漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

アトピーを漢方薬で治す方法

ご存知のように、新しい皮膚は、体内から作られていきますので、アトピー性皮膚炎は、皮膚表面だけの問題ではないです。

ですので、皮膚表面にステロイドを塗り続けても、体内の問題には、何ら取り組んでいないので、病院で完治するなんてことは理屈的にもありえません。

病院のアトピーの治療

皮膚科ではアトピー性皮膚炎は、皮膚だけの問題だと考えて、ステロイド剤などを処方します。

ステロイド剤は、皮膚表面限定の治療となり、おまけにステロイド剤が効いてる間だけ、湿疹や痒みを止めているだけなので、ステロイド剤の効果の時間が切れれば、アトピー性皮膚炎は再発します。

そこで、病院ではアトピー性皮膚炎を完治させようとして、漢方薬を使いますが、この漢方薬の使い方が、まるでデタラメです。

病院の漢方では、十味敗毒湯や消風散をマニュアル的によく処方しますが、十味敗毒湯や消風散の効果は、かゆみ止めの成分が入っているわけでもないし、アレルギー反応を抑えるものでもありません。

十味敗毒湯の効果は、『表の熱証の清熱』という皮膚表面の熱を取り去り、『表の湿証の利水』という、皮膚表面のジュクジュクしている不要な水を巡らせて、ジュクジュクと取り除きます。

『胸脇熱の証の清熱』といって、胸や肝の臓に熱がこもって、気が滞っている熱を鎮めて、気を巡らせます。

こういった効果の結果として、湿疹やかゆみが、徐々になくなっていきます。

医者がやっているような、病名マニュアルだけ見て、対して理由も根拠もなく『アトピーに十味敗毒湯を処方する』なんて方法は、漢方治療には、存在しません。

逆に、乾燥して、血が出るタイプや、赤く腫れて盛り上がるタイプのアトピーの人は、水でじゅくじゅくになっていないので、十味敗毒湯で水を巡らされたら、余計に皮膚の状態が悪くなります。

アトピーといっても、いろいろな体質の人がいて、漢方には『アトピー』なんて体質の人はいません。

ステロイドは、かゆみを一時的に、ごまかすものだし、医者がマニュアルで処方する漢方薬は体質も見ないで処方するので、治るかどうかもよくわからないというのはが、現在の皮膚科のアトピー性皮膚炎の治療です。

本当のアトピーの漢方治療の方法とポイント

それでは、本来のアトピー性皮膚炎の漢方治療の方法を紹介します。

ここからは、本当の漢方治療の方法です。

まず、『どの程度、アトピー性皮膚炎がひどいのか?重いのか?』をみます。

ステロイド剤をガン!ガン!使ってきた人と、ステロイド剤を使っていないけど、湿疹がひどい人や、春と秋だけ、ひどくなる人など、本当にいろいろなアトピーの人がいます。

特に現在、ステロイドを使っているかどうかで、漢方治療の方法は、大きく変わってきます。

なぜなら、ステロイド剤は、塗れば、誰でもかゆみや湿疹がなくなる薬です。

そもそも、ステロイドの役割は、アトピーの完治ではなく、一時的にかゆみや湿疹を消すことですから。

ここで、アトピーの方は、イメージしてみてください。

いつものステロイド剤と十味敗毒湯を何の体質診断もなしに、医者から処方されました。

ステロイドの、かゆみと湿疹を一時的に無くす効果は、漢方薬の比ではありません。

つまり、ステロイドを塗っている限り、一時的にせよ、かゆみと湿疹は、一定時間はなくなるわけです。

これ、どうやって、漢方薬が効いているか判断します?

全身の症状や体の状態を全部、調べて、体質に合わせて漢方薬を選んでいる場合は、他の体の部分の変化をみて、十味敗毒湯などの漢方薬が効いているかどうかを調べることができますが、病院の漢方薬のように、体質も何も調べないで処方している場合は、実は最初から、十味敗毒湯にどんな風にアトピーを治すのか、何もわからずに処方しているのですよ。

ですので、アトピー性皮膚炎を漢方薬で治療する場合、ステロイドを使用しているかどうかを調べることは、完治できるかどうに深く関わってくるのです。

ステロイドを使っている場合は、いち早く、減らしていく方法と同時に治療を考えないといけないし、他の体の部分を分析して、本当に漢方薬が効いているのかを確認する必要があります。

漢方薬は「なんとなく、長く飲んでいたら、なんとなく完治する」なんて、メルヘンな薬ではありません。

ステロイドと漢方薬を同時に処方した上で、ステロイドの塗り方や減らす計画、どのように漢方薬の効果を確認していくかを説明されてない場合は、メルヘン脳で処方している可能性があるのでご注意ください。

