漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

漢方薬の「効能効果」の説明を参考にしても意味がない!?

病院の薬の効能効果の欄にはその薬の効果が書いてあります。

例えば、花粉症や蕁麻疹で、よく処方されるアレグラには以下のように書いてあります。

アレグラ錠(添付文書)より引用:
効能効果 アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚疾患(湿疹・皮膚炎、 皮膚そう痒症、アトピー性皮膚炎)に伴うそう痒

アレグラ錠の添付文書

アレグラの効果は、花粉症などの鼻炎や蕁麻疹、アトピーのかゆみを抑えることです。

薬局でもらう紙にも、こういった説明がされています。

しかし、その薬の本来の効果を知ろうと思ったら、実は『副作用』『薬効薬理(作用機序)』という項目を見比べて、みないと、わかりません、

『症状を良くしてくれるだけ』なんて、そんな都合の良い薬は存在しません。

漢方薬の効能効果

漢方薬にもドラッグなどで売っている漢方薬の外箱には『効能効果』という欄があります。

例えば、十味敗毒湯なら、効能効果の欄に「湿疹、蕁麻疹、水虫」なんて書かれていたりします。

インターネットの漢方薬の効能効果のところで書かれているものは、こういったものを参考にしているものが多いです。

実は、これ、漢方薬では、効能効果になりません。

「でも、効能効果って書いてあるよ」って思いますよね。

漢方薬においての効能効果の説明は、実は治療とは全く関係ない他の事情で書かれています。

法律上の漢方薬の効能効果

漢方薬は、法律上は医薬品という分類になります。

医薬品として販売するには、医薬品の法律に則って、説明をする必要があります。

医薬品として販売する場合は、当然、「効能効果」があって、「成分や分量」、「用法、用量」が書かれていないといけないのです。

漢方は、2千年前に中国で発展した医学で、病院の西洋医学は2百年位前に内服治療がヨーロッパやアメリカで発展してきました。

何が言いたいかというと、病院の薬と漢方薬は、何の接点も関係もないものなのです。

本来、漢方薬は、西洋医学上の医薬品の法律なんて関係ないわけです。

でも、漢方薬も薬の効果がある以上、副作用なども発生するため、法律上は医薬品にせざるえません。

2千年前から存在している漢方薬が、たかだか2百年前の西洋医学のルールに従わないといけないなんて、おかしな話ですが、法律上は仕方がないのです。

つまり、インターネットの漢方薬の説明や漢方薬の外箱、保険適応の漢方薬の添付文書に書いてある『効能効果』は何の意味もない『建前上、法律上』のものなのです。

うちは、伝統的な漢方治療の方法である日本漢方を支持していて、その日本漢方を支えてきた漢方薬メーカーさんとの取引もありますが、そのメーカーさんの添付文書の効能効果にも漠然と症状が書いてあります。

そのメーカーさんは、創始者の先代さんが、漢方薬を選ぶ際の体質判断の方法や本来の漢方医学の漢方薬の選び方などを教えている本を出しているくらいですが、漢方薬の添付文書には、『西洋医学の薬の法律に則って』治療とは関係ない『効能効果と症状』を書いています。仕方がないのです。

漢方薬は体質に合わせて選ぶ

漢方薬の効能効果の欄には症状だけが書いてあるのですが、それだと、まるで、その漢方薬が、その症状を治してくれるかのように思います。

しかし、漢方薬に直接的な効果はありません。

そういった『西洋医学的な効果の考え方』は漢方治療とは何の関係もありません。

漢方では、『症状を直接、抑える』という治療はしません。

それでは病院の薬と同じで、薬で症状を抑えて、薬の効果が切れれば、症状が再発するということになります。

漢方では、不快な症状というのは、体内の臓腑などのバランスが崩れて、それを知らせるために症状という警告サインとして出ていると考えます。

なので、効能効果と書かれている部分の症状は、その症状を治すわけではなく『そういう症状のある人の体質に使われることがある』という意味です。

症状だけで選ぶのではなく、『そういった症状が含まれる体全体の体質』分析しないといけないのです。

例えば、十味敗毒湯の効能効果からいくと湿疹や蕁麻疹が書いてあるので、これらに効果があるように思いますが、他にも消風散や排膿散、升麻葛根湯、越婢加朮湯、治頭瘡一方、温経湯、柴胡清肝湯、荊芥連翹湯、大柴胡湯、茵蔯蒿湯、茵陳五苓散、当帰飲子、清上防風湯などなど、どれも効能効果に湿疹があります。

では、どれにも効能効果として、湿疹があるので、湿疹や蕁麻疹のある人は、このうちのどれを使ってもいいのでしょうか?

鉛筆でも転がしましょうか。

湿疹や蕁麻疹などで調べてみて、たまたま、最初に十味敗毒湯が出てきて、そこの効能効果に湿疹、蕁麻疹が書いてあるから治りそう?

他の種類の漢方薬を調べていないから、『十味敗毒湯だけで治りそう』勘違いしてしまうのです。

漢方薬は、湿疹とか、蕁麻疹を抑えるわけではなく、『湿疹や蕁麻疹を含めた体質』を分析して、例えばアトピーや蕁麻疹なら40種類の漢方薬から厳選して選ぶのです。

乾燥している湿疹、ジュクジュクの湿疹、どっちも混ざっている湿疹、それに加えて、月経がある女性、頭痛持ちの人、便秘気味、軟便気味、なかなか寝つけないetc、全身をみていけば、人それぞれ、いろいろな状態の違いが出てきます。

その違いによって、体質分析が変わり選ぶ漢方薬が変わります。

湿疹に使えそうなものから適当に選んで使ってよいわけではないのですね。

病院の薬でも本来は、効能効果ではなく『副作用』『薬効薬理(作用機序)』を見ないといけないのです。

ですから『漢方薬の効能効果』というのは法律上、書いてあるだけで、それが、そのまま、その症状を治してくれるわけではなく、漢方薬はどこまでいっても、自分独自の体質である『証』を詳しく分析して、それに合わせて漢方薬を選ばないと効きません。

『建前上の効能効果』を鵜呑みにして選んでも意味がないのです。

→ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」に現在の体の状態を入力し送信してください。

お問い合わせこちらこちらまで。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ツムラ医療用漢方マニュアル
◯漢方概論:創元社
◯漢方方意ノート:創元社
◯漢方臨床ノート(論考編):創元社
◯中医診断学ノート:東洋学術出版社
アレグラ錠の添付文書

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

漢方薬で治したい人は「証」(体質)を知らなければ治らない
日本で漢方薬を処方しているほとんどの先生が、実は体質なんて診断していません。これでは漢方薬は効果を発揮しません。