漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

処方箋に書いてある漢方薬の効果のように効かないのはなぜ?

『黄連解毒湯って口内炎に効くのですね!』と、うちの患者さん。

これ、ものすごい誤解なのですが、黄連解毒湯が口内炎に効く薬というわけではありません。

処方箋などでもらう漢方薬の説明書きや漢方薬の添付文書(薬の説明書)に「頭痛を改善するお薬です」なんて書いてありますが、あんなのは、実は嘘っぱちです。

なぜ、国をあげて、歪んだ漢方薬の効果を広めているのかわかりませんが、日本での漢方薬は本来の効果とは関係なく法的西洋医学的な医薬品の分類にせざるえないので、漢方薬の効果の説明がおかしくなっています。

例えば、下記の実際のツムラの漢方薬の処方箋の説明。

処方箋の苓桂朮甘湯の説明から引用:
この漢方薬は気分を落ち着かせ、体内の余分な水分を取り除く効果があり、動悸、めまいなどを改善します。
★めまい、動悸、息切れ、神経質、ノイローゼ、頭痛を改善する漢方薬です。

効能効果の説明書きは、すばらしいですね!!

気分が落ち着かない。動悸、めまい、息切れ、ノイローゼ、頭痛を改善すると言い切っています。

化学品でキツイはずの西洋薬のシュランダーですら、「めまいを抑える」と控えめに表現していますが、苓桂朮甘湯の方が、はるかに効きそうな感じですね。

だったら、なぜ、苓桂朮甘湯1本にしないのでしょうか?

実際、苓桂朮甘湯でさっき書いてあった症状が全部、治った人ってどれくらいいます?

こんな体質も見ないでマニュアル的に処方された人で実際、治った人なんて、現実には、ほぼ、いないと思います。

結局、「漢方薬を飲んでいるけど効果がよくわからない…」なんて感じになっていると思います。

なぜなら、漢方薬はその漢方薬の条件として書いてある症状を改善するものではないからです。

漢方薬に直接、症状を治す効果も成分もない

漢方薬は、西洋医学とは薬の効果も治療方法も全く考え方や効き方も違うものです。

先ほどの口内炎の方の話に戻りますが、黄連解毒湯を飲んで口内炎が治ると、黄連解毒湯は口内炎に効果のある薬と思いますよね。

西洋医学の薬の考え方からすると間違っていないのですが、漢方はそうではありません。

黄連解毒湯は、口内炎に効果があるのではなく、肩から上の上焦とよばれる場所のこもった熱を下げてくれる効果なのです。

ですので、顔にこもった不要な熱が原因で口内炎が発生している場合は、黄連解毒湯で治りますが、口内炎の原因が不用な熱のこもりでないのに、黄連解毒湯を一生懸命、飲んでいたら、黄連解毒湯の熱を下げる効果で胃が冷やされて胃痛になったりします。

ちなみに口内炎は、

  • 上焦の熱で口内炎になるタイプ。
  • 上焦の熱と便秘で口内炎になるタイプ。
  • 上焦熱と上焦の気の滞りと下痢で口内炎になるタイプ。
  • 肝の臓に熱がこもって口内炎になるタイプ。
  • 胃に不用な熱がこもって口内炎になるタイプ。
  • 胃もたれなど胃が弱って口内炎になるタイプ。
  • 血が不足して口内炎になるタイプ。

などなど、まだまだ、タイプ別の原因があり、口内炎で効果があると考えられる漢方薬は、22種類位あります。

黄連解毒湯に口内炎を治す成分があるわけではなく、上焦熱の口内炎だったら黄連解毒湯が効く可能性が高いというだけです。

病名や症状に合わせても漢方薬が効かない理由は、このためです。

考え方が逆になちゃっているのですね。

口内炎に効く効果の漢方薬を探すのではなく、『あなたの口内炎がどんなタイプの原因なのか?』

これがわかれば、その体質タイプを治す漢方薬があります。

体質と合っていなければ結局、治らない

さっきの保険適応の漢方薬の苓桂朮甘湯の効果の説明では、めまいから動悸から、なんでも治せそうな感じで書いてありますね。

ところが、実際は、3ヶ月、4ヶ月と体質を合っていない人は、いつまでたっても。よくなりません。

これも黄連解毒湯と同じで、苓桂朮甘湯に、めまいやら動悸やら気分を治しくれる成分があるわけではなく、『苓桂朮甘湯が合うタイプの体質であれば、効果がある』というだけで、苓桂朮甘湯が合わない体質や原因だった場合は、まったく効かないか、より症状はひどくなります。

なので、この説明は、僕ら専門家からすると、厳密には詐欺レベルです。

だって、治らない人は、どれだけ続けて飲んだって治りませんから。

ちなみにめまいが起こる体質タイプは30種類ほどあり、苓桂朮甘湯は、そのうちの『頭に水と気が上がって滞り、消化器系の水の巡りが悪く、血が不足気味なことが原因で、めまいが、起こるタイプ』だったら効果を発揮しますが、この条件でなかったら、他にも29種類あるので、他の原因の漢方薬を選んだほうがよいでしょう。

これも、合ってないければ、3ヶ月飲もうが、合ってない漢方薬は、何年飲もうが効いてきません。

それどころか、副作用で変な体質になっていくと思います。

漢方薬の効果は西洋薬の効果とは別物

西洋医学の医学の場合は、例えばビタミンB2不足なら、ビタミンB2を飲めば治ります。

ですが、口内炎だからといって、黄連解毒湯を飲んでも、熱のこもりが原因で口内炎が起こっているのでなければ、黄連解毒湯の効果は1mmもありません。

漢方薬の効果は、◯◯の症状を抑えたり、治したりするものではなく、体全体の体質を整えることによって、口内炎なども治ったりします。

だから、逆に何か一つの症状だけをピンポイントで治すなんてことはできません。

漢方薬を飲む場合は、病気や症状に合わせるのではなく、自分が、どんな原因で、その症状が起こったのか?を考えて選ばないと、まったく意味がないのです。

★当店では、全身の状態をしっかりとみて、あなただけの体質を判断して、あなたに最適な漢方薬をお選びします。

→ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」からご相談ください。

→「お問い合わせ及びご来店、電話相談のご予約などはこちらまで。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ ツムラ医療用漢方製剤マニュアル
◯ オースギ医療用漢方製剤マニュアル
◯ 漢方方意辞典:緑書房
◯ 類聚方広義解説:創元社
◯ 勿誤薬室方函:創元社
◯ 漢方診療医典:南山堂
◯ 漢薬の臨床応用:神戸中医学研究会
◯ 中医処方解説:神戸中医学研究会

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

めまいに使う漢方薬
めまいを治療する際に効果的だと考えられる漢方薬の紹介です。五苓散や苓桂朮甘湯だけではありません。
メニエール病(めまい)の漢方治療の方法
苓桂朮甘湯や五苓散がメニエールに効く漢方薬だと勘違いしている人がいますが、そんなことはありません。漢方は体質別で治していきますので、その方の体質によって他にもいろいろな漢方薬が考えられます。
漢方薬の「効能効果」の説明を参考にしても意味がない!?
漢方薬の効能効果に書いてある症状を治してくれると誤解している人がいますが、漢方薬の効能効果に書かれている症状と、その症状が治るかどうかは実は全く関係がありません。