漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

病院では病気の原因に対して曖昧だから治せない

漢方って科学的でなく、怪しいなんて思っている人もいますが、実は、西洋医学も科学的だけど、ものすごく曖昧で適当だということをご存知だったでしょうか?

西洋医学は、元々というか本来は、菌の影響による病気か、手術によって治る状態か、緊急を要する応急処置が必要な状態しか治せません。

このたった3つです。

みんなが一番、困っている、なんとなく毎日、困っている頭痛などは、治せません。

「えっ!でも薬をくれますよ」と思いますよね。

実は、ほとんどの薬は、薬を飲んでいる間だけ、症状を抑えるだけで、治していません。

要するに『応急処置』をしているだけなので、正式に言えば、病院では、「とりあえず、症状を抑えておきますけれど、病院の薬は、応急処置だけですので、どこかでちゃんと治してくださいね。」というのが病院の役割です。

よく、血圧の薬やアトピーで使うステロイドは、「一生、飲み続けたり、塗り続けないといけない」と医者は当然のように言いますが、あれも正式には、『症状や状態を薬で抑え続けないと、より病気が重くなるので、一生、続けてください』ということなのです。

西洋医学では、『慢性病は、根本的には治せないことが当たり前』なので、一生、一時的な薬の効果で症状を抑え続けることが、治療だと思っています。

でも、これ、実は漢方のことをちゃんと知っていれば、西洋医学は、急性の応急処置だけで、根本治療はできないけれど、漢方は根本治療ができることがわかるのです。

医者は漢方に対して大きな誤解をしている

「そうか、だから病院でも漢方薬が処方されるんだ!」と思うのは早いですよ。

実は医者は、漢方の治療の考え方や漢方薬に対しても間違って理解しているので、これまた、漢方薬を処方したところで、根本的に治すことはできません。

「なぜでしょうか?」

そもそも、漢方の根本治療というのは、漢方薬さえを飲めば、根本的に治るというものではありません。

これ、結構、誤解している人が多いです。

『病院の薬は化学品で副作用が強いから、続けるのは良くない。でも、漢方薬は自然のもので続けられて、根本的に治してくれる』

漢方薬は、そんなファンタジーで曖昧な効果で治すわけではありません。

病院の薬は、症状を無理やり抑えるものですが、漢方の場合は、症状や体内の不調の原因を分析して、その体内の原因に対して、調整を加えて治します。

症状が出る原因になっているものを治すから、体質改善とか根本治療になるのです。

なので、体内の原因もわからずに、やみくもに漢方薬を処方しても、検討違いもいいところで、そんな漢方薬は、最高品質の生薬で作られていたって、100年飲んでも効きません。

病院は病気の本当の原因を知らない

病院で説明される病気の原因って、『実は本当の原因のことを説明していない』ってご存知でした?

例えば、アトピー。

「湿疹やかゆみの原因は、免疫によるアレルギー反応がどうたらこうたら」と説明していますが、よく考えてみると、それは、湿疹やかゆみが起こるメカニズムを説明しているだけで、実は原因の説明ではありません。

