漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

漢方の体質診断は症状を当てはめずストーリーで考える

漢方薬を体質に合わせて、選ぶということは、皆さん、ご存知ですが、実は病院で漢方薬を処方している医者も、間違っているし、漢方薬の一般的な説明でも間違っています。

ネットで漢方薬を調べてみると、漢方薬の効能効果のところに、いろいろな症状が書いてあります。

例えば、ツムラの当帰芍薬散の場合、

ツムラ 薬のしおり 当帰芍薬散23番より引用
この薬の作用と効果について
この薬は漢方薬です。あなたの症状や体質に合わせて処方してあります。 貧血、倦怠感、更年期障害、月経不順、月経痛、どうき、妊娠中の諸症状の治療に使用されます。 通常、筋肉が一体に軟弱で疲労しやすく、腰脚の冷えやすい人に用いられます。

タイトルに『この薬の作用と効果について』と書いてありますが、読み進めていくと、いろいろな症状が書いてあって、最後に『〜どうき、妊娠中の諸症状の治療に使用されます』と書いてっあって、よくよく読んでみると、作用や効果ではなく、「こんな感じの症状を持っている人に使います」とだけ書いてあるのです。

普通、効果や作用というのは、『血管を拡張する』とか『痛みの物質を遮断して、痛みを止める』というものです。

頭痛の痛みを止める効果や作用『頭痛の人に使用されます』効果と言われても意味がわからないですよね。

これでは、1mmも効果や作用の説明になっていません。

漢方薬の効果の説明は、そんな意味不明なことになっています。

詳しくは「漢方薬の「効能効果」の説明を参考にしても意味がない!?」を読んでみてください。

漢方薬は症状をあてはめて選びません!

漢方薬は本来は、全身のいろいろな症状を材料にして、体質を考えていきますが、この時に、勘違いしてしまうのは、『ある症状があるか?ないか?』だけで考えてしまうのです。

なぜなら、それが効果?だと思っているから。

先日、あるうちの患者さんが、微熱がある感じで、のぼせも強いが、体温を測ったら、体温が低く、胃の状態もよくないという状態がありました。

その時は、「虚熱の証」と「気の上衝の証」という原因だと判断し、体上部に上がった気を下げて、水の巡りを整える漢方薬にプラスして、補助的に体力を補い、体を温める漢方薬を合わせました。

それから1週間ほどして、また、同じような状態に陥りました。

患者さんは、「前と同じ症状なので、前と同じ漢方薬をいただけませんか?」とおしゃっられたのですが、僕は、今回は、違う漢方薬を処方しました。

なぜ、同じ症状なのに、違う漢方薬になるのでしょうか?

病気のきっかけで選ぶ漢方薬は変わる

現在の病的な体質になるまでには、ストーリーがあります。

前回の場合は、肉体的な疲れがあって「微熱感」、「のぼせ」、「胃の状態がよくない」というものがありましたが、今回は、同じ症状が起こるまでのストーリーとして、会社でのストレスがありました。

逆に肉体的な疲れはありませんでした。

つまり、結果として症状は同じなのですが、症状を発生させた原因になるものが違います。

今回は、より、気の滞りが激しいところから起こっていて、あまり、温めることがよくない体質だったので、前回と今回は、症状は、ほとんど同じなのですが、飲む漢方薬は、変わってくるのです。

病名をマニュアル的にあてはめているだけの病院の漢方薬では、考えられないでしょうが、漢方の診断では、こういった分析をするのは、当たり前です。

漢方と西洋医学の決定的に違うのは、今、確認できる症状だけを切り取って、診るのではなく、何から、その症状が発生したのかを1つの原因として考えることです。

病気に限らず、どんなことでも、起こっている原因というものがあって、その原因の結果、今の症状が発生しているのですね。

体質を分析するためのその人の病気のストーリー

漢方薬は病名や症状に合わせて選びません。

さっきの症状、「微熱感」、「のぼせ」、「胃の状態がよくない」は、ケースによっては風邪の初期の場合もあります。

この場合も、問診をとっていって、大元を探っていき、『どうも風邪だな』と考えた場合は、また違う漢方薬を選びます。

ですので、ネットや本に書いてある漢方薬の症状をみて、漢方薬を選ぶ先生がいますが、『その時の症状』だけをみても、実は意味がないのです。

同じ人、同じ症状でも、『その症状が出るまでのストーリー』選ぶ漢方薬は変わってしまいます。

「ある症状」が、あるか?ないか?ではなく、常に、『どれくらい前に、どんな状況から、その症状になったのか?』

この『今の症状までつながるストーリー』を詳しく調べないと、最適な漢方薬は選べないし、体質と合っていない漢方薬は、効果がないどころか、副作用を起こします。

●ご相談ご希望の方は、こちらの「漢方無料相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ 図説東洋医学(基礎編):学研
◯ 漢方概論:創元社
◯ 漢方臨床ノート(論考編):創元社
◯ やさしい中医学入門:東洋学術出版社
◯ 中医診断学ノート:東洋学術出版社
◯ 中医処方解説:神戸中医学研究会

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter