漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

漢方で癌(がん)を治療する新たな方法

昔から癌(がん)の漢方治療をしていましたが、どうも腑に落ちない点がありました。

漢方でも基本的にがん治療は、『体内にできた癌細胞を抗癌作用のある生薬などで叩く』か、『体力を回復させる』的な治療が主流で、例に漏れず、僕もその方向性でやっておりました。

うちはどちらかというと、現在、がんというよりは、がんが発見されて、抗癌剤や手術、放射線治療などでとりあえずの危機は脱した人が、5年後は再発しないように体質改善する治療の割合のほうが多いのですが、現在、がんが発見されている人と、5年後の再発率を防ぐ治療は、別の治療と考えていたのです。

しかし、いろいろなステージの癌の方の治療をしている間にどうも腑に落ちない感じが強くなってきました。

巷の癌治療は何か違う感じ

腑に落ちない感じというのは、正直、5年後の再発を防ぐ治療は、自分でもうまくいっていると感じるのですが、現在、がんで苦しんでいる人の治療は、自分が思ったように治療できていない思いがありました。

そこで、末期ガンを克服した人の本を読み漁っていると、「食事や生活方法を変えて、ある日、検査したら、癌が消えていた」みたいな話が多いのですね。

手術や放射線でも、がんを取り除くのは難しいのに、生活を変えただけで、消えたというのは信じがたいことです。

でも、末期ガンから生き残った人の話、こんな話が共通しているのです。

更に僕の癌の漢方治療に対する考えた方に影響を与えてくれたのが、こちらの動画です。

「ウィリアム・リー: 癌が消滅する食し方 TED Talk」

よくあるようなありきたりの癌細胞を小さくする抗癌食品の話ではなく、癌細胞は、毎日、誰にでも、できているが、それが育たなければ、免疫に殺されて消滅していくというもので、知らず、知らず、がん細胞を育てる食べ方によって、自分でがん細胞を育てているのだなと思い至りました。

更に決定的だったのは、最近、読んだ本で、食事で、がんをコントロールされている方の言葉です。

「がんはつきあっていくもの」

実際に癌で闘病されている方々の話を総括していくと、ある答えが見えてきたのです。

本当の癌の漢方治療とは何だろうか?

そもそも癌細胞は、ウィルスや菌などと違って、特別な細胞でも病気でもなく実は毎日、誰にでもできています。

でも、ほとんどの人が、がんにならないのは、免疫が、きっちりと処理してくれているからです。

この免疫の働きから、『免疫を強化すれば、癌がなくなる』とか『手術や放射線で癌を取り除けば、治る』という単純発想に囚われていました。

でも、実際に直された方は、食事や運動だったりするのです。

この、食事や運動のことを考えると、漢方的に1つの答えが見えてきました。

答えは、すごく単純で、要は本来の漢方治療である、体質を整えるということ。

『あなたらしい体質に調整する』ということです。

むやみやたらに免疫を強くするとか、がん細胞だけを取り除けば、治る話ではないのです。

そもそもは、免疫は、強いとか弱いではなく、複雑なバランスでコントロールされています。

ちなみに免疫が強い状態がアトピーやリウマチなどの状態です。

ここからもわかるように免疫は強くしたらしたで、病気になるわけです。

重要なのは、免疫を強くすることではなく、免疫が正しく働くようにすること。

そして、免疫が正しく働くためには、サプリなんかで宣伝しているような、何かの成分だけで、なんとかなる問題ではないのです。

免疫を強くするのではなく、免疫が正しく働くために必要なことはシンプルです。

本当の癌治療は、免疫や抗癌だけの問題ではない

免疫が正しく働くためには、要は全身の臓器や組織の機能が正しく働いているかどうかです。

また、免疫は作られなければいけないし、血の巡りや水の巡りにのって働きます。

ですので、作るために消化器の機能が正しく働いてないといけないし、血の巡りは女性だったら、女性ホルモンや月経リズム、手足の冷えなども関わってきます。

つまり、『免疫だけを強化するとか、抗癌作用のある漢方薬を使う』というのは、西洋医学の過ちである病気を単純にして治療しようとすることと発想が同じなのですね。

がんをなくしていこうと思ったら、総力線です。

確かに手術や放射線で取り除けるなら、少しでも取り除いたほうがよいですが、健康な体を著しく傷つける抗癌治療は、近視眼的で、体を傷つけながら続けることが治療になるのか疑問です。

本来は、全身の機能を回復させないといけないのではないかと思います。

そこから考えれば、漢方治療は、癌に限らず、どんな病気であろうと、治療の目的は、全身の不調を1つ、1つ、治していけば、免疫も生き生きと働き、体のがんを排除する力も回復するのではないかと考え、今は、その考えに基づいて治療しています。

ちなみに病院の漢方は、そのほとんどが、体質を分析も診断もせずに、ツムラなどの漢方薬メーカーのマニュアルを見て処方しているだけです。

また漢方的体質を一切、診ない医者などは、漢方の治療理論をわかっていないので、やはり、単純に免疫を強化する漢方薬とか、抗癌作用の漢方薬など、本来の漢方治療からは、程遠い、処方をしますので、僕が、ここで話している漢方治療は、病院の漢方治療には、あてはまりません。

医者がやっている漢方治療は、サプリメントのノリに近いものだと思います。

●ご相談ご希望の方は、こちらの「漢方無料相談」から送信してください。

●お問い合わせなどは、こちらから送信してください。

【引用先及び参考図書・Webサイト】
◯ 図説東洋医学(基礎編):学研
◯ 図説東洋医学(湯液編Ⅰ):学研
◯ 図説東洋医学(湯液編Ⅱ):学研
◯ 漢方概論:創元社
◯ 漢方臨床ノート(論考編):創元社
◯ やさしい中医学入門:東洋学術出版社
◯ 中医診断学ノート:東洋学術出版社
◯ 中医処方解説:神戸中医学研究会

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

ブログの著者 国際中医師 松村直哉

著者の詳細情報はこちら

FacebookTwitter