漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

漢方薬はなぜ続けないといけないのか?その理由

『漢方薬って、ある程度、飲み続けないといけないじゃないですか‥』と、皆さん、なんとなく漢方薬は、ある程度、飲み続けて、治さないといけないというのはご存知なのです。

では、なぜ、漢方薬は飲み続けないといけないのでしょうか?

僕の勝手なイメージですが、一般的には『漢方薬は自然のもので効果が穏やかなものだから』という理由かもしれません。

どこから出た話なのかわかりませんが、『漢方薬は効くのに3ヶ月かかる』なんてデタラメな話もありますので、そんな話を元に考えているのかもしれません。

でも、それは違います

漢方薬には、いろいろな種類があり、効果もいろいろです。

もちろん、効果が出るまでに時間が、かかるものはあります。

でも、漢方薬は、そんな種類ばっかりではなく、風邪やヘルペスにだって使います。

風邪だったら、効いたかどうかを確かめるのは漢方薬を1、2包飲んだ後です。

だって、風邪の漢方薬が効くかどうかを3ヶ月も待てませんよね1?

3ヶ月だったら、自然に治りますから。

漢方薬の場合は、合わせる体質(病気)によって、効いてくる時間だけでなく、飲み続ける期間も変わります。

なぜ、飲み続けないといけないのかをもっと詳しく説明します。

漢方薬の本当の効能効果

漢方薬の効果は、病院の薬のようなメカニズムではありません。

例えば、アトピーの方に処方されるステロイドの効果のメカニズムは、一時的に免疫を低下させることです。

免疫を低下させることによって、免疫反応で、かゆくなっている湿疹のかゆみが治ります。

もちろん、薬が効いている一定の時間だけです。

一方、例えば、アトピーのマニュアル漢方でよく選ばれる、十味敗毒湯。

十味敗毒湯の漢方的な本当の『効能効果』は、皮膚表面の熱を取り去り、皮膚表面の湿(水と熱が結びついた湿気)を取り去り、肝臓の余分な熱を取り去り、胸の辺りの気の滞りを取り去ります。

言いかえれば、皮膚表面に熱と湿気がたまり、肝の臓の熱が上がって、肝臓の解毒能力が悪くなり、気が滞る系のストレスがたまっているという体質をもっているアトピーの方に合う漢方薬です。

間違っても、『十味敗毒湯=どんな体質の人のかゆみでも止める効果』なんて、いいかげんな効果ではありません。

こんな風な効能効果は、なじみない感じでわからないですね。

でも、これが漢方薬の本当の効果なのです。

なぜ、こんなややこしい感じの効能効果かというと、西洋医学と漢方は何の関係も別物だからです。

漢方薬の効能効果は、大昔からこんな感じなのです。

病気の原因は人それぞれ

アトピーになるには、原因があります。

食事の問題、睡眠などの自律神経の問題、ストレスの問題、単純に親などからのアレルギー体質が影響していたり…

風邪の原因のように何かのウィルスが、湿疹発生させているわけではありません。

アトピーの原因は、人それぞれなのです。

病気の原因が『ウィルスやバイ菌、ケガなど』でない限り、症状が突然、起こることはありません。

長年、生活の中で、良くないことが続いて、体はそれに対応しようとした結果、アレルギー反応が強くなったのです。

例えば、食生活が悪く、胃の消化能力が落ちて、それが小腸の負担になり、小腸の免疫のコントロールがおかしくなったりして、その結果アレルギー反応が強くなり、湿疹が大量に発生するようになったりします。

漢方的にみた時に『病気の原因は、人それぞれだ』と考えるのは、『生活や親から貰った体質が人それぞれ違う』からです。

また、『生活の中で良くないこと』ととは、皆さんが考えるような、極端に悪いこととは限りません。

逆に『仙人のような完全な健康的な生活をしている』という自信がない限りは、毎日、なにかしら、体にダメージを与えています。

漢方薬の効能効果は「調節や調整」

漢方薬の効果は、体のアンバランスを調整するものです。

先ほどの十味敗毒湯なら、何らかの理由と積み重ねで、皮膚によけいな熱と水がたまってしまったアンバランスな状態を十味敗毒湯の皮膚表面の熱と水を取り去る効果で、調整してくれます。

この調整が漢方薬では効能効果にあたります。

皮膚表面の余計な熱や水がなくなれば、結果的に湿疹はなくなります。

十味敗毒湯の中の謎の成分で湿疹をなくしてくれるわけではないのですね。

エビデンスではないですが、漢方薬にも、ちゃんと治る理由があります。

逆に湿疹でもガサガサに乾燥して出血するような、十味敗毒湯の皮膚状態とは真逆のアトピーの人がいます。

この場合は、体全体の熱を鎮めて、皮膚を潤すために血を増やす漢方薬を使います。

いわば、十味敗毒湯とは、逆の処方なので、体質をみないで、この体質の人に十味敗毒湯を処方すると副作用。で湿疹は<爆発します。

詳しくはこちらを読んで見てください。 漢方薬の副作用が病院の薬より怖い理由

漢方薬をある程度、飲み続けないといけない理由

例えば、十味敗毒湯が合う体質の人は十味敗毒湯を飲んでいる間は、漢方薬によって皮膚表面の熱や水は取ってくれます。

でも、体自身は、今まで長年、皮膚病にしてきた体質が当たり前だと思っていますので、漢方薬でよくしても、また、元の悪い体質に戻そうとします。

ここからは、漢方薬が体質を良くしようとするのと、元の体質が悪くしようとすることとの戦いです。

いわば、悪い生活習慣で体の悪い癖がついた結果、出てきたのがアトピー。

その悪い癖を直す先生が漢方薬です。

漢方薬を飲み続けないといけないのは、体の悪い習慣が直るのも、これまた人それぞれだからです。

そして、長年、当たり前のように積み上げた悪い癖ほど、直すのに時間がかかります。

だから、漢方薬は長く飲み続けないといけないし、どれくらいの期間、飲まないといけないかは、人それぞれなんですね。

最後に注意していただきたいのは、長く飲み続けても良い漢方薬は『あなたの体質に合っている漢方薬』です。

体質に合っていない漢方薬は、悪い癖を正さないどころか、飲み続けるほど、体質は、より悪くなりますので、かならず、最初に体質を分析、判断してもらうようにしましょう。

→ご相談ご希望の方はこちらの 『漢方無料相談』 に現在の体の状態を入力し送信してください。

→「お問い合わせ」はこちら まで。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ツムラ医療用漢方マニュアル
◯漢方概論:創元社
◯漢方方意ノート:創元社
◯漢方臨床ノート(論考編):創元社

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter

関連した記事

漢方薬の副作用が病院の薬より怖い理由
漢方薬の副作用は、体質と合っていない漢方薬を飲むと発生する可能性があります。つまり、東洋医学的な体質や効果も考えずに漢方薬を処方されている場合は、余計に病気がこじれていく可能性があるということです。