漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

病院で処方される漢方薬 Vol.2

病院の漢方薬の効果を感じられない理由(「対応」の問題 )
2018-03-02現在の医者の対応では、漢方薬で効果を出すことはできないと思います。その理由は漢方に対する勘違いや対応方法にあります。
病院の漢方薬の効果を感じられない理由(「科」の問題  )
2018-02-27漢方薬の効果を期待して飲んでいるけど、実はよくわからないという人は結構、いると思います。なぜ、効果がわかりにくいのでしょうか。
問診も取らずにどうやって漢方薬を選ぶのでしょうか?
2018-02-09以前に病院で漢方薬を処方してもらっていた患者さんからの素朴な疑問です。なぜ、問診もとらずに数百種類もある漢方薬の中から1つを選ぶことができるのか?答えを考えてみました。
当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)の 効能効果と対応している病気
2018-01-17不妊症に当帰芍薬散。当帰芍薬散ほど医者などに悪用!?されている処方はないと思います。本当の当帰芍薬散の効能効果、作用の説明をしたいと思います。
病院治療の欠陥と漢方薬の間違った使い方(慢性病)
2018-01-09根本治療に対して西洋医学には重大な欠陥があり、保険適応の漢方薬では根本治療につながりません。
インフルエンザに麻黄湯という素人すぎる病院の漢方薬
2018-01-08インフルエンザに麻黄湯というマニュアル処方は最低な方法です。漢方薬を処方する場合は常にその人の今の体質をみる必要がありプラスどのタイミングでどの漢方薬を処方するかを考えることが必要です。
副鼻腔炎(蓄膿症)の治療で使う漢方薬
2017-12-28副鼻腔炎の治療で使われる漢方薬は何種類位あるのでしょうか? 漢方薬は、あなただけの体質に合わせるものなので、候補となる漢方薬の種類が多くなるほど、あなたの体質が治る確率が上がります。
風邪の漢方薬は葛根湯だけではありません
2017-12-27風邪だったら葛根湯という処方は、実はヤブ医者の代名詞です。漢方では風邪の場合の治療も体質をみて漢方薬を選びます。
ツムラの漢方薬は本当に効果が弱いのか?
2017-12-22「ツムラの漢方薬は3倍量飲まないと効かない」当の病院の先生も言ってたりしますが、本当のところはどうなのでしょう。漢方専門家として考察してみました。
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の医者も知らない本当の効能効果
2017-12-21漢方薬である桂枝茯苓丸はある病名や症状があてはまったら効くというものではありません。
漢方には治療の考え方の違いで三派閥があります。それぞれ効能効果などの考え方が違いますので、それぞれの効能効果を知ってもらえたらと思います。