ステロイドを使ってない場合は、純粋に漢方薬の効果で、湿疹、かゆみが、どの程度、治ってくるかをみることができます。

どちらにしても、漢方の場合は、かゆみを止めるために、漢方薬を選ぶわけではありません。

全身をみて、東洋医学的なかゆみや湿疹を発生させている原因である証を導きだします。

その人独自の病気の原因である『証』が分析できたら、その証(原因)を治せる漢方薬を選ぶのは難しいことではありません。

逆に『証』(原因)がわかってないのに、漢方薬を選ぶことは不可能です。

漢方的なアトピーの原因(証)

漢方では以下のような証(原因)が、複数重なってアトピー性皮膚炎が起こっていると考えますので、その人の証を診断します。

以下が、全てではないですが、アトピー性皮膚炎の原因となる証(体質)です。

【上焦の熱証】 顔に湿疹が集中しやすかったり、おでこや頭皮の部分の湿疹がひどかったりと肩から上の体上部に熱がこもって、その不用な熱を発散させようとして、湿疹、かゆみが起こるタイプの原因(体質)です。

後で出てくる「胸脇の熱証」などが併発していることが多かったり、水滞の証と合わさると、湿熱の証となり、湿疹が膿みやすかったりします。

【表の熱証】 皮膚表面、手足や首が熱をもって、常に、ほてっている状態に起こるタイプの原因(体質)です。

皮膚も全体的に赤みを帯びていて、熱のせいで、体力が常に奪われます。

【胸脇の熱証】 胸あたりの熱と気の巡りが悪くなり、その熱が顔にあがっていて、気が滞ることによって、胸あたりの赤みや湿疹を発生させるタイプの原因(体質)です。

首に湿疹がたくさんできるのは、胸脇の熱証と上焦の熱証が合わさった原因の場合が多いです。

【燥証】 熱証が、長く続くと、皮膚は乾燥し、少し掻いただけで、皮膚が破れて血が出るタイプの原因(体質)です。

カサカサした状態は、皮膚が黒ずむ色素沈着を起こし、かゆみはより増します。

【瘀血の証】 血の巡りが悪くなり、血の巡りが悪くなると、熱を持つところと、冷えるところが、まばらに現れ、主に手足での湿疹がひどくなります。

排卵期や月経前に湿疹やかゆみがひどくなったりと、ホルモンリズムと連動するタイプの原因体質です。

【水滞の証】 水の巡りが悪くなって、ジュクジュクの汁が出やすい湿疹が起こるタイプの原因体質です。

このタイプは、湿疹の治癒が遅く治りにくいです。

ステロイドを使っていると、ステロイドもこのタイプになる原因になります。

脾虚の証という消化器が弱っている体質タイプを併発しやすく、消化器がやられていると、皮膚を回復させる力はより、弱まります。

【脾虚の証】 胃や腸など、消化器全般が弱っていることで、皮膚の再生や回復がうまく進まないタイプの原因(体質)です。

水滞の証と併発しやすく、上焦の熱証とも併発しやすく、【脾虚の証】+【水滞の証】+【上焦の熱証】と原因が3つ重なると、結構、やっかいです。

気になる漢方薬の効果は?

漢方薬の効果は、つまりは、その「証(原因)」を治すということです。

ややこしいですが、例えば、水滞の証なら、水が滞っているので、水の巡りを促し、瘀血の証なら、血の巡りを促します。

なので、アトピー性皮膚炎の漢方治療で重要なのは、体質をどれだけ正確に診断できるか

これにかかっています。

体質さえ正確に診断できれば、使える漢方薬は自ずと決まってくるのですね。

ということで『アトピー性皮膚炎だったら十味敗毒湯や消風散』というのはあまりに低レベルで浅いマニュアルの選び方なので、そんな方法では、都合よく治らないことがわかっていただけると幸いです。

●ご相談ご希望の方は、こちらの「漢方無料相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
アトピー性皮膚炎(湿疹) メルクマニュアル(家庭版)
アトピー性皮膚炎(湿疹)(プロフェッショナル版)
アトピー性皮膚炎診療ガイドライン 2016 年版
よくわかるアトピー性皮膚炎
◯ 今日の治療指針:医学書院
◯ 治療薬マニュアル:医学書院
◯ 今日の治療指針:医学書院
◯ 治療薬マニュアル:医学書院
◯ツムラ医療用漢方製剤マニュアル
◯オースギ医療用漢方製剤マニュアル
◯漢方方意辞典:緑書房
◯漢方診療医典:南山堂
◯漢薬の臨床応用:神戸中医学研究会
◯中医処方解説::神戸中医学研究会
◯平成薬証論:メディカルユーコン

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter