漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

漢方薬や鍼灸がWHOに認定されるが実際の日本の漢方の内情はボロボロ

治療や医学と言えば西洋医学のみしかないようになっていましたが、WHOに漢方が加わることになりそうです。

しかし、記事の内容を読んでみると漢方って本当に誤解だらけなんだなと悲しくなってきて正しい知識を広めたいと思いました。

また日本の漢方が加わるといっても、ほとんどの先生が体質をまともに診断できないなど、日本の漢方の内情はボロボロです。

そこで『それは漢方じゃない!チェックリスト』を作ってみました。

記事で以下の内容にひっかかりました。

産経ニュース 漢方薬や鍼灸など「伝統医療」WHOが認定へ 日本の漢方、地位向上へより引用:
日本の漢方は古代中国に起源があるものの、西洋医学と融合し、中国とは運用方法や処方の作り方も異なるなど独自の発展を遂げた。

中国の漢方と違って独自の発展を遂げた日本漢方西洋医学と融合したものではありません

それは現在の中国の中医学というものです。

なんか誤解されています。

日本漢方だけでない3種類の漢方

日本漢方は江戸時代後期の蘭学(西洋医学)が日本に入ってくるまで発展してきた漢方で、西洋医学と融合どころか西洋医学が入ってくることによって、その後は衰退していきます。

漢方の世界では、治療や体質の診断方法の違いなどで大まかに3種類の派閥があります。

みなさんが「中国4千年の〜」と知っている大元の漢方は正式には中国の伝統中国医学というジャンルになり、これを日本では古方と呼んでいます。

記事で書かれている「西洋医学と融合して〜」という医学は中医学のことだと思います。

日本の漢方じゃないっ!

日本漢方で体質を診断した結果のことを『証』と言い、中国の中医学で体質を診断、治療することを『弁証論治』と言い、どちらも診断や治療の方法が異なります。

日本独自で発展を遂げた日本漢方は、古方をベースに日本で独自発展したもので、江戸時代がピークでその後は衰退の一途を辿っています。

日本全国で漢方薬局と称して漢方相談している店のほとんどは中医学です。

保険適応の医者がやっている漢方は・・・よくわかりません。

日本漢方と中医学がぐちゃぐちゃに混ざっています。

そもそも、西洋医学の病名のマニュアルで漢方薬を処方するという意味不明な漢方です。

保険適応の漢方薬をやっている医者は自分が古方なのか?日本漢方なのか?中医学なのか?も知らないと思います。

ちなみに西洋医学と融合した中医学の西洋医学テイストは『西洋医学の病名で漢方薬をマニュアル的に処方する』という意味ではありません。

西洋医学の病態生理などと漢方の考えを融合するという意味なので、日本の医者がやっている病名マニュアルはメーカーが販売するために編み出した意味不明な方法で中医学のことではありません。

内情はボロボロの漢方業界

以前に週刊新潮 2017年09月14日号 40P〜 でもツムラの保険適応の漢方薬を医者がいい加減でおかしな方法で処方していることを糾弾する記事がありました。

ゴシップみたいに捉えている人もいるかもしれないですが、業界からみると寸分狂わず、事実です。

その関連の記事はこちらです。
ツムラが国民を欺いた!!漢方の「大嘘」について

医学としての地位が上がることは嬉しいのですが、記事、最後の文を読むと、

産経ニュース 漢方薬や鍼灸など「伝統医療」WHOが認定へ 日本の漢方、地位向上へより引用:
日本では昭和51年に147種の漢方エキス製剤が医療保険に適用。漢方医学は平成13年から医学教育に、14年からは薬学教育にも導入された。

と書かれていて、医療保険漢方薬大手のツムラの漢方薬を扱ってきた医者は『国民を騙してきた!』なんて書かれているし、医学教育に漢方医学が導入されたといっても、知人の医学生の話だと大学にもよるかもしれないですが、6年間で、たった6時間ほどらしいです。

また、薬学教育に導入されたといっても、昔、うちに弟子入りしたいと言ってきた薬学生は、漢方医学の先生に「もっとちゃんと勉強したい!」とお願いしたら、「学校ではさらーっと、ちょっとの時間しかしないから、真剣にやりたかったら自分で勝手に勉強してください」と言われてます。

内情はこんなショボい状態で壮大な誤解の日本漢方が世界で登録されるのか・・・と思うとなんともやりきれないです。

医学の建前と本音って本当、怖いです。

それは漢方じゃない!チェックリスト

そこでせめて、日々、日本漢方を実践している僕が『世間で漢方と思われてるけど、それは漢方じゃねーよ』というものをリスト化したいと思います。

【それは漢方じゃない!チェックリスト】

□ 保険適応の漢方薬で行われている西洋医学の病名でマニュアル的に漢方薬を処方しているのは漢方ではありません。

少なくとも漢方の理論や歴史の中でそんな方法は存在しません。

□ いくつかの症状をあ当てはめて漢方薬は選びません。「証」を診断し、それに合わせて漢方薬を選びます。

□「証」とは西洋医学の病名や症状のことではありません。全身の症状や生活全般の状態からを総合的に判断する東洋医学的な<病的体質のことです。>

□ ハーブは漢方ではありません。漢方薬の中でもハーブに属するものはありますが、ハーブと漢方は関係ありません。

□ 生薬を使ってる漢方系サプリメントは漢方ではありません。

★ハーブも漢方系サプリメントも漢方ではありません。
漢方とは生薬を使うことではなく証を診断し、それに合わせて漢方薬を選び、根本治療のための養生をアドバイスすること全部がセットになって漢方です。

で、ちゃんとした漢方でなかったらどうなるのか?

『医学として機能していないので治るか治らないかは運になります。
体質と漢方薬が合っていない場合は誤治壊病といって今の病気が漢方薬を飲むことによって更にこじれることもあります』

なぜ、みんな漢方じゃないのに漢方のフリしてやっているのでしょう?

真相は知りませんが、おそらく、漢方を勉強してみたけど、難解すぎてついていけず、当然、「証」なんかも診断できないので、自分に都合の良さそうなところだけとって漢方風漢方をやっているのだと思います。

WHOに登録されるんだから、いい加減、「なんちゃって漢方」はやめて、素晴らしい医学として本物の日本漢方を残していきましょうよ。

【引用先及び参考図書、Webサイト】
漢方薬や鍼灸など「伝統医療」WHOが認定へ 日本の漢方、地位向上へ(1/2ページ) - 産経ニュー:{◯陰陽五行説―その発生と展開 薬業時報社
◯中医診断学ノート 東洋学術出版社
◯図説 東洋医学 学研
◯漢方概論 創元社
◯漢方の歴史 大修館書店
◯中国医学の秘密 講談社

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

病院の漢方薬は効かないのか!?(病名漢方とは)
病名漢方とは漢方の医学理論を理解できない、もしくは、勉強したてか勉強すらしてない素人の方が西洋医学の病名だけで漢方薬を選ぶ、本来の漢方治療には存在しない方法のことです。
症状別で漢方薬を選ぶのは間違い!?(症状漢方)
病名漢方と同じで証という体質を診断せずに症状だけをあてはめて漢方薬を選び人がいますが、あれは根本から考えが間違っています。
では、漢方において症状とは一体何なのでしょうか。
ツムラが国民を欺いた!!漢方の「大嘘」について
ツムラが国民を欺いた!!漢方の「大嘘」週刊新潮の記事です。ゴシップでも大げさでもない真実。
人知れず病名マニュアル漢方処方の漢方薬の強い副作用でエライめに合っている人がたくさんいるようです。
ツムラの漢方薬は本当に効果が弱いのか?
「ツムラの漢方薬は3倍量飲まないと効かない」病院の先生も言ってたりしますが、本当のところはどうなのでしょう。漢方専門として考察してみました。
西洋医学の建前(理論)と本音(現実の診察)の差がひどすぎる
西洋医学は机上論的なテキスト上の理論と現場の医者の治療の差が激しすぎます。本当に根本的に治るために必要な情報とは何でしょうか。