本当の原因は、『じゃあ、なぜ、その人には頻繁にアレルギー反応が起こるのか?』

この答えが、湿疹やかゆみが起こる原因です。

「アトピーの人が、かゆいのはアレルギー反応が起こっているから」

これは、アトピーの人なら、誰でもそうです。

これだけを原因と呼ぶなら、分析が浅すぎるのです。

原因を曖昧にして、ごまかしているだけ。

あなたの病気に対して、何も考えていないと一緒なのです。

僕は医者が嫌いですが、嫌いなのは、『自分の頭で何も考えずに、マニュアル(ガイドライン)にあてはめているだけ』だからです。

そう、感じた経験談はこちらから。

「死にかけた時に何も役に立たなかった医者と病院(病院編)」

「死にかけた時に何も役に立たなかった医者と病院(自宅療養編)」

「どこの病院も治せなかった拘縮の治療日記(病院治療編)」

「どこの病院も治せなかった拘縮の治療日記(漢方鍼灸治療編)」

ほとんどの病気は西洋医学的には原因不明

そして治療といえば、浅く曖昧なザックリした原因に対して、一律、皆、同じステロイドを処方するだけ。

アトピーに限らず、他の病気でも同じ、頭痛、めまい、耳鳴り、PMS(月経前症候群)、不妊症、癌などなど。

病院で原因がわかるのは、菌と器質的な問題(怪我や物理的な形が異常など)だけです。

西洋医学の病態生理や薬理を詳しく勉強するとわかりますが、実は、ほとんどの病気は原因が不明と堂々と書かれています。

では、なぜ、これだけ、科学が進んでいるのに原因がわからないのでしょう?

病気の本当の原因には個人差と複数の原因が存在すること

それは、1つは個人差です。

実は、症状が似通っていても、一人一人、病気の原因が違います。

例えば、漢方では、体内の病気や症状の原因である『証』というものを分析しますが、同じアトピーの人でも、乾燥で出血がある人は、『体内の余分な熱』が原因で、湿疹がジュクジュクする人は、『体内の水の巡り』が悪かったりするので、前者の人は、体を冷やすことが治療になり、後者の人は、水を巡らせることが治療になります。

人によって、原因が様々なのです。

おまけに例では簡単にしていますが、実際は、余分な熱だけでなく、血の巡りも悪く、胃や大腸も悪いみたいに、いくつかの原因(証)が出てきます。

病気の原因は、同時に複数、存在するのです。

漢方薬を選ぶ場合は、すべての原因を治せるものを選びます。

これを病院では、その人の体内の原因(証)なんか調べずに、全員に十味敗毒湯とか消風散みたない感じで、これまた得意のマニュアル的にあてはめて、処方するだけなのです。

見当違いどころか、最初から分析すらしてないので、曖昧適当あてずっぽうですね。

病院の漢方薬で治るわけがありません。

病気の原因は2つある

漢方では、を突き止めたからといって、病気の原因の究明は終わりません。

今度は、更に、『なぜその体内の原因が起こったのか?』を調べます。

だいたいは、元々の体質の弱点に、生活の中で自分の体質と合っていないことをやっていたり、逆に必要なことをやっていなかったりで病気になります。

その証の原因を見つけたら、漢方薬だけでなく、その体質を変えるための生活の中でできることも治療として実践していくのです。

2つの原因を探して、徹底的に治そうとするから、体質改善になるし、根本治療にもなります。

保険適用の漢方薬のように、ただ単に漢方薬を飲んでいたって、その漢方薬を飲む理由がなければ、100年、飲んだって治らないのです。

●アトピーや高血圧を根本的に治したい方、ご相談ご希望の方は、こちらの「漢方無料相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

漢方薬で治したい人は「証」(体質)を知らなければ治らない
日本で漢方薬を処方しているほとんどの先生が、実は体質なんて診断していません。これでは漢方薬は効果を発揮しません。
死にかけた時に何も役に立たなかった医者と病院(病院編)
以前、僕自身が一度、死にかけたことがあります。一度は入院しましたが、結局、漢方で治しました。命がけで漢方薬が効くことを証明した経験を書いてみました。
死にかけた時に何も役に立たなかった医者と病院(自宅療養編)
昔に謎の病気で死にかけたことがありますが、病院と医者にまかせていては治りそうになかったので、自宅で自分で治すことにしました。
どこの病院も治せなかった拘縮の治療日記(病院治療編)
以前、自分自身が指の靭帯の断裂と拘縮を経験しました。その時にバラバラの6つの病院に行きましたが、病院は何の役にも立ちませんでした。
どこの病院も治せなかった拘縮の治療日記(漢方鍼灸治療編)
以前、自分自身が指の靭帯の断裂と拘縮を経験しました。医者は、はっきりと「治せない!」宣言をしましたので、鍼灸と漢方薬で治すことにしました。