漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

病院の漢方薬の処方には毎度ウンザリさせられる

最近、漢方薬が流行っているせいか、以前よりもより、漢方をまーッたく!理解していない医者が、漢方薬を処方することが増えました。

先日も、近くの医院が副鼻腔炎(蓄膿症)の方に漢方薬を処方していたのですが、何せ、医者の漢方って東洋医学的な問診もとらないデタラメな方法で処方してます。

デタラメな方法というのは、具体的に説明すると、ただ単にツムラなどの「漢方薬メーカーから貰ったマニュアル」「東洋医学的には関係ない科学的な臨床データ」及び「たまの漢方の勉強会で小耳にはさんだ小ネタ」などのちょっとした情報を元に処方する方法ですが、「方法」にすらなっていないですね。

もはや素人同然です。

医者はなぜ、よくわかっていない漢方薬を無理して処方するのか?

その医院、数年前まで花粉症に小青竜湯しか処方していない感じだったのですが、この最近、何種類かの漢方薬を処方するようになりました。

小青龍湯のみではなくなったと言えども、「この状態になんでこの処方???」みたいな、おもしろ処方であることに変わりはありません。

ある患者さんが、その医院の病院の薬と漢方薬の併用←(これも意味がわからない)で1ヶ月ほど飲んでいましたが、なんかスッキリと良くならないので、うちに来られて、僕が合わせたもので10日ほどで、よくなりました。

そもそも、病院の薬も効いてないのです。

これ、別に「うちの漢方薬がすごいよ」ってわけではありません。

漢方薬は、その都度、その人の体質に合わせていかなくちゃいけないので、体質と合いさえすれば、ちゃんと治るのです。

何が問題って、医者が漢方薬で治せているかどうか以前に『自分で漢方の医学理論をよくわかってないことを自覚している医者』が、『なぜ漢方薬処方をしてるの?』ってことです。

漢方の医学理論を日夜、一生懸命勉強して、それでも漢方の治療の腕がイマイチというのは、治療的にダメですが、まだ、しょうがいないと思うのですが、気持ち悪いのはツムラなどのメーカーから貰ったマニュアルとか、メーカー主催の勉強会に、ちょこっと顔を出した程度で、漢方薬を処方していることです。

これって患者さんや漢方治療をバカにしているように見えるし、その姿勢が理解できないのです。

(ちなみに僕はツムラの資料も読んでいますし、医師が参加しているツムラの勉強会にも何度か参加しています)

医大で漢方のことは勉強しない

医者は医大で漢方の勉強はしません。

この前、現役の医学生に聞いた話しです。

ほんの少しの時間だけ漢方もどきな講義もないわけではないですが、そのわずかな時間も漢方の治療理論ではなく、生薬の化学的な勉強だったりして、少なくとも漢方治療とは全く関係ない内容だったりします。

その医学生が先生に「ちゃんと漢方を勉強したい」と申し出たら、医師の履修過程には漢方はないから、自分で勝手にやってくれと言われたそうです。

これは薬剤師になるための薬大でも状況は似たようなものです。

よく、ツムラのサイトに「漢方薬の副作用のことで、不安があれば医師に相談してください」みたいなことが書いてありますが、別にちゃんと習っていない人に聞いてどうするの?って思います。

こんなこと言うと、あれなんですが、『治るか、治らないか、なんてどうでもいいから、とにかく安い漢方薬がほしい』って言う人は、保険適応の医者の漢方薬が、双方の利益が合致しているので向いていると思います。

医者は漢方薬を使って治療できる知識も腕もありません。しかし安売り(保険適応)ができる。

安い漢方薬が欲しい人にとって、『治るための相談』なんて面倒かもしれませんし。

最早、漢方治療ではなく、ただ単に漢方薬をお試し飲みするだけの世界にはなりますが、互いの利害は一致しています。

漢方薬は効果が高いかどうか?が問題ではない

ツムラの漢方薬自体は偽物ではないです。

生薬の品質が良いか悪いかは別として。

漢方薬自体は偽物でなければ効果がありますので、が良ければ病院の漢方薬でも治ると思います。多分…

僕らが困るのは真剣に相談しながら、治療している人の間に漢方をよくわかっていない医者が勝手に割り込んでくること。

こっちの世界ではなく、そっちの世界の『漢方薬のみで治療できるなんて医者も患者も思っていない者同士』で「適当なマニュアルの漢方薬処方を勝手に税金無駄に使って、楽しんどいて」と言いたいです。

