漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

医者は、ただのツムラの漢方薬の販売員なの!?

漢方薬って、ものすごい誤解されていて、なんだったら、厚生省、医者が率先して誤解しているので、タチが悪いです。

僕は、正しい、漢方治療を自分の息子達にも伝えていきたいと思っているので、これからも正しいと思われる漢方を語っていきたいと思います。

ツムラの漢方薬のひどい処方の方法

先日、相談に来られた患者さんからのひっどい話です。

その方、一時的なうつ病で、病院で診察を受けたのですが、治療はよくあるパターンの抗うつ薬のオンパレードだったのです。

医者が言うには、『抗うつ薬を飲んで、何もしなければ治る』とのこと。

さすがに、ここまで適当な説明は、子供でも騙せません。

本気で、精神系の薬を飲んでいるだけで、治るとでも思っているのでしょうか???

その方は、いろいろと知っている人なので、『薬でどんな風に治るのか?』を具体的に聞いてみました。

案の定、言葉に詰まって、途端に挙動不審。

そして、言ったことが、「じゃあ、漢方薬を出しますね」

漢方薬は最適なものを選ぶために、体質を分析、診断しないといけませんが、もちろん、そんな問診なんて、聞かれても、書いてもいません。

薬の説明に詰まった、言い訳のように漢方薬の話が出てきました。

ツムラの漢方薬マニュアルを患者さんに見せる医者

すごいのは、ここから、体質を診断しないでマニュアルだけ見て、漢方薬を処方するのは、どこの病院も当たり前のようにやっています。

そのマニュアルをわざわざ、患者さんに見せました。

テストで堂々とカンニングしたようなものです。

「ね、ここにウツとか精神疾患に効果があるって書いてあるでしょ」と。

なぜ、わざわざ、ツムラのマニュアルを見せたのでしょうか?

それは、自分で体質や漢方薬の効果を考える頭もノウハウも持っていないからです。

患者さんにツムラの漢方薬マニュアルを見せて、「自分じゃなく、ツムラが効果があると言ってますから」と説明責任や治療責任を逃れる既成事実を作ったわけです。

なんか、ここまでゲスいと、いっそ清々しいですね。

しかし患者さんにしたら、不安しかないですよね。

せめて、処方するなら、マニュアルを裏でみて、フリでも自信満々に処方しろよと思います。

ちなみにツムラのマニュアルに書いてある効能効果は、よく見てみると症状が並んでいるだけです。

詳しくはこちらの「漢方薬の「効能効果」の説明を参考にしても意味がない!?」を読んでみてください。

題名に効能効果って書いてあるから、あたかも、『書かれている症状を治すもの』と考えがちですが、そこには症状がズラズラと並んでいるだけ。

その症状に『どんな効果があるのか?』は一切、書かれていません。

効果というのは、その症状をどんな風に治すのかというメカニズムであって、症状効果ではないのです。

漢方薬の効果というのは、病院の薬と違って、独特のもので、清熱とか、補腎といった、いろいろな効果があります。

明らかに漢方の効果として説明できないから、マニュアルを見せたといった感じです。

しかも、こういった、患者さんに『ツムラの漢方薬を見せて処方する』という素人丸出しの方法は、今回の話が初めて聞いたわけでもなく、しょっちゅう、聞いています。

いつも、不思議なのは、「明らかに漢方のことがわかっていないのだから、漢方薬に手を出さなければいいじゃん」と思うのですが、なぜ、知りもしない漢方薬に手を出すのでしょうか?

やっぱり、お金儲けですか。

漢方を知らない医者に相談してどうするの?

ちなみにツムラのサイトなんかに、「漢方薬を飲まれて副作用を感じた場合は、処方された医師にお尋ねください」と書いてありますが、医者は医大で漢方のことを学びません。

つまり、標準では医者は漢方を知りません。

後は、よほど、独学で勉強し、センスがあるかどうかです。

漢方はそんな世界なのです。

漢方に、特に資格はないですが、『医者の漢方を知ってるフリ』は、もはや詐欺レベルではないかと思います。

(僕が持ってる国際中医師や、認定漢方医みたいなものはありますが、暗記してテストに受かれば誰でもとれます)

せめて、『漢方の体質のこととか、漢方の治療理念は、全然、わかっていません。体質に合わせないと効かないことが多いですが、それでも飲みますか?』

と説明するべきだと思います。

だって、現実は、ツムラのただの漢方薬の販売員で、治療として漢方薬を使えてないのですから。

保険適用の漢方薬、ネットで売っている漢方薬、どれも、ただの商品で、治療薬ではないと思うので、それらで治らないのは、当たり前

治ったらラッキーくらいに思ってください。

漢方薬は、正しく使いこなして、なんぼです。

いわば、漢方薬は、ピアノ、ギター、サッカーボール、ゴルフクラブなど楽器や道具です。

例え、道具が良くても、使い手が、素人やヘタクソだと、何の意味もありません。

それが漢方治療です。

その辺りのいい加減な漢方薬で治らないからといって、『漢方薬は効かない』と思わないでほしいなと思います。

●ウツや神経障害など、ご相談ご希望の方は、こちらの「漢方無料相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

漢方薬の「効能効果」の説明を参考にしても意味がない!?
漢方薬の効能効果に書いてある症状を治してくれると誤解している人がいますが、漢方薬の効能効果に書かれている症状と、その症状が治るかどうかは実は全く関係がありません。