漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

ステロイドと漢方薬を併用したままで根本治療はありえない!

うちによくある質問です。

「ステロイドを併用したままで、漢方薬で治ってきたら、その時にステロイドを辞めるという方法はどうでしょうか?」

気持ちはわかります。

ステロイドは、ほぼ確実にかゆみを止めますよね。

一方、漢方薬は、かゆみを止める成分なんか入ってないので、飲めば、すぐにアトピーのかゆみが止まるかどうかはわからないわけです。

でも、漢方薬は根本治療してくれるので、毎日のかゆみを抑えながら、漢方薬で根本治療は理想的ですよね。

でも、これ、不可能なんです。

もちろん、漢方治療の最初の方は、ステロイドの併用はアリです。

うちでも、最初はステロイドと漢方薬の併用から始めて、徐々に減らしていきます。

でも、『いつまでもステロイドを減らしていかないで、漢方薬を飲んでいたら、いつか治る』なんて、漢方薬はそんな都合の良い魔法の薬ではないのです。

最初は併用しても、どこかでは絶対にステロイドを断たないと根本治療はありえないのです。

もちろん、なぜ、そうなっちゃうのか?の理由をバッチリ説明しますよ。

そして、アトピーを根本的に治す場合、ステロイドと漢方薬の併用は、どうすべきかをお話しします。

ステロイドは免疫抑制剤

ステロイドって塗るとかゆみが止まり、湿疹がなくなるので、治ったように思いますよね。

でも、病院の薬は、治ったかどうかではなく、作用機序で科学的に考えないとヒドい目にあいます。

ステロイドでかゆみが止まるメカニズムは、免疫を抑制しているからです。

免疫は、体の外から攻撃してくるウィルスや菌、体の外だけでなく、食べるものや薬品などの毒物など、あらゆる敵から体を守ってくれています。

いわば万能バリア

バリア(免疫)は攻撃された時に戦います。

この戦いの時に炎症という反応が起こります。

それが、かゆみ、湿疹、痛み、発熱の正体なんですね。

ステロイドはこのバリアシステムの電源を切っちゃうのです。

敵陣の真っ只中でノーガードです。

だから、治ってるのじゃなくて、一時的に誤魔化しているだけ

言い方を変えれば、「ステロイドで一時的にかゆみを誤魔化しとくから、どこかで根本的に治してね」ということを皮膚科は治療と称してやっているわけです。

漢方薬の根本的に治せる理由

一方、漢方薬は、根本的に治せるイメージがありますね。

実際に漢方薬は根本的に治せますが、『漢方薬を飲み続けていたら、いつか治るよ』なんて都合の良い魔法の薬ではありません

漢方薬は根本的に治せますが、そこには厳格な条件があります。

それは、『その人自身のアトピー湿疹やかゆみの原因に合わせて選ばれているのか?』

病院の名ばかりの漢方科がやっているような、全身の状態を診ずにマニュアルだけみて十味敗毒湯や温清飲、消風散を処方しても、そんなものは飲み続けても延々に治りません。

漢方薬は、あなた自身のアトピー湿疹の原因に合わせて選ばないといけないのです。

ある人は、皮膚表面の水の巡りの悪さが原因だったり。

ある人は、不要な熱がこもっていることが原因だったり。

ある人は、血の巡りが悪くそれが月経やホルモンとも関係していることが原因だったり。

アトピー湿疹とかゆみという症状が同じでも、原因は、人それぞれ違います

漢方薬は、この『その人独自の原因に合わせないとちっとも効果を発揮しない』という厳格な条件があるのですね。

なので、原因も体質も分析せずに、漢方薬を飲んでいたって、いつまでたっても治りません。

本来の原因を治さないと根本治療にならない

ストロイドは決して、湿疹やかゆみを治しているではなく、単に発生しないように誤魔化しています。

そして、その誤魔化し方は、免疫抑制という膠原病の人以外、『そんな異常な状態にしちゃダメだろう』という方法で、かゆみを誤魔化しているわけです。

本来の原因は別にあるわけですよね。

当然、本当の原因をなんとかしない限り、根本的には治らないわけです。

漢方薬というのは、『体内の働きを本来の正しい状態に戻す』ということが、治療の目的です。

そして、ステロイドの作用は、免疫抑制という異常な状態を作り出す薬です。

これが、漢方薬の自然の良い状態に戻そうとする作用とぶつかるわけです。

なので、ステロイドを使っている限り、人工的に免疫の異常な状態は、変わらないわけですから、漢方薬はいつまでたっても、自然の正常な免疫状態に戻せないわけです。

具体的なステロイドと漢方薬の併用の方法

漢方薬は、かゆみを止める成分などがありません。

また、原因(病的体質)と漢方薬が合っていなければ、いつまで飲み続けようと治らないわけです。

とはいえ、原因(病的体質)と漢方薬が合っていれば、少しずつ、少しずつ、かゆみはとれ、湿疹はなくなってきます。

ただ、すぐにかゆみがとれないし、合ってないとかゆみがちっとも止まらないというところが難点です。

そこで、最初はステロイドを併用して、かゆみを止めるわけです。

体内は自然でない異常な状態にはなりますが、搔き壊しによる皮膚のダメージはなくなります。

皮膚の損傷も治療を遅らせる原因になりますので。

しかし、ステロイドは免疫を普通じゃない状態にしているので、これでかゆみを抑えている限り、自分自身で治ったことにはならないのです。

ここで、原因(病的体質)にバッチリ合わせた漢方薬で、かゆみや湿疹が良くなっていくかをみていきます。

当然、漢方薬が、合っていない場合もあるので、かゆみや湿疹だけでなく、全身の状態も観察しながら、良くなってきているかを確認します。

そして、原因(病的体質)と漢方薬が合っていて、良くなってくれば、ステロイドの塗る頻度や量をどんどん減らし、最後には断つ!わけです。

そこから、更に漢方薬を飲んで、自分の免疫を自分で調整し、かゆみや湿疹を発生させない体づくりをするわけですね。

まとめ

ステロイドは人工ステロイドホルモンが強制的に免疫を抑えて、一時的にかゆみと湿疹を強制的に抑えているので、使い続けても治らないどころか、長期間、使い続けたら自分自身の免疫がおかしくなります。

漢方薬にかゆみや湿疹を止める成分はありません。

漢方薬は『あなたの湿疹の原因(病的体質)に合わせた漢方薬であれば、治すことができる』という厳格な条件がありますので、体質を分析して、それに合わせた最適な漢方薬が必要となります。

この合っている状態の漢方薬が見つけられないのであれば、いつまで経ってもステロイドをやめることはできません。

最初は、ステロイドと漢方薬を併用しても良いですが、漢方薬でかゆみや湿疹がなくなってくれば、ステロイドを減らしていかないと、免疫を人工的におかしくしているステロイドを使っている間は、自分自身の正常な状態を取り戻したことになりません。

最終的にはステロイドを断って、漢方薬のみにする必要があります。

ちなみにステロイドの塗り方や減らし方のペースは漢方薬の効き方など含めて、かなーーーり個人差がありますよ!

●アトピーや慢性蕁麻疹で、お悩みの方は、こちらの「漢方無料相談」から送信してください。

●お問い合わせは、こちらから送信してください。

●店頭相談のご予約は、こちらから、ご予約ください。(店頭も初回の相談は無料です)

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ 図説東洋医学(基礎編):学研
◯ 図説東洋医学(湯液編Ⅰ):学研
◯ 図説東洋医学(湯液編Ⅱ):学研
◯ 漢方概論:創元社
◯ 漢方臨床ノート(論考編):創元社
◯ やさしい中医学入門:東洋学術出版社
◯ 中医診断学ノート:東洋学術出版社
◯ 中医処方解説:神戸中医学研究会
◯ まんが漢方入門:医道の日本社

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

ステロイドって結局、良い薬?悪い薬?
ステロイドは効果よりも副作用の多い薬ですが、実際にどんな良い効果と悪い効果がるのでしょうか?どちらの作用も理解し使うかどうかを考えていただけたらと思います。
ステロイド(薬)を使っている間は治っているかどうかはわからない
ステロイドや鎮痛剤など、薬を使っている間は、治っているかどうかはわかりません。病院の薬の役割は、症状をごかますことなのです。
ピルやステロイドから考える体質改善と根本治療の意味
体質改善や根本治療って、実際にはどういうことなのでしょうか?少なくとも病院の薬や病院の漢方薬を飲み続けても体質改善や根本治療にはつながりません。