医者は漢方をわかっていないことを自覚したほうがいい

よくあるのですが、風邪なんかで、病院にかかったら漢方の医学理論を知らないのに漢方薬を処方することがあります。

そこまでは「勝手にすれば」という感じ。

問題は、ここから、『うちの病院の漢方薬は強いやつだから、他で飲んでいる漢方薬は止めて』って指示してるのです。

別にこれも、ある意味、間違っていないです。

先表後裏といって、漢方では表の病から先に治すという法則があるので。

問題は何かというと、『うちの漢方は…』と説明しておきながら、その医者本人が『漢方自体のことを実は、分かっていない』ことが大問題なのです。

なぜ、わけわかってないと言えるかというと、漢方薬を選ぶために必要な全身の問診をとっていないからです。

もはや、この時点で漢方治療としてはアウト!!です。

そして、元々、その患者さんに、うちから出している漢方薬の種類や体質をまったく聞こうともしません。

そんな重要なことを知ろうともしないで、漢方薬を処方するところが、漢方治療をわかっていなことを自ら証明しています。

『何の漢方薬をを飲んでいるのか?』も知らないし、『自分が処方する漢方薬の本来の効能効果や治療のこと』も、何もかも分かっていないのです。

つまり、まるで子供が訳も分からずに大人のマネをするように、誰かの受け売り(漢方薬メーカーなど)を腹話術のように、ただ単に説明してるだけ。

うちの患者さんは『漢方治療とは何か』をなんとなく理解されている頭の良い方が多いので、こんな事態になったときに『お医者さん、こんな、意味不明なことを言ってますが、どうしたらいいですか?」って飲む前に僕に確認の電話連絡をしてくれます。

『患者に気を使わせてんじゃねーよ!』という感じ。

そんな風に患者さんを困らせているの知らないんだろうな。

漢方薬を販売ではなく治療として使いたいなら、せめて少しだけでも、勉強しようよ

ルーティンワークを回すの必死で、そんな気はサラサラないだろうけど。

★当店では、全身の状態をしっかりとみて、あなただけの体質を判断して、あなたに最適な漢方薬をお選びします。
遠方の方の遠隔治療や相談も行なっています。お店に来れない方もぜひ、ご相談ください。

●ご相談ご希望の方はこちらの「漢方無料相談」からご相談ください。

●「お問い合わせ及びご来店、電話相談のご予約などはこちらまで。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ 漢方概論:創元社
◯ 漢方臨床ノート(論考編):創元社
◯ やさしい中医学入門:東洋学術出版社
◯ 中医診断学ノート:東洋学術出版社
◯ 中医処方解説:神戸中医学研究会

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

体質を分析しないで選んだ漢方薬が効かない理由
病院で処方された漢方薬を飲んでもいいですか?
「何も問診もされず、唐突に病院で漢方薬を処方されたのですが、飲んでもいいのでしょうか?」という質問がうちの患者さんからよくあります。この答えは飲んで良い場合、飲んではいけない場合があります。
問診も取らずにどうやって漢方薬を選ぶのでしょうか?
以前に病院で漢方薬を処方してもらっていた患者さんからの素朴な疑問です。なぜ、問診もとらずに数百種類もある漢方薬の中から1つを選ぶことができるのか?答えを考えてみました。
漢方薬の副作用が病院の薬より怖い理由
漢方薬の副作用は、体質と合っていない漢方薬を飲むと発生する可能性があります。つまり、東洋医学的な体質や効果も考えずに漢方薬を処方されている場合は、余計に病気がこじれていく可能性があるということです。