漢方薬相談ブログ

漢方薬相談ブログ

病院で処方される漢方薬 Vol.4

患者さんに責任を押し付ける病院の漢方薬
2018-10-02ツムラの漢方薬マニュアルを患者さんに見せながら処方する先生がいます。真意はわかりませんが、そこには医者の無責任思考が見え隠れしているように思います。
医者は、ただのツムラの漢方薬の販売員なの!?
2018-09-25漢方薬は病気や症状の東洋医学的な原因である「証」を判断して、その「証」を治せる漢方薬を選びますが、現実では、医者は証を診断できません。その実例の紹介です。
アトピーを漢方薬で治す方法
2018-09-19アトピー性皮膚炎は漢方薬を飲み続けていれば、いつか治るような甘いものではありません。しっかりと体質を分析して、体質別に治療方法も考えていく必要があります。
漢方の体質診断は症状を当てはめずストーリーで考える
2018-09-17病院の病名にマニュアル的に合わせて漢方薬を合わせる方法なんて、論外ですが、今の症状をあてはめて漢方薬を選ぶこともありえません。これらは、漢方薬の効果が発揮されない選び方です。
医者は治療者というよりも、ただの病気の評論家
2018-09-01「そこが悪い。あそこが悪い」病院では、いろいろな検査で体の中を知ることができますが、ほとんどの病気は原因が不明で、実は治す方法がありません。
保険適用の漢方薬の処方の方法では漢方薬の効果はなくなるの?
2018-08-23保険適用の漢方薬の処方の方法では、全く効果がないこともあります。その理由や根拠は何でしょうか?
頭痛で使う漢方薬
2018-07-25頭痛を使う漢方薬は実はいろいろとあります。五苓散や呉茱萸湯だけではありません。なぜ、そんなにたくさんの種類の漢方薬が頭痛に必要なのでしょうか。
桂枝茯苓丸(けいしぶりょうがん)の副作用(合わない体質タイプ)とは
2018-07-23桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)の副作用を知りたい人や、効果がわからない人は、そもそも、自分の体質が桂枝茯苓丸が合う体質なのか?を知る必要があります。
処方箋に書いてある漢方薬の効果のように効かないのはなぜ?
2018-07-17保険適応の処方箋の漢方薬の説明は、嘘レベルの説明になっています。その理由を専門的な理論から話してみたいと思います。
勘違い漢方薬の定番、ダイエットに防風通聖散の本来の効果
2018-07-14病院の勘違い漢方薬の定番!!「インフルエンザに麻黄湯」「アトピーに十味敗毒湯」「めまいに苓桂朮甘湯」そして「ダイエットに防風通聖散」です。