漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

漢方薬の効果の証拠(エビデンス)ってどんなもの?

近頃、普段は漢方薬を処方しているけれど、実は病気を治すための漢方の医学理論のことは「ちーーーっとも知らないっ!」という医者達も、なんとなーく、『漢方薬は、体質に合わせて選ぶもの』ということに、うすうす気づいてきたようで、病院のホームページなんかを見ていると、『漢方治療は「証」という病気の体質を診断し、その「証」に合わせて処方します』なんてことを書いていたりします。

びっくりしたのが、その病院のページを見ていたら、『風邪には、葛根湯や麻黄附子細辛湯』とか、『ダイエットに防風通聖散』とか、「胃腸のトラブルに六君子湯』などを使用します。なんていう例を書いています。

素人の方は、おかしく思わないでしょうけれど、このって『体質を分析できる漢方医だったら、そんな例、恥ずかしくて、絶対書かねーよ』っていう例なのです。

なぜ、恥ずかしくて書かないか?

だって、この例って、バリバリのマニュアル本を見てしか漢方薬を処方できない人のテンプレの例なんです。

本格的に体質を分析できる先生から見たら、『実はぜーんぜーん、漢方ってわかりません!』とカミングアウトしているようなものです。

ホームページで公式にカミングアウトされても…って感じですよね。

病院のマニュアル適当漢方処方

あなたも医者達も、なんとなーく、漢方薬って体質に合わせないといけないものということを知っています。

で、現状は、『はい、これがあなたに合わせた漢方薬です』って、実は、何の根拠もなく処方されていたりします。

先日も、ある相談で、『病院から、漢方薬を処方されていますが、一度も体質を診断されたこともないし、漢方薬の効果の具体的な説明もされたことがないし、何より、飲んでから体調が悪いのですが、とにかく、漢方薬は続けないといけないと言われていますが、本当にこれでいいのでしょうか?』とありました。

この質問は、うちでは特にめずらしい質問ではなく、過去にいくつも、この質問を受けました。

病院で漢方薬を処方してもらっている人だったら、みんな、同じような悩みを持っていると思います。

平たく言えば、『何の根拠もなく、漢方薬を処方している』といってもいいと思います。

医者側からすれば、「マニュアルの効能効果に、病気や症状が書いてあるよ」ってなものでしょうが、漢方と西洋医学は治療理論が全く別物なのですよ。

西洋医学の薬のエビエンス

病院の治療には、エビデンスがあります。

「科学的根拠」や「治る確率」となるものですね。

お薬なら、どんな成分が、体のどこの部分に、どんな風に効いて、症状が抑えられるのか。これがきっちりと科学的、理論的にわかっていることがエビデンスです。

医者がよく、医者じゃない人が書いた健康記事には「エビデンスがないっ」なんていってるのは、そこに医療の専門的な理論や根拠がなかったりするからです。

当たり前ですが、薬は毒になることもあるので、科学的に信頼できないと安心して飲めないですよね。

とは言え、余談ですが、実は病院のお薬の科学的根拠って、どの薬も、ネズミ、ウサギ、ネコ、イヌに効いたことを証拠って言ってるのですけれど…

それはおいといて、当然、治療するからには、医者はちゃんとした根拠があって、お薬を処方するわけです。

「なんとなく、この薬だったら効きそう」なんてことで薬を処方したりはしてないということです。

漢方と西洋医学は別物の医学

漢方薬の効果のエビデンスってどんなものでしょうか?

実は漢方薬のは、中身の成分を西洋医学風に研究されています。

でも、漢方薬の成分って、成分だけでみると、どれも似たり寄ったりで、研究の世界では、結局、どの成分が、どう効いているのか、全くといっていいほどわかっていません。

漢方薬に桂枝湯というものと桂枝加芍薬湯というものがあるのですが、この2つの処方、中の芍薬の量が違うだけなのです。

なのに、これらの漢方薬を使用する病気や体質は、全く違ってきます。

これを成分で分析すると、成分は全く同じにも関わらず。

どうも、医者などは、漢方薬は古臭いものだから、今の科学でちゃんと調べないと、考えているみたいですが、そもそも、西洋医学の薬と漢方薬は使い方も効果の考え方も何もかも違います。

『漢方は2千年前に、すでに診断方法や使い方も決まっている』のです。

今の病院のお薬の治療は、漢方治療が行われてから1800年後に行われるようになります。

もっかい言っときます。病院の薬は漢方薬で治療していた1800年後からです。

→漢方には漢方の医学理論があって、そのルールにしたがって、治療しないと漢方薬で治すことはできません。

漢方からすると、ゼロ一つもキャリアが違う、西洋医学にガタガタと言われたくないのです。

漢方のエビデンスとは

漢方薬のエビデンスとは、西洋医学のような「血管を拡張する」とか「ステロイド剤で免疫機能を抑制する」とか、そんな部分的で科学的なものではありません。

漢方は、『水を巡らせる』『熱を発散させる』『温める』などが、効果であり、そのエビデンスは、2000年の経験です。

2000年間、漢方の効果の考えた方に基づいて、いろいろな体質の人に漢方薬を使っていったら、ある漢方薬は、体を温めたけど、違う人が、その漢方薬を飲んだら、のぼせて鼻血が出た。

「なぜ、同じ、体が温まって病気が治る人と、のぼせて鼻血が出る人がいるのか?」その体質の差を徹底して研究してきました。2000年間も!

長い間、たくさんの人を、ある体質のルールに基づいて、実際に漢方薬を使い、漢方薬を飲んだ後の様子を観察するということを何度も、何度も繰り返してきたら、だんだんと、どんな体質の人には、どんな漢方薬が合うのかが理論的にわかってきたのです。

それが、漢方の治療理論です。

なので、漢方薬の効果のエビデンスは、温めたり、冷やしたりする寒熱の調整や血を巡らせる、水を巡らせる、気を補うというものが効果の根拠となります。

漢方薬の効果は、「マニュアルに書いてある病気や症状をなんとなく治してくれるんじゃない?」なんて、いい加減なものではなく、冷えている人だったら、温める効果の漢方薬を合わせる。というのが、漢方のエビデンスなのです。

となると、まずは、『患者さんの体質が何なのか?』が、わからないと漢方薬を合わせることができません。

体質は、「足が冷える」とか、「のぼせる」といった症状でも「アトピー」とか、「無月経」といった病名でもありません。

体の熱や冷え、水や血や気の流れ、漢方的な内臓がどんな状態になっているのかを症状や状態から分析するのです。

体内の状態を分析することが体質を診断することで、その状態を調整するのが、漢方薬ですので、体質を診断するということは、『その漢方薬を飲んでもらうエビデンス』にもなるということですね。

『どこかのメーカーがネズミの実験を元に作ったマニュアルの病名や症状があてはまる漢方薬』なんてエビデンスがないのと同じで、それは漢方的には、ただのあてずっうと言います。

体質を診断せず、漢方薬の東洋医学的な説明もない漢方薬の処方では、治るのをラッキーで待つか、体質と合っていない漢方薬で更にややこしい病気になるかしかありません。

漢方薬の副作用に関して、詳しくは「漢方薬の副作用が病院の薬より怖い理由」をお読みください。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯漢方の歴史:大修館書店
◯図説東洋医学:学研
◯中国医学の秘密:講談社
◯陰陽五行説:薬業時報社
◯まんが漢方入門:医道の日本社

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

漢方薬の副作用が病院の薬より怖い理由
漢方薬の副作用は、体質と合っていない漢方薬を飲むと発生する可能性があります。つまり、東洋医学的な体質や効果も考えずに漢方薬を処方されている場合は、余計に病気がこじれていく可能性があるということです。