漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

患者さんに責任を押し付ける病院の漢方薬

ある患者さんの実際のお話です。

先日、あるきっかけから体調を崩され、病院に行ったのですが、病院の化学薬を断ったら、漢方薬をすすめられたのですが、そのすすめられ方が、すごいひどかった話です。

病院の漢方薬は、治るも治らないも、ただの『運任せ』なんだということが、よくわかります。

その方、心療内科系プラス体の症状があったのですが、そこは西洋医学。

心療内科は、心療内科の治療のみで、体の治療は、それに応じた「科」に行ってくれという話です。

そもそも、この時点で、その医者に、漢方薬を処方する資格がありません。

なぜなら、漢方薬は全身の症状や状態から、病気の体質(証)を判断して、その原因を治せる漢方薬を選びます。

心療的な問題だろうと、アトピーなどの皮膚の問題だろうと、どんな病気でも、全身は全部つながっているので、常に全身を調べて漢方薬は選びます。

また、漢方では精神の問題は、脳の問題とは考えません。

心と体の問題はつながっていると考えるので、心の問題であっても、体の状態を調べる必要があるのです。

しかし、医者は、そもそも漢方薬を選ぶための体質を分析できません。

単にツムラなどの漢方薬メーカーからもらったマニュアルだけみて、そこから選んでいるだけなので、当然、全身の状態なんか、調べもしません。

今回の漢方薬の処方の方法は特にひどかったようです。

ツムラの漢方薬マニュアルを患者さんに見せる医者

医者が、漢方薬を処方するために全身の状態を調べないことは、もはやデフォルトですが、もっと、ひどかったのは、その方に漢方薬を処方するにあたって、ツムラの漢方薬マニュアルを見せてきて、『ほら、ここの効能効果に神経症などと書いてあるでしょ』と患者さんに確認をとっているのです。

そもそも、ツムラの漢方薬マニュアルに書いてある効能効果は、医薬品の法律上、そう書いてありますが、そこに書いてあることは、実は漢方の効能効果でもなんでもありません。

詳しくはこちらの「漢方薬の「効能効果」の説明を参考にしても意味がない!?」を読んでみてください。

例えば、抑肝散

ツムラの医療用漢方マニュアルより引用:
抑肝散
■効能又は効果
虚弱な体質で神経がたかぶるものの次の諸症:神経症、不眠症、小児夜泣き、小児疳症

これのどこが、効能効果でしょうか?

『こんな感じの人に使うことがある』と書いてあるだけで、一言も効能も効果も書いていません。

それに、その方、中年に差しかかる男性ですが、これが効能効果だったら、「小児の項目の方が多いじゃん!」って話ですよね。

ちなみに抑肝散の漢方的な効能効果は、名前に抑肝とついてる位ですから、肝の臓(西洋医学の肝臓と同じではない)に強い熱がこもり、胸の周辺の胸脇部というところにも余分な熱がこもり、神経過敏な劇しやすい状態やイライラしやすい、焦りやすいなどの神経症のある方の熱を冷やし、気を静めます。

更に気の滞りを巡らせ、思考や悩みが停滞しないようにします。

また、肝の臓を中心とした、血の巡りの悪い状態を気とともに巡らせます。

イメージ的には、怒りやすい、イライラしやすい、など、攻撃的な状態を落ち着かせる効果ですね。

しかし神経症には、逆の方もいらっしゃいます。

悩んで、言いたいことが言えず、何もやる気がおきないタイプです。

このタイプは胃腸が悪いことも多いですが、このタイプは、抑肝散とは逆のタイプなので、抑肝散を飲むと、より状態がひどくなります。

寒がって、温めないといけない人に、冷房をかけて、氷水を渡すようなもので、医者が無知なだけかもしれないですが、単なるイジメですね。

医者は体質を分析できないので、この辺りは、めずらしくもなんともないです。

むしろ、保険適用の漢方薬を処方される前に全身の症状をチェックされた人がいたら驚きです。

医者、お得意の責任逃れと保険

驚くべきは、患者さんにツムラのマニュアルを見せて処方したこと。

一見、資料を見せて、説得力を高めているような感じですが、冷静に考えたら、その医者、ツムラの営業かよ!って感じですね。

真意はわかりませんが、多分、責任逃れと保険のためにツムラの漢方薬マニュアルを患者さんに見せたのではないかと思います。

なぜなら、漢方薬は、有効成分が決まっているわけではなく、病院の薬のように決まった効能効果もありません。

ごく単純にして説明すれば、その人の体質が「冷えている」と判断すれば、「温める漢方薬」を選べばいいのですが、現実は、単純に冷えているという体質なんかなく、『上半身は気が滞り、胸には熱がこもり、下半身は冷えている』みたいな複雑な状態です。

その複雑な状態に合わせられるように漢方薬は、何百種類もあるのですが、みんな、複雑な体質なので、そう簡単に合わせられません。

また漢方薬は、有効成分があるわけではなく、あくまで、診断した体質があっていて、選んだ漢方薬が合っていれば、治りますが、どちらか、もしくはどちらも間違っていれば、治らないどころか、副作用を起こします。

漢方は常に体質を推測し、それに合わせる漢方薬も推測し、体質と選んだ漢方薬が合って、初めて効くのです。

漢方薬は、そんな性質のもので、効果の保証がないものなので、わざわざ、有名メーカーのマニュアルを見せて、治らなくても自分の責任じゃないですからと本来は医者が持つはずの治療責任を患者さんに押し付け、副作用になっても自分は悪くないという保険をかけたのだと思います。

保険適用の漢方薬は、そもそも、体質すら分析しないので、漢方治療としては意味がないですが、更に漢方の本やマニュアルを見せてきた場合は、おそらく『治療してあげたい』ことよりも『文句を言われたくない』という気持ちの方が強い、無責任思考だと思うので、漢方に限らず、普通の診察もやめたほうがいいと思います。

そんな医者は、勉強はできたかもしれませんが、が小さすぎて、治せないと思います。

●うつや神経症などのご相談ご希望の方は、こちらの「漢方無料相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

漢方薬の「効能効果」の説明を参考にしても意味がない!?
漢方薬の効能効果に書いてある症状を治してくれると誤解している人がいますが、漢方薬の効能効果に書かれている症状と、その症状が治るかどうかは実は全く関係がありません。