痛や疲れが、この病気のせいとは限りません。

なぜなら、全身の状態を調べたわけじゃないし、検査数値だけで体の調子はわからないからです。

血液検査がみているのは、肝臓細胞の死んだ数や血球の数をみているだけで、それが、あなたの今の体の不調につながっているかどうかは実はわからないのです。

診断というには、その医者が、検査の結果や症状のいくつかを当てはめて、自分が理解できる範囲で病気名をつけます。

アトピーという病名は、詳しく訳せば『よくわからない湿疹』と言ってるようなものです。

医者の診断で「よくわからない」と言っているようなもので、もはや、アトピーなんて診断される意味すらありません。

『病名』の正体は、医者が考える条件にマニュアル的にあてはまるかどうかで、その条件も『アトピー』のようにいいかげんな感じに近いものもあるのです。

つまり、病気の診断がつかないのに不快な症状があるというのは、健康というわけでもなく、気のせいでもなく、医者が、『何で、あなたの体が不調なのかわかりません』といっているのと同じなのです。

本当の原因がわからないものだから、『老化や精神的なストレス』と言って逃げています。

ただ、皮肉なことに、この答えは合っています。

合っているのですが、病院では一人一人違っている『老化』『ストレス』『生活環境』『体質』の問題は分析できないし、治すこともできないので、老化やストレスだったら、あきらめるしかない的な方向に誤魔化しているのです。

ちゃんと『何で体が不調なのか僕には全くわかりません』と正直に言ってくれれば患者さんも混乱しないのですけれど。

病院がわからない原因でも体は悪くなる

老化というのは、何もウンと歳をとってから出てくるものでもありません。

例えば、卵巣嚢腫や子宮筋腫などは、早い人であれば35歳位から出始めます。

漢方では腎の臓の機能が弱ってくれば、水の巡りが悪くなると考えることがありますが、水の巡りが悪くなれば、メニエルなども起こってきます。

30歳位でも、メニエルの原因は腎の臓が弱っていることかもしれないのです。

ストレスは、体のいろいろなところに影響します。

蕁麻疹やアトピー、ニキビなどは、ストレスでひどくなることもあります。

また、こういった皮膚病は、普段の食べ物が影響していることが多いです。

中には食生活が極端に悪くなければ、体に悪くないと思っている人が多いですが、極端に悪くなくても、体質と合っていないものを食べ続けていたり、食べる時間が悪かったりしても体は徐々におかしくなるのです。

生まれつきの体質も体の不調と関係します。

僕は34歳の時に突然、ぶっ倒れましたが、病院では原因不明で治療もできないということでした。

この原因は漢方的には家系的に肝臓がよくなく、おそらく生まれつき肝の臓が弱点で漢方的には肝熱という証が原因だったと考えられるのです。

『医者に診断されなければ、病気ではないか』というとそうではありません。

『医者はその体の不調が何なのか、わかっていないだけ』なのです。

体の不調の原因は全身のいろいろなバランスが崩れた結果

では、漢方ではわかるのかというと、そうではありません。

漢方の治療というには非常に理にかなっていて、『体の不調は、いろいろな原因が、たくさん重なって起こっている』と考えます。

1つのわかりやすい原因で病気的な状態になっているとは考えません。

ですので、最初から、全身の状態をチェックします。

例えば、うちでは全身の55項目、230箇所に渡って体の状態をチェックします。

そのデータから、体のどの部分がうまく働いていないのかを分析します。

詳しくはこちら 漢方相談の具体的手順

例えば、「水の巡りが悪いのは腎の臓が弱っている」「熱が肩から上の頭に溜まっているのは肝の臓の熱を巡らせる能力が弱っていることが問題」など、体内が病気かどうかではなく、『体の機能のどこと、どこがうまくいっていないのか』全身のバランスからみるのです。

そして、漢方薬は全身の調整を行います。

ウィルスや菌、遺伝的な原因でもない限り、決定的にここが悪い!なんて1つの原因だけで不調になっているわけではないので、漢方薬は最初から、全身の調整を治療としています。

ただし、こういった漢方本来の治療は、あくまで、全身を分析できて、東洋医学的な治療方針を考えられる場合のみです。

大半の漢方の先生(病院含む)は、そもそも全身を分析するための問診をとらないし、東洋医学的な治し方の提案もできません。

2つ、3つの症状をマニュアル的にあてはめて、病院の薬と同じように漢方薬を選ぶので、この場合は治らなかったり、余計に体質がおかしくなったりすることもありますので、漢方薬を使って治療したい場合は、うちのように全身の状態を分析し、治療方針も説明できる先生を選んだ方がよいと思います。

→ご相談ご希望の方はこちらの 『漢方無料相談』 に現在の体の状態を入力し送信してください。

→「お問い合わせ」はこちら まで。

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

漢方薬の副作用が病院の薬より怖い理由
漢方薬の副作用は、体質と合っていない漢方薬を飲むと発生する可能性があります。つまり、東洋医学的な体質や効果も考えずに漢方薬を処方されている場合は、余計に病気がこじれていく可能性があるということです。
漢方薬の「効能効果」の説明を参考にしても意味がない!?
漢方薬の効能効果に書いてある症状を治してくれると誤解している人がいますが、漢方薬の効能効果に書かれている症状と、その症状が治るかどうかは実は全く関係がありません。