漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

新型肺炎(コロナウィルス)やインフルエンザで重症化する人としない人の差って何?

「新型肺炎にかかったらどんな人が重症化したり死亡したりするのですか?」

うちの患者さんから、質問されました。

これは気になるところですよね。

どんどん亡くなってるイメージもあるし、軽症で退院している人もいます。

この質問を受ける前に先日、新型肺炎の死亡率が男性は女性に比べて3倍もあるという記事がありました。

新型肺炎、たばこで重症化か 男性の致死率、女性の3倍:朝日新聞デジタル

新型肺炎は謎だらけなので、その要因の答えが何のかハッキリとはわかりませんが、現時点では、どうもタバコ。

つまり、男性に喫煙者が多く、喫煙の影響で普段から肺がダメージを受けているから重症化、または死亡しやすいのではないかということです。

実際、これはあると思います。

また、ある持病を持っていることによって死亡しやすいということもあるのではないかと思います。

そして、質問を下さった患者さんはタバコもしないし通院しないといけないような持病もありません。

でも、答えは残念ながら、その患者さんは『重症化する可能性が高い』です。

なぜでしょうか?

実は病院に治療する薬はない

ちなみにこの話、コロナウィルスに限らず、インフルエンザの重症化や死亡でも言えることだと思います。

一般的な病気に対する勘違いなのですが、基本的に西洋医学では、皆さん思っているよりも『ほとんどの病気の原因はわかっていません』

じゃあ、どうやって治療するんだ!という話ですが、そもそも病院って治療をしていないのです。

病気の原因はわからない。

でも、どんな症状があるかはわかりますよね?

例えば、インフルエンザだったら、高熱とか、咳とか、喉の痛みとか…

この症状に対して、高熱だったら、解熱剤。

咳なら気管支を拡張したり、痰を取ったり、通りをよくしたりして咳を止めます。

喉の痛みは抗菌だったりしますが、実はこれ、インフルエンザはウィルスなので、抗菌剤は効きません。

ですので、『もしかしたら菌にもやられるかも』というもしかしたらに対しての予防的な薬です。

コロナウィルスやインフルエンザの原因は不明ではなく、ハッキリとウィルスとわかっていますが、『ウィルス』を確実にやっつける薬はないのです。

インフルエンザはタミフルやリレンザなどがありますが、これも初期の頃に飲まなかったら役に立ちませんし、これもインフルエンザを確実にやっつけるのではなくできるだけ数を減らしてくれるものです。

では、新型肺炎やインフルエンザはどうやって治すのでしょうか?

これらを治すのは『自分の免疫』『自分の体力』なのですよ。

タバコや〇〇病と〇〇の薬を使っているとなぜ重症化するのか?

世界中どこを探しても新型肺炎やインフルエンザを治す薬はありません。

ついでにいうと、ほとんどの病気を治す薬は実はありません。

結局、病気を治しているのは自分なのです。

タバコを吸っているということは、ストレスが解消されようが、肺は確実に傷ついています。

新型肺炎は強力な敵。

肺は生きるために必須の酸素を貰うところ。

言わば、生きるための大事な基地です。

普段の健康な時は、歯磨きしてえずく程度だったとしても、コロナウィルスが攻めてきた時に、この基地がボロボロだったら、瞬く間にボロ負け。

肺がボロボロにやられるということは、5分でも途切れたら死んじゃう酸素がなくなること。

つまり、死んじゃいます。

そして、重症化するある病気。

これは、新型肺炎に限らず、あらゆる病気をターボをかけてブーストして、ものすごくひどくするもの。

それは糖尿病です。

糖尿病の怖いところは、糖尿病単体でも怖いですが、他の病気になった時に糖尿病がより状態をひどくすることです。

薬も使えないものがあったり、全然、効かなかったりと他の病気と合わさった時は最強です。

これも重症化したり、死んじゃうかもしれません。

ステロイドを常用している人も重症化する恐れがあります。

ステロイドを痒み止めと誤解している人がいますが、ステロイドはそんな便利な薬ではなく、自分の免疫を弱くして炎症を止めています。

つまり、コロナウィルスやインフルエンザウィルスと闘う免疫を弱めているので、長年、普段から常用している人は、免疫が弱い状態が普通になっているため、いざという時に負けてしまいます。

新型肺炎にあっても重症化しないための方法

そして、患者さんにお答えした『残念ながら重症化する可能性が高い』のは、この方、タバコも喫ってないし、糖尿病もありません。

ステロイドも使っていません。

うちでいろいろと治療していますが、病院で診断されるような病気はありません。

でも、漢方治療に当たって僕は全身の状態をみて体質を知っているので、答えがこうなりました。

つまり、普段から体力がなく、抵抗力が弱く、菌やウィルスに弱い体質なのです。

ですので、「新型肺炎にかかったら残念ながら重症化する可能性が高い」とお答えしました。

でも、だからダメなのではなく、普段のケアが必要なのです。

一番は、睡眠。そしてとにかく疲れないように体力を温存しておくこと。

間食も胃腸負担がありますので、間食せずに3食で消化の良いものを食べること。

これをこれからの期間、徹底して、もしかしても戦える準備を怠らないことです。

病院の薬でなんとかなるのではありません。

(新型肺炎は今後、ワクチンが開発されたら別かもしれませんが、おそらく有効なワクチン開発はサーズのことを考えると無理ではないかと思います。)

結局、自分の体が勝てるかどうかなのです。

●喘息(咳の発作)や気管支炎などでお悩みの方は、こちらの「漢方無料相談」から送信してください。

●お問い合わせは、こちらから送信してください。

●店頭相談のご予約は、こちらから、ご予約ください。(店頭も初回の相談は無料です)

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

病院では病気の原因がわからないってご存知でした?
医学の専門書や医学専門のネットサイトを調べても、実はほとんどの病気の原因って、「それっぽく」書いてあるだけで、よく読んだら「原因不明」なんです。
「インフルエンザに効く麻黄湯」という医者のデタラメな説明
インフルエンザに麻黄湯というのは体質を治療する本来の漢方からみれば、大ウソです。なぜ、ウソになるのか?その理由をお話します。