漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

小柴胡湯の副作用である間質性肺炎は処方した先生が原因

『小柴胡湯という漢方薬が副作用として間質性肺炎を起こす』という漢方薬の副作用の話がありました。

この副作用の話が、病院の漢方薬が効かない、最も代表的な話ではないかと思います。

最近は、漢方薬にもシャレにならない副作用があることが知られてきましたが、未だに漢方薬は自然のお薬だから、長く飲んでも大丈夫だと思っている方もいらっしゃいます。

タチの悪いことに漢方薬を処方している医者でも、そう思っている人が多いので、本当にシャレになりません。

そこまで、漢方薬の副作用に対して、無知でなくとも、漢方薬の副作用というものが、どんなものかわかっていない自称、漢方の先生が、一杯います。

その象徴的なのが、『小柴胡湯という漢方薬が副作用として間質性肺炎を起こす』です。

漢方薬は長く飲み続けても大丈夫?

先日、うちで長い事、漢方薬を飲んでもらっている患者さんんから、質問がありました。

『漢方薬とっていも薬なので、長く飲んでいても大丈夫でしょうか?』という質問です。

どうも、ネットで『小柴胡湯の副作用で間質性肺炎になる』というものを見て、不安に思ったようです。

この話、うちのように病的体質である「証」を分析、判断して、漢方薬を選んでいる人間からするとエライ迷惑な誤解です。

『小柴胡湯という漢方薬が副作用として間質性肺炎を起こす』という文を見ると、まるで、小柴胡湯が怖い薬に見えますね。

でも、これ全く間違い。

小柴胡湯は何も悪くありません。

悪いのは、『小柴胡湯が合う体質かどうかを判断しないで飲ませ続けた医者』です。

簡単に例えれば、ピアノのヘタッピの人が、うまく弾けないことをピアノのせいにしているのが、『小柴胡湯という漢方薬が副作用として間質性肺炎を起こす』という結果になっているのです。

小柴胡湯という道具は何も悪くありません。

使い方がヘタッピの医者が使うからになったのです。

漢方薬は病名(西洋医学のルール)で選ぶものではありません

当たり前ですが、漢方薬は、何もかも西洋医学の薬とは違います。

西洋医学の薬は、あらかじめ、有効成分が、決まっていて、副作用も決まっています。

ところが、漢方薬は有効成分がわかっていません。どんな作用になるかも確定していません。

当然、副作用も決まっていません。

なぜなら、漢方薬は、『西洋医学のルールで使うものではない』からです。

漢方薬を使って治療する際には、当然、東洋医学の治療理論を使って治します。

どこの世界にボールの大きさが一緒くらいだからと、野球のルールでテニスをする人がいるでしょうか?

でも、病院で処方している漢方は、ヘタすると当の医者がおかしいとも思わずに平気でやっています。

漢方薬の副作用は漢方薬のルールで考えるのです。

漢方薬と、あなたの体質がズレると副作用が起こす

漢方薬の副作用は、あなたの体質と漢方薬が合っていなければ副作用となります。

ごく簡単に例えれば、温める性質の漢方薬を余分な熱がこもっている人に処方すると、余計な熱がより増えて、副作用を起こします。

暑い部屋(熱証という体質)に更に、おせっかいでストーブ(温める漢方薬)を持ってくるようなものです。

つまり、どの漢方薬であっても、『あなたの体質と漢方薬が合っていない』ことが副作用になります。

はい、もうわかりましたね。

小柴胡湯自体は、何も間質性肺炎を起こす作用を持っているわけではありません。

問題は、体質をみることができない無知な先生が、処方するからになったのです。

小柴胡湯は、僕らからしたら、非常に使いやすい、頼れる漢方薬です。

幼児が、拳銃、振り回しているようなものですね。

それを、拳銃だけのせいにするところが、また、どうなの?って話です。

ちなみに西洋医学の病名は、体質ではありません。

体質というのは、全身の状態、症状、生活状況などを全部、総合的に分析してだされるが体質です。

うちでは、証を分析するために55項目、250箇所の症状や状態にチェックいただき、更に生活環境、精神状態をお聞きして、あなただけの体質を判断しています。

例えば、アトピーとうには、数ある、全身の状態や症状のごく、ごく、一部でしかないのです。

漢方薬で副作用になる3つの条件

漢方薬で副作用になる条件は、以下のつです。

1 体質の分析、判断が間違っている。(病院はそもそも東洋医学的体質を判断すらしていない)

2 体質判断は、合っているが、選ぶ漢方薬が間違っている。

漢方薬は微妙な差の体質にも対応していますので、ちょっとした違いの漢方薬が、何種類もあります。

31」の体質の分析、判断も「2」の選ぶ漢方薬も、どちらも間違えている。

医者は、病名マニュアルだけで処方しているので、「3』に当てはまると思います。

体質はみれない(ただのマニュアル)

体質がみれないから、当然、選ぶ漢方薬も間違う。

それを、特にしっかりした医学的根拠なく(そもそも体質を分析してない)、飲ませ続ける。

小柴胡湯で間質性肺炎を起こす。

当たり前です。小柴胡湯が合うかどうか、漢方的なルールを無視して、飲ませ続けて、副作用にならないほうがおかしいです。

なので、『自分のへたっぴな漢方能力を棚に上げて、小柴胡湯のせいにしないで、小柴胡湯、エライ濡れ衣だから』ってことです。

漢方薬は小柴胡湯に限らず、この流れで処方されたら、誰でも何らかの副作用を起こす可能性があります。

まおうが含まれる麻黄湯、大黄が含まれる防風通聖散や桃核承気湯などの効果が強いものは、副作用もキツイです。

特に東洋医学的な体質の問診もせずに『インフルエンザには麻黄湯が効きます』なんて処方してきたら、『あっこの人、漢方がヘタッピなんだ!』と思ってもらっても差し支えないです。

漢方薬は、長く飲み続ければ、病気を治すだけでなく、病気にならない強い体づくりにも使えます。

でも、それは『生きているとドンドン、変わっていく体質』に対して選んだ漢方薬だけです。

『漢方薬は自然のものだから大丈夫!』的なテキトーな感じだったら、続けない方が、逆に安心です。

うちでは、季節や仕事のストレスなどで、どんどん変わっていく体質を1ヶ月ごとに常に判断し直して、その都度、体質を分析し、ベストな漢方薬を提案していますので、間質性肺炎になることはないと思います。

★当店では、しっかり全身の状態をみて、あなただけの体質を判断して、あなたに最適な漢方薬をお選びします。

→ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」からご相談ください。

→「お問い合わせ及びご来店、電話相談のご予約などはこちらまで。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
日本呼吸器学会雑誌第37巻第12号
東洋医学のルールに則って使用するはずの小柴胡湯なのに、東洋医学の体質のことなどは、一切、無視して、副作用を検証している資料です。参考まで。
特発性間質性肺炎の診断・治療ガイドライン
メルクマニュアル(家庭版)間質性肺炎の概要
メルクマニュアル(プロフェッショナル版)間質性肺炎の概要
◯今日の治療指針:医学書院

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

漢方薬の副作用が病院の薬より怖い理由
漢方薬の副作用は、体質と合っていない漢方薬を飲むと発生する可能性があります。つまり、東洋医学的な体質や効果も考えずに漢方薬を処方されている場合は、余計に病気がこじれていく可能性があるということです。
小柴胡湯(しょうさいことう)の効能効果
漢方薬で治したい人は「証」(体質)を知らなければ治らない
日本で漢方薬を処方している、ほとんどの先生が実は、やらないといけないのに、手を抜いて、やっていない事があります。これでは漢方薬は効果を発揮